珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

旅行記ばっかで飽きたので。 

今回の写真一群を撮ったのはこいつなんですけど。

今回その威力をかなり発揮したのでお勧めしときます(笑

まあ、いろいろ褒める前にけなすときます(^^;




まず、アダプターがアホです。

まずかさばります。
かさばる上に充電するにもPCの接続するのにTVに出力するのにも必要です。


2005_05060003s.jpg

そのすべて。




2005_05060004s.jpg

PCの接続するだけでもこれ。
なんか市販のXDカード読めるリーダーあれば要らないと言えば要らないですが。


あと、ちょっと液晶みにくい。

液晶は2.5インチででかいのはいいんです。

が、写りがあまりよくないので撮った写真を確認するのに

その良し悪しがよくわかんない。

実際PCに取り込んでみないとよく分りません。
ただ、このカメラ、駄目な写真になる確率は、以前使っていたカメラに比べて体感的に5分の一以下ぐらいに思えますので致命傷じゃないかもしれません。

とりあえず、いかんなあと思うのはこれくらい。
割とマイナーなXDカード使用とかありますがこんな感じ。

この後結構褒めますので興味もった方見てみてください。



スポンサーリンク



いやまず、電池持つというか持ちすぎ。

今回200枚ほど写真撮ったんですけど、充電池のメモリ一個も減ってません。
カタログ上は、フラッシュ2回に1回使って、500枚撮れると言ってます。

後述ですが、フラッシュはあまり使う必要がないと思われますので、それこそアホかと思わんばかりのタフネスぶりを見せてくれんじゃないのでしょうか。

事実、200枚でメモリ一個も減ってないので単純計算でメモリ3コ分ありますので、600枚以上は撮れますね(^^;
僕は、記録用に512M使ってますが電池切れる前にメモリーが切れるかと思います。

メモリーの使い切る前に電池なくなるとか、充電池のスペアーも使っている等々・・・
デジカメの電池の持ちを気にされる方ぜひともお勧めできますね。



暗い場所とブレに強い。

2005_05050106s.jpg


夜の京都タワーです。

夜、暗いところで写真を撮ってもそこそこ雰囲気を残して写真が撮れました。
また、細かいところを見てください。結構ざらざらしてますよね。
これはノイズです。
なんで暗くてもそこそこ撮れるかというと、暗いとこで写真撮ろうとするとデジカメが頑張って光を多く取り込もうとするのですが頑張ると、他がおろそかになってざらざらになるんです。

このカメラは、その光取り込むのを頑張るのが巧いんです。




僕が以前まで持っていたカメラは、
光取り込むのに超いっぱいいっぱいで超ざらざらだったり、

そもそも光取り込むのに努力を知らず、光足んなくて真っ暗だったりします。



結構ざらざらしてますが、他のカメラだともっと酷くざらざらです。
一眼レフみたいなごっちいカメラはのぞくとこの位のざらざらですむのはわりと画期的なんです。

すんごいアバウトな説明ですが、この光取り込む力の単位がISO(イソ感度)って言うんで頭の片隅にでもおいといてください。



2005_05050198s.jpg


旅先で頂いた、和菓子と抹茶です。
フラッシュなしで撮ってます。
基本的に、室内は、屋外に比べ暗いというか光が少ないんです。

まさに太陽恐るべしです。

それは、どうでもいいんですが(^^;
光取り込むのが下手なカメラでもある程度明るいなら写真撮れるんです。

そうです、十分な光を取り込むまで我慢すればいいんです。
シャッタースピードを遅くするというのと同じ意味です。
まあ、我慢の限界はカメラそれぞれですが。


我慢している間に、カメラが動いたり被写体が動いたりするとブレの原因になります。
当然我慢する時間が長いと動く可能性高いですよね。
フラッシュたくとぶれにくいのは、強引に光をばらまいてカメラが我慢しなくても十分な光が得られるからです。
ただ、その光が写真の雰囲気を変えてしまいますが。

え~と、イソ感度は、光取り込む力って言いましたね。
これが高い=カメラが我慢しなくてもすぐ十分な光が集まる。
ってことです。

なので、感度上げると、フラッシュたかずに、カメラとか被写体が動く時間がたつ前に写真が撮れるんです。

で、上の写真のようなフラッシュで雰囲気壊さずに室内でご飯の写真が撮れるわけです。


はあ、はあ、疲れた(笑

まあ、まとめると暗いところで写真撮って真っ暗だったり、室内でご飯とか人を撮ってなんかブレたりしていてがっかりだよ。って方!

ざらざら我慢すれば、暗い中そこそこ写真撮れたり(限度もあるけど)ブレないで写真がとれる(少々ざらざらする)ってことです。

加えて起動が結構速い、1.3秒くらいだそうです。
シャッターラグも速くて(写すボタンを押してから写真撮れるまでの時間)0.01秒とかカタログでは言ってます。
使ってみて、若干カタログが言うほど速くないかな?と思いますが、それでも今まで使ってたのと比べれば激速です。


加えて、ここで出したサンプルは、ネットに上げるためファイルサイズを1500K位から170K位まで落としてますので実際撮れる写真はもうちょっと綺麗です。

かもめ的には、相当お勧めです。
ここにF10のHPおいときますね(笑
あ、これこれもついでに(爆


気に入った方、こっちも見て~(笑




買ってくれなくても、いいんです(笑
ここから行くとクリックされた回数が分るんです。
それが多いと嬉しいの(^^;
スポンサーサイト

Comment

Add your comment