珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

旅行行程というか備忘録。 

その2。

3日目のあらまし。


スポンサーリンク



3日目は、小出から。

小出では、mGWになってもスキーが出来るみたいで、旅館の人に「スキー?」とか聞かれる。
ううん、只見線で会津若松に行くんだけどさ。

その只見線。
全国で指折りのローカルぶりかつ景色ぶりを誇ってます。
その写真の
*写真は車窓じゃないけどさ。

で、その只見線の会津若松行きが朝5:30なんですよ。

それはいいんです。でも次に会津若松までいくのは、次のは、10:55なんですけど。
*時刻表

5時間列車がありません。
それも臨時の観光列車までで^^
臨時じゃなければおよそ8時間列車がありません(爆

ちなみに、10:55に乗ると、そのまますぐ会津若松から帰ってもせっかくキープした東武の指定席の特急に間に合わなくなるため小出を始発で出なければならなく、そして5:30までに小出に接続する列車がないため小出に宿泊確定という流れです^^
以上前回のやりくりの説明でした。

そんなわけで、5時におきて(旅館の人も起して頼めばくれます)小出駅に。

始発の只見線に乗り込むのは、3名^^
運転士さんと車掌さん2人で3名です。
車両は2両。
なんたる非効率^^
さすが日本屈指のローカル線。

そんなわけで・・

JR只見線
小出5:30
普通

会津若松10:39

・・・・只見線はおそよ135K
それを5時間・・・
時速30K割ってます(汗

それくらいのんびりのんびり走っていきます。
途中対向待ち合わせで20分以上まったりともう都会と時間の価値が違うんですけど。

そして景色・・・・










絶景・絶景・絶景の連続、他の路線だと一瞬きれいなところは結構ありますけど只見線はそれが延々続くのです。
数時間延々絶景を眺めながらのんびりとのんびりと。
大白川あたりと只見側沿いに走るところ全部絶景です。
いやマジですごいんですけど。

なんぼのもんじゃいとか思う人はまあ試しに「只見線」でどれだけたくさんの写真が検索できるか見てみて下さいな。



そんな感じで。

さて空いていた車内も只見過ぎるとぽつぽつ。
会津川口を超えるとじわじわ。
会津盆地に出ると立席が出るくらいの混雑を見せるように。
結構予想外。
もっとも極限まで列車数を抑えるローカル線はその分少ない列車は結構混むこともおおいそうな。

さて、会津に再び。
11時前に着いて、一応会津は16時に出れば間に合います。
時間が空いたと、地図を見ると猪苗代湖が。
じゃあ行ってみようと言うことで今度は磐越西線で猪苗代に。
地方のJRは親切でギリギリに切符を買った自分のため自分が乗るまで電車を止めてくれのね。
有り難い。

JR磐越西線
会津若松11:07
快速

猪苗代11:36

降りるとすぐ猪苗代湖行きのバスがあったので乗る。
そこで長浜(終点)まで行くとそこは猪苗代湖。

GWだけあって、アヒルのボートやら遊覧船やら観光客やらジェットボードやらでにぎわってましたが、ぼちぼち静かなところを探してぼ~っと湖を眺めて・・・

この宇宙の中でちっぽけな銀河系の中でちっぱけな太陽系の中でちっぽけな地球の中でちっぽけな日本の中でちっぽけな猪苗代湖・・・
それでも目の前の猪苗代湖は大きくなんて自分はちっぽけでなんて自分が思うことや悩みなどホントに小さいんだろうなあとか・・・
それでも自分はそんな小さなものにいっぱいいっぱいなんだよな。
とか、ぼ~っと考えてました。

ま、帰らなきゃ行けないので、帰りのバスに乗る。
ちなみに猪苗代は野口英世の町らしく、野口英世記念館とかあって見ようかなとも思ったけど自分は別に野口英世好きじゃないよなあとか考えてスルー(笑

で、会津に舞い戻り。

JR磐越西線
猪苗代14:21
快速

会津若松14:53

ちなみに会津若松・猪苗代往復は普通に乗る960円。

会津若松では、一時間ほど列車待ち。
なんか運がいいようでちょうどSL列車の出発を見ることに。
SLは、大人気でたくさんの人が写真とってた。
自分も撮りましたが。ついでに動画も。
実は間近で見たの初めてかも。


ちょうど良く暇つぶし出来たところで関東へ舞い戻る。

JR只見線
会津若松16:03
快速AIZU尾瀬エクスプレス

鬼怒川温泉
18:21

さすがにGW最終日前日とあって、車内は混み立席も。
乗る人が居たら待って座っていくのがいいでしょうね。

料金は先日の会津往復切符の残り3450円。

で、鬼怒川温泉につく。
鬼怒川温泉からは、東武特急スぺーシアの指定取っているんだけど、その電車がまた一時間ほど待ちなのでついでに日帰り温泉入れないかと降りてみる^^

東武観光に聞いてみると日帰り温泉はホテル宿泊客に専念のためやってないんじゃないかという話。
え~、とかおもいつつタクシーの運ちゃんにさらに聞いてみると(自分もしつこい)、ホテルニュー岡部(駅から歩いて3分)でやっているということ。
ほお、とか思って行ってみると東武観光が嘘つきと言うことでやってました。
流石です。ホテルニュー岡部。伊達にCMしてませんでした。

温泉料1000円。

温泉から出るとちょうど電車の時間。

東武鬼怒川線
鬼怒川温泉19:18
特急スぺーシアきぬ

北千住21:23

特急乗るにはもちろん特急券が要りますが、遅い時間の特急は割引があるらしく1000円。
運賃は会津往復切符の範囲内で。
特急と併用できるのがいいねえ。
青春18だとできないもんね。

スぺーシアはとても快適。
前日に乗ったはくたかより席が気持ゆったり。
それで特急券もやすめ。
日光鬼怒川には東武スぺーシアで!!
とか東武の回し者になりかねないです。イヤマジで。

浅草まで行こうと思ってましたが、北千住だとそのまま半蔵門線に乗れるよな?と直前に思い直し北千住で下車。
北千住降りたんだからとついでにラーメンでも食べますかと携帯で検索。

とりあえず良さそうなものに入ってみました。

中華そば 青葉

美味しかったです。
以前荻窪で食べた「二葉」と同じ系統の味です。
一口目で、おなじチェーンかと思いましたが、調べてみると関係ないみたい。
いや元々源流は同じだったりするのかな?
よく分りませんけどここは美味しかったです。
お勧め。

そんな感じでラーメン食べて帰宅。
家に着いたら午前様でした^^

しかし3日目は、結構いろいろ回れました。
その場その場で行き当たりばったりにもかかわらず。
皆さんはもうちょっと計画的に。が、お勧めです^^

結構楽しかったねえ。
また今度も同じような旅に行ってみよかな。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment