珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

2009年東北旅三日目前編。 

東北に行ってきましたよ。
携帯で半実況気味にアップしてましたが、改めてデジカメ画像含めてその記録。
三日目は盛岡の宿から。


朝7時に、御所湖のほとりの前にあるバス停で待つ。

まだ時間があるので、御所湖を一望してみる。


-7℃で道路に雪もつもり、バスは、くるのでしょうか・・・・・


スポンサーリンク



バス発車時間の5分前にもなると不安になってくる。
自分の他に誰もいないし。


寒いし。

DSCF1659.jpg

寂しいし。




しかし、自分の心配をよそにきっちり、バスはくる。

ああ、東北のバスは偉大だ。
しかも路線バスチックじゃなくて高速バスで椅子も豪華。
しかし、乗客は自分ひとり。

ホントに東北大丈夫か^^

DSCF1662.jpg

バスから見える御所湖は凍ってました。


さて、無事に盛岡駅に着く。
目指すは、角館。
朝イチのこまちに乗って角館を目指す。

DSCF1663.jpg


こまちは、全席指定なのでここで三連休パスの指定席枠を消費。(4回指定が取れる)


しかしその結果が、コレだ。




DSCF1664.jpg


だれもいねえ。




うそうそ、どうやら指定は、特定の号車からでるらしく自分が撮った指定席の号車は、3/1くらいは、乗ってました。
思ったより乗っていたみたい。
けど、写真の号車は、ホントに無人だったんだけどね。



さてこまちの在来区間にのるのは初めてでしたが・・・
感覚的にはめっぽう速いですね。
景色がかなり速く流れていく。

そんな流れる車窓もいい感じです。
DSCF1665.jpg

冬なら延々田園風景なんでしょうね。

岩手と秋田の県境は、山々。
雪が降って見事な雪山景色。

DSCF1668.jpg

岩泉線・山田線にも劣らない雪山化粧のパノラマが続きます。
新幹線沿線の癖して田舎きわまる。

DSCF1674.jpg

そしてついたは、角館。
秋田新幹線は、しょっちゅう交換をします。
首都圏の人は単線じたいをほとんどみたことないひともいそうですが、
新幹線の交換はなんか味があります。

DSCF1676.jpg

角館駅。
なんか、観光地って感じの駅。
きれいです。

DSCF1678.jpg

そして、乗るのは秋田内陸線。
秋田のローカル私鉄です。
3日目のひとつめの目的だったりします。

秋田の冬景色をのんびりディーゼル単行で。


しかしちょっと心配なのは、終点での乗り換えです。
終点鷹ノ巣での乗り換え時間は、1分^^
そもそも乗り換えられるか心配です。
念のため旅行計画中に、鷹ノ巣駅に電話して「この列車で、この列車乗り換えられますか?」と聞いて、乗り換えられますとの、返事を聞いてます。
しかし、東北の列車はよく遅れる。
一応角館でも聞いてみる。


「一分じゃ、無理なんじゃないですか。」



え?まじで!?
この計画は崩壊するのか?
しかし、鷹ノ巣駅の駅員さんの言葉を信じて、角館駅の駅員さんは、鷹ノ巣駅の乗り換え状況まで把握してないことを信じて、「いっちゃえー」で乗ってみた。

このせいで、乗っている間ずっとなんかそわそわしぎみで。
まあ、景色がいいから許す。


永遠に続きそうな雪景色。
それは、永遠に続きそうに思えたけど、でもあっというまに鷹ノ巣まで2時間強。

DSCF1682.jpg

雪景色の中でもしっかり列車は往く。

DSCF1684.jpg

列車正面のトンネルを望む。

DSCF1685.jpg

ここ3日でたくさん見たはずの景色も見飽きない。

DSCF1687.jpg

さらに景色は雪深く。

DSCF1688.jpg

雪の中の駅での一景色。


DSCF1692.jpg

とってもキレイな雪の山と川。
ここは、はっとするくらいキレイでした。


DSCF1694.jpg

たぶん沿線で市場の大きな駅の「阿仁合」なんてローカルな景色。
いやいい意味でですよ。


DSCF1695.jpg

阿仁合での時間調整中にて。
結構停車時間があります。


この秋田内陸線、存亡の危機になって久しいです。
いつ廃止になってもおかしくないのは、岩泉・山田線と同様。
経営会社が、資本力のない私鉄なのでより、今後は厳しいでしょうね。
でも、途中の車窓で「内陸線、ありがとう!」なんて看板を何回か見かけた。
地元の人に愛されているのですね。
なら、存続し続けられるように密かに願ってやまない。





さて、鷹ノ巣につく、鷹ノ巣手前では、時計とにらめっこしつづけ。
なんとか時刻通りにつけつけつけつけつけと祈り続けるw

その甲斐というか、運転士さんの仕事ぶりのおかげで予定時刻の1分まえに無事、鷹ノ巣駅に。
ダッシュで降りると、幸い次の電車はホームの向かい側にくる模様、しかもまだ来ていない。
やったね。
角館駅員さんのうそつき。

ちょっと待っていると、無事に予定の列車来る。
DSCF1697.jpg
かもしか。

特急の癖して三両編成。
でも社内に人は結構乗っていた。

かもしかは、いままでのんびりとした内陸線に乗っていたせいか、すごく速く感じる。
あっという間に、次の乗り換え駅の東能代に到着したとさ。

DSCF1699.jpg

地方の駅ってかんじ。
市街地は、となりの能代駅の方みたいで駅前は、どこにでもありそうな町景色でした。

3日目は鉄道ばかりの予定です。
でも知りません。
それで自分は楽しいのでw

次は、3日目のメインイベントですよ。

冬の日本海を見に行きましょう。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment