珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

2010年異国のたび。その1。 

最近旅ブログの体な感じのブログですが、とーとー海外進出です。異国なんかに行ってきたのです。といっても、自ら企画したわけじゃなく、友人に誘われてですが。そんなわけで、かなり友人にお任せです。といいつつ写真は撮りまくって写真動画含めて総量1.25Gの525ファイルにもなっていましたが。選別を思ってメンド臭くなっていますが見切り発車でアップアップ。そんな旅は、こんなんから始まります。スタンプラリー。京成・小田急...
Read More

2010年異国のたび。その2。 

異国なんかに行ってきたのです。そんなわけで今回は、上海とか蘇州の旅行記。泊まったホテル。上海逸和龍柏飯店4つ星ホテルです。小市民な日本人感覚?だと中国だと財布抜かれたりな気もして、ホテルに貴重品預けていいのかしらん?とか思ってましたが、3つ星以上なら大丈夫とか聞いて安心した4つ星ホテルです。でかいです。貴重品おいてました。大丈夫でした、貴重品。中はまあ・・・きれいかな?部屋は至ってビジネスホテル。こ...
Read More

2010年異国のたび。その3。 

異国なんかに行ってきたのです。そんなわけで今回は、上海とか蘇州の旅行記。さて、ホテルから出てとことこ歩きます。せっかくきたのでから異国情緒を楽しみみたいじゃないですか。そんな期待を胸にはやってでてみたのです。そして見えてきたのはなんともアジアンな風景っ!・・・では、なくてなんというかあまり異国情緒は感じません。とにかく広いです。道も土地の使い方も。道がクソ広いのを除けば日本と言われても「うん、そう...
Read More

2010年異国のたび。その4。 

異国なんかに行ってきたのです。そんなわけで今回は、上海とか蘇州の旅行記。豫園だっ!豫園の中に入ると俄然中国っぽくなってきます。いいんです。これが今の中国を反映していなくとも。日本で言うところのニンジャ・サムライ・スシ・テンプラでも。寿司と天ぷらは日本でも現役ですが。そんなミーハーでステレオタイプな観光客の期待に沿うことが観光地成功の秘訣なのです。それが虚像であっても。だから、金閣寺ではニンジャのコ...
Read More

2010年異国のたび。その5。 

異国なんかに行ってきたのです。そんなわけで今回は、上海とか蘇州の旅行記。陆家浜路站という駅から地下鉄で往く。そして出たのは、七宝站。なんて住宅街。ここで同行の友人の友人の中国人と待ち合わせ。ランチの約束みたいです。そうこうするする内に好青年が現れ車で拉致されるのでありました。その人は日本で働いていたみたいで、わりと堪能な日本語でした。けど、やっぱり中国語と日本語のイントネーションが違うのか聞...
Read More

2010年異国のたび。その6。 

異国なんかに行ってきたのです。そんなわけで今回は、上海とか蘇州の旅行記。万博ですよ。万博。暑いさなか、万博の入り口に来る。だれもいねえ。昼過ぎだからか、マニアックな入り口なのか、そもそも不人気なのか。とか思ってましたが、そんな景色。あとで考えると不人気ではなかったみたい。万博会場は川を挟んで両岸に。この入口は北側みたいです。こっから地下鉄に乗る。馬当路駅だって。作りかけの地下鉄みたいで、今は万博専...
Read More

2010年異国のたび。その7。 

異国なんかに行ってきたのです。そんなわけで今回は、上海とか蘇州の旅行記。今回からは、3日目で上海から離れ蘇州へ調べてみたらエライ人口の人が多い場所みたい。600万人も住んでいるんだって。ガイドブック見てたら、なんか綺麗な庭園が多くて水運がいい感じだったのでコッチがいいと主張してきた次第。蘇州には、上海の駅の上海虹橋駅に向かう。ホテルから高速で十数分くらいかな?その上海虹橋駅だって。なんかごっつい建物。...
Read More

2010年異国のたび。その8。 

異国なんかに行ってきたのです。そんなわけで今回は、上海とか蘇州の旅行記。蘇州のツアーは続く。船乗船は小一時間ほど続き、どっかの岸辺に連れてこられる。陽気もあったけど疲れていたのか、少々うたた寝をしてました。そっからさらにバスで拉致。もうどの辺走っているかさっぱりわかりません。それで、どっかの施設に連れてこられる。よくわからぬまま入ってみる。中はこんな感じ。蘇州はシルクの名産地だそうです。工場見学?...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。