珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

トラックバック。 

ブログ見てちょっと気になってので、少し語る。

こうするとわんさか出てきます。


わんさか見た人がどうとらえるかはに関してはその人次第ですけど。

俺は、こうとらえたって事をブログるんです。


スポンサーリンク





激しくかいつまんでいうとトラックバックとは、相手のブログに自分のブログへのリンクを張るということ。
で、よろしいかと。

もう少し突っ込むとここが分りやすいかな?


それまでは、リンクは自分の所からしか張れなかったのが相手から自分の所に張れるようになる機能でブログのもっともウリな機能だと思ってます。



検索でTOPに出てました「パーフェクト・ワールド」さんでの記事の命題からちょっと考える。

以下記事で命題にされていた点とそれに対する俺の見解。

①「トラックバックは内容の一部が共通していればしてよい。逆にまったく共通点がなければしてはいけない。」

記事のテーマに関連性があれば構わないんじゃないかなあ。
一つの目安としては、見る人が関連記事として読んでいいぞと思うように思えることかな。
線引きは、難しいそうですけど。

②「参照記事は必ずしもリンクを張らなくてよい」

システム的には、しなくてもいいんでしょうねえ。
「するべき」ならトラックバックした際にここにトラックバックしたとか表示する機能が容易につけられるはずだし付いてるはずです。
とりあえず、する義務は無いのかな。
この件は、後で補足しときます。

③「相手の記事に反論する記事でもトラックバックしてよい」

これは、①に対する見解と同じで「してよい」です。


現状こんな感じ。

インターネットの発展ってどうやってしてきたのかっていうとつまりは情報の共有をしたいぞ。
なんです
情報を共有するためにHPを誰でもたどれるように繋げる方向で進化してきたんです。
そういう方向だから、相手のHPに自分のHPへ繋げる様に出来るブログは革新的なんです。



マナーという面を外れても以下のようなことが言える。

その発展上にブログがあって、情報の共有という観点からいえば、
自分からリンクなしにトラバする行為は、不完全と言えるでしょうね。

トラックバックされたブログの読者は、情報の共有が出来るのにトラックバックをした方のブログの読者には、それを拒絶するのですから。

だから、自分でリンクを張らず、相手にだけリンクを張らせると言う行為が一般化すればインターネットの発展にマイナスだと思うね。
情報の共有という目的にそぐわなくなるから。

とは、言ったものの無秩序なトラバも情報の氾濫が起きてそれもそれで良くない気もしてますけど。


マナーという面からならこう言います。

トラバってのは、相手に無許可で相手のHPに勝手にリンク張る様なものでしょ?
なら、怒る人もいるだろうしそういう無用なトラブル避けるためにもリンク張った方がいいんじゃないの?
それにあえてしない理由なんてめんどくさいとか、そっちの記事より俺様の記事の方が上だからこっちこいよとかあまり前向きな理由が思い浮かばない。
情報の氾濫の面でも読者が判断するものでしょ?とか思うし。





そんな見解です。

結論としては、トラックバックしたとき、それが何でも参照記事としてリンク張った方がいいかなあ。と。
微妙にずれていても、記事の隅にでも「参照記事はここここ。」とか。

そんな感じ。
この辺りは、俺の判断で俺はこうするぞと思うだけで
リンクなしのトラバされても怒らんし、トラバ返しかコメントでもしに行きますし、違うと思えば削除するだけですけど。

結局、マナーマナーといえども、そのマナーをどういう形にするのは、その人の適正に依る、ということなんでしょうね。
大人になれって事ですな。
僕を含めて全員大人になるなんてあり得ない事なので、結局は、人は迷惑かけあったり、怒らせながらバランス取っていくしかないんだよねえ(笑


そんなわけで、俺はトラバするときリンクも張ることにします。
で、リンクなしのトラバされても「した方がいいのになあ」とか思いつつも怒ったりしません(笑

もっとも、トラバする方にもされる方にもあまりならない気がしてますけど。


追記なんです。

下書きでもトラックバックすると、相手は反応しちゃうんですね(^^;

今後は、公開決定時にまとめてトラックバック送る事にしますね。
スポンサーサイト

Comment

Name - Gin  

Title - へえ

下書きでもトラバすると、pingが送られるんですね~。
知りませんでしたよ。


一つ賢くなりましたっ

ノシ
2005.05.20 Fri 12:27
Edit | Reply |  

Add your comment