珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

そうだ、京都に行こう。12 

金閣寺を後にした僕らは、嵐山に向かうぞとのことで二条から山陰本線に乗ります。



今気づいたのですが~(5月14日未明)

↑って嘘じゃん!

「らんざんまち」とかあるんですけど。。。。。

埼玉に騙された。

切腹っぅ。

あー、恥だあ。

正しくはこっちね。



一応、1からご覧になられるのをお勧めしますです。


僕は途中、トロッコ列車で保津川下りがあることを知ります。



元鉄道マニア自然大好きアウトドア派としては黙って居られません。

是非とも乗ろうぜ!とのことで結局嵐山をスルーしてトロッコ列車に乗ろうと言うことになります。


とりあえず、途中こんな駅を通過。



2005_05050136s.jpg




太秦&知っている人居ないと思うがこれも。

ウズマサだよ。ウズマサ。

何をどうしたらこう読めるのか、その構造が全く理解不能です。

小泉内閣としても郵政民営化はっきり言ってどうでもいいから日本語の分りやすい構造改革した方がいいよ。

いや、そうなったら反対しますが(笑
これも文化だし。
言葉こそが文化の焼酎象徴です。

訳わかんなくなってきた。

でも、拙者こういうテキトウに物事言って自爆よくありますから。切腹。

あああ、トロッコ列車大自然ですね。

じきに山陰本線から大自然がのぞけるようになりテンションがあがってくるんです。



スポンサーリンク



トロッコ列車大自然なんです。





山陰線を、こんな駅で降ります。
2005_05050138s.jpg


馬堀。

京都より23分(駅すぱあと調べ)

歩いて3分のトンネルを抜けると・・・

2005_05050139s.jpg



そこは・・・・・
















2005_05050140s.jpg


微妙な田舎大自然な風景が展開される京都より23分です。BY駅すぱあと調べ

ここは、京都・・・・ですよね?

そんな疑問を感じながらトロッコ列車の駅につきます。

切符を買い(600円)ホームに立ちます。


2005_05050145s.jpg


スピーカーから、京音楽が流れてます。

なんか、某ドラマで「僕は可哀想じゃない!」と主張する子供の叫びの如く僕の心に届いてきません。

こんな景色しててよく言います。ホリエモンこれはこれを見習ったのでしょうか?

京都民としては、さぞかし納得のいかないことでしょう。
また、そう思われる馬堀民としても複雑な住民感情があることが容易に想像されます。

きっと数知れない見えないドラマを生んでることでしょう。

人と人が分かり合う事の難しさを思うと本当に胸が痛みます。
















きっと、皆さんは僕の頭の中を思って胸を痛めてることでしょう。





そろそろこのパターン飽きている方も居ると思った(^^;










そして、パターン読めるほど読んでいる人は居ないとも思った(-_-;)




とりあえず次は、トロッコ列車に乗って保津峡下りです。



* え~と、馬堀の反対側の方はわりと発展してて民家も多いようです。
馬堀に住む方、ネタにしてごめんなさいm(_ _)m
スポンサーサイト

Comment

Add your comment