珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

そうだ、京都に行こう。14 

嵐山・嵯峨野散策なんです。一応、1からご覧になられるのをお勧めしますです。トロッコ列車で自然を満喫した僕らは、トロッコ嵐山駅で降ります。なんだか、京都きたんだか高原きたんだが分らない何とも主張が中途半端な駅です。いや、いい感じなんですけどね(^^;今更ながら、素直に褒めることが出来ないスタンスでやってますので。でも、考えるのが面倒になってきてます(笑とりあえず、だらだらお散歩開始です。...
Read More

そうだ、京都に行こう。15 

嵐山散策は続く。あ、↑のリンク間違って騙してます。一応、1からご覧になられるのをお勧めしますです。さて、嵐山も駅の近くは、こんな感じです。さて、...
Read More

そうだ、京都に行こう。16 

桂離宮に向かうべく、僕らは桂駅で降りるんです。一応、1からご覧になられるのをお勧めしますです。桂です。「かつら」。そう聞いて「ヅラ」を思わぬ人はいないでしょう。もしやと思ってググってみる。...
Read More

ジャパネットたかた。 

今TVつけていたらやってました。このTVショッピングを見るのが好きなんです。なんか、計算された胡散臭さが、かいま見れて面白いなあ、と。僕は、特にデジタル系製品に強いので分かるのですが、たかたでは大抵型落ち品をお勧めしています。僕は、最新鋭の性能じゃなきゃ納得出来ないクチですが、それでいいかと。すごいなあ、と思うのは、いつもちゃんと何が出来るとかがきっちり分かりやすくアピールされることです。そして最後に...
Read More

そうだ、京都に行こう。17 

さて、中村屋を後に向かうは最後の目的地、桂離宮です。一応、1からご覧になられるのをお勧めしますです。桂離宮は建築家ブルーノ・タウトが絶賛し、グロピウスに「限りなき簡素とつりあいの故に最も近代的」と言わせたほど、ここは建築と庭園の調和が優れているといわれます。作られたのは江戸時代の初めで、最初の建設は1615~1616年頃とされ、このとき桂離宮の中心的建築である古書院が、1641年には中書院、1658年に新御殿が次...
Read More

モバそんその後。 

モバそんの続きなんです。まあ、懲りずに何とかしてTT32で鳴らそうと試みました。多分、ファイルサイズ大きいと駄目なんだろうなあと思い、ファイルサイズを20k位にして携帯に送って見た。...
Read More

グルメ。 

友達の家に誘われたので行ってきたのです。その友達は最近結婚した新婚さんで、何回か行っているのですが、一応改めて友人集めてお食事会。で、そこで食べた料理が美味しかったんです。なんか椎茸にパン粉つめて焼くかした物だったんですけど。嫁さんの手料理でした。友人は、ちょっと手伝っただけの様だったけど「俺が作ったんだ」と、主張しててそういうの嫁さんはかわいいとか思うんだろうなあ、とか思ったのは余談。俺には無い...
Read More

そうだ、京都に行こう。18 

桂離宮を外してバスに乗ります。「まあ、しょうがないか。」とか「次行く目標が出来たねえ」とか言いながら京都駅に着きます。まだ午後3時くらいだったんですが(確か)一応、1からご覧になられるのをお勧めしますです。皆予定があるらしく解散です。友人は、一人でなんか他に見たいところがあるようでここでバラバラになります。僕は、新幹線が混むといやなんで早めに帰ろうと思い、預けていた荷物を回収しにホテルに戻ります。...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。