珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

そうだ、京都に行こう。2 

伏見稲荷なんです。

一応、1からご覧になられるのをお勧めしますです(笑



なかば、半分あきらめムードになりかけながら進む僕たちは昔話と今の生活について話しながら歩きます。


なんかようやく歴史の薫りする場所が見えてきました。

2005_05050017s.jpg


密かに光明を見いだす想いです。

そして、ちょっと進むとこんなん見えてきます。

2005_05050019s.jpg


おー、なんか見たことがあるー。
ここに来るのは初めてです。

いきなり京都らしい(謎)厳かな雰囲気に辺りは包まれ出します。

2005_05050020s.jpg


このような景色が、山を登る道に延々と続きます。

要所要所に神社が祭られています。
その間すべておびただしい数の鳥居が築かれています。
その中をずっと上っていきます。

先人は、日々の生活の安定や願いを込めてそしてさらにお稲荷様への感謝を込めて鳥居、神社を築き日々山に登り神々をあがめ山に登り祭っていたのでしょう。


何か現代人が忘れてしまった大事なものがここにはあるのでは無いのだろうか?
とか思わせる物があります。さすがです。


スポンサーリンク



そして山を登りながら、さらにこう思うのです。



















とりあえず鳥居たくさん造っときゃ御利益大きいんじゃないの?みたいな安直な考えがいいねえ。



大変分かりやすい。

分かりやすいことはいいことです。
最近はわかりにくいことが多すぎなんじゃないでしょうか。

そんなことに想いを馳ながら登っていきます。
汗がだらだら出てきます。

僕も先人に習い願いを掛けながら登っていきます。















体脂肪よ、燃えろ!

お腹よ、引っ込め!


アルインコ。参照)


ふと、横に目をやると、鳥居が壊れています。
誰かの悪戯か自然の気まぐれか、酷いことをします。

2005_05050023s.jpg


(株)田中工務店の中の人もがっかりです。
↑どの中の人かはさっぱりわかりませんが。
何が言いたいかというと、文化物を大切に。東京電力です。

その前に俺の頭の中を大切にしないと。とか言われても応じかねます。



そうこうするうちに中腹にたどり着きます。

いい景色だあ~



2005_05050026s.jpg


で、さっぱり歴史的建造物が見あたらないんですけど。


京都到着後30分の徒歩で培われた被害妄想は、容易には溶けてくれません。
何事もファーストインプレッションは重要です。

もう足がくたくたです。
でも後少しのようなので、何とか自分を励ましながら登りますってほどのものじゃないんだけど。
プチ修行です。

なんか頂上らしきものが見えました。

2005_05050027s.jpg


お参りするのが正しいのでしょうが、正直、疲れて気力はあまり無いというか、
神社の数多すぎてありがたみが今ひとつ分からないのでスルーして下ります。

ここを見られた方、伏見稲荷はお勧めです。
GW中にもかかわらず。ほどよく穴場してます。
僕が見つけられなかった発見を是非してみてください。













というのは、もう書くネタが無いからです。

次は、清水寺と狙いを定め一行は進むんです。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment