珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



誕生日統計学。 

最近不真面目なエントリーがなくて、このブログの一年前を遠い目でながめる気持ちのかもめです。

今日もわりと真面目なエントリーなの。
先日あるスキルを学んできたのです。




スポンサーリンク



バースデイサイエンス
まあ、自分もある程度宣伝したことがありますし聞いたこともある方もいるんじゃないかな。

簡単に言うと、誕生日を統計的にまとめたコミュニケーションスキルです。

・・・・・占い?

とか思う人もいるでしょう。
俺が説明しても説得力無いんで、とりあえず講師が言っていたのは、
統計学”として商標登録を受けているとだけ言っておきましょう。
さんざん特許庁とやりあったそうです。
占いだろ?とかいわれてデータ等資料を何回もだして、苦労して「なるほど、これは統計学ですね」と、納得させたらしいです。
運営者でも自分でもなく特許庁が統計学と認めるものです。
・・・凄くね?
あ、ってどんな効果があるか分からないと凄いかどうか分からないか^^

誕生日的にね、人の気質がわけられちゃってそれが、驚きの的中率なんですよ。
詳しくはブログじゃかけないよ。
怒られたらやだもん。

まあ、例えばですよ。
心底、話は丁寧にすべきだと思っている人がいるんですよ。
その他にも、心底、話は要点だけ簡潔にすべきだと思ってる人がいるんですよ。
丁寧にしたい人は、”相手を思って”丁寧に話すんだけど、要点だけ聞きたい人にとっては、それはうざい行為なんですよね。
反対なら要点だけ話す行為は、素っ気なさやいいかげんさを感じるんですよね。
実はお互いの事を思いながらもすれ違ったりストレスをためたりするわけです。

その価値観の違いが数々の悲劇を生むことは容易に想像出来るじゃないですか。
そしてその価値観の違いがあらかじめ分かるならそんなことを未然に防げると思いませんか?
それがかなり分かるのです。誕生日で。信じがたいんだけど、だってそうなんだもん。だってだってなんだもん。
信じがたい光景?があれほど展開され続ければねえ、受け入れるしかないでしょ^^

演習をやったんです。
子供が親のために初めてハンバーグを作ったのを褒めるという演習です。
自分が一番そうされたら嬉しいだろうという褒め方をするんです。
相手は、違う価値観を持つ方です。

相手(女性)は、このように褒めるのです。(うろ覚え)
「ハンバーグ作ってくれたの?ありがとう
大変だったよねえ?
おかあさんのために作ってくれたんだ?
初めてハンバーグ作ったの?
どんなところ苦労したの?
よくやったねえ」
みたいな感じです。

あの、褒めてくれるのは分かるんですけど^^
自分は驚いて欲しいみたいな。でも、優しく諭されているような。
え、なんか質問責め!?
なんかしっくり来ません。

で変わります。
自分の褒め方はこうです。自分が本気で褒めるならこうです(やはりうろ覚え)
もっとも現実には本気で褒めるシチュエーションはほとんど遭遇したこと無いですが。

何!?ハンバーグ作ったのっ!?
すげえーーーーっ!!!
それも一人で!?やるじゃんっ!!
初めて!?さすがっ!
食べていい!?
おいしいじゃん!すげえっ!!
初めてでこれでしょ!ぜったっい料理人なれるよっ!
天才だよっ!!
こんな子供を持って幸せだあっ!

とかやると、半ば相手は引いてます(笑
え?本当にそう思っているの?みたいな感じで。


そのあと、今度は相手がしたように今度は相手を褒めるんです。
相手は、オーバーをモットーに、自分は質問責めで。
結果を申しますと、自分も相手も先ほどより全然嬉しいという結論です。
ただ、相手がすごい恥ずかしそうだったとか、自分もこれで褒めてるの?みたいな感じが印象的だった。

このように人によって向いた褒め方があるのがよーく分かった。
まとめると、相手の方は親のために作ったこととか、ハンバーグ作ったプロセスに関心を寄せて欲しいタイプで、なんで自分のために作ってくれたのか?とか、どんな苦労をしたとかそういう事に関心を寄せてあげるような姿勢がいいし、
自分なら、もうプロセスとか理由なんてどうでもいいから驚いてすげーとか言って褒めちぎって喜ぶのがツボみたいです。非常に照れたけど。
他にも、心底ハンバーグを作るならおいしいハンバーグを作ってなんぼで、それをサポートするのが相手の為だと思っている人とかもいて、そのような方は、ハンバーグのおいしさを評価し悪いところを指摘して次はもっとおいしいハンバーグが作れるように言うんです。
それが相手のためだし、そう思うからそう言うんです。

考えてもみて下さい。
どんな気持ちで作ったのかとか、作る過程でどんな苦労をしたかを聞いて欲しい人に、
出来たハンバーグを評価して焼き具合の甘さを指摘して”あげる”行為がどれほどに、
相手のやる気をそぐ行為なのか。
もしかしたらその人は深く傷ついてしまうことにすらなるかもしれません。
またハンバーグのおいしさを評価して欲しい人に下手したら食べないで凄いとか言ってしまうことが、どれだけ相手の信用を失う行為になるか。
でもそれらはいずれも、相手を思ってやった行為なんです。

人ってこれほどまでに違うんです。・・・・奥深え
そしてなんて楽しくて面白いんだ人って。

そんな体験をしました。
ぜひとも興味ある方は行くことをお勧めするよ。
リアル知人なら一緒に行きましょうよ^^

再受講無料だし(笑
とりあえず8月もうちょっと上のミドルコースまで行く予定で、最終的にはアドバンスまで行っちゃうつもり。


より詳しい情報はこっち↓(絵をクリック)



HPだけでも見ると楽しいかも?
スポンサーサイト

Comment

Name - しおん  

Title - なるほど~~

商品の説明してても感じることがあります。
詳しく聞きたい人と、だから、早く簡単に言えって言う人と・・・
誕生日によって違うんですね
でも、同じ誕生日の人は性格と言いましょうか
感じ方と言いましょうか
同じなんですかね~~?

でも、かもめさんの記事 読んでるだけでも面白かったです♪
自分の場合はどうなんだろう。。って、とても気になりました(笑)
2006.06.20 Tue 22:47
Edit | Reply |  

Name - かもめ  

Title - うん、そうみたい。

同じ誕生日同士な方がいましたが、お互いの意見にそうそう!言ってました^^

もっとも性格に環境とか後天的なものも相当影響しますし、それに対しては無力ですけど。
あくまで生まれつきの性格というか気質は誕生日で分類されてしまう状況は、これでもかと見せつけられました^^

カルチャーショックです^^
2006.06.21 Wed 08:41
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。