珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

うーん。 

大惨事になった事故もとりあえず捜索は打ち切られたようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050428-00000011-yom-soci

ニュースは、そのうち消えるのでコピペも。著作権的に問題があるようなら削除しますが。

「社会ニュース - 4月28日(木)23時4分

脱線事故、救助捜索活動が終了…106人の死亡確認
 
 兵庫県尼崎市のJR福知山線事故で、県警と尼崎市消防局などは28日、マンションに激突・大破した快速電車の1両目から相次いで遺体を運び出し、同日夕までに計106人の死亡を確認した。全員の身元も判明し、救助捜索活動は終了した。

 戦後、鉄道事故で100人以上の死者が出たのは6件目。犠牲者数は、1951年に横浜市内の旧国鉄根岸線で起こった列車火災事故と並ぶ、戦後4番目の大惨事となった。

 死亡したのは男性59人、女性47人。負傷者は461人に上った。高見隆二郎運転士(23)も同日午後、運転席部分から遺体で収容された。

 死亡者のうち三十数人は1両目から、約70人は2両目から見つかり、マンション外壁で車両が「く」の字にひしゃげた2両目に犠牲者が集中した。

 最後まで捜索が難航していた1両目からは、28日朝から午後3時過ぎまでに9人の遺体が運び出された。その後、車両内外に残されていた人がいないことを確認。事故発生から約82時間後の同日午後7時20分、救助捜索活動を終えた。

 事故車両の撤去作業もほぼ完了したが、県警は5月5日まで現場検証を続ける予定。
(読売新聞) - 4月28日23時4分更新」

出典 yahoo!ニュース


事故が起きて以来、関心を持ってニュースを見ていました。
もちろん今回の事故の原因の多くは亡くなられた運転士さんに因るものが多いでしょう。

報道で伝えられる運転士さんの素顔は、優しくまじめであったとのことです。
度重なる失敗に責任を感じ、失敗を補おうとして思わず無理をしてしまう心境は、容易に想像できます。
また、失敗には厳罰を。とも思える姿勢を持った会社の中で犯してしまったミスをなんとかごまかそうという思いも実際に仕事をされている方は理解できるのではないでしょうか?
しかし、それは”弱さ”とも言えるし運転士さんは、やってはいけない所でそれを出してしまった。と解釈しています。
運転士さんは、やはり問題を起こしてしまったのでしょう。

運転士さんを責める意見も多いのもしょうがないとは思います。
ただそれまでの背景の報道から思うのはやはりJR西日本の安全よりダイヤ重視の姿勢が運転士さんに必要以上のプレッシャーを与えていたんだなあ。と。

JR西も売上、利益を求める会社であるから競争に力を入れざるを得ないのは、理解はできます。
ただ、公共性が高く、かつ人の命を預かっている。ということを忘れるのはとんでもない事であると思います。

この場に及んでも、事務的対応そして責任回避してるとしか思えないJRの対応(個人的にはJR他社も同じ状況になれば同じ対応になると考えています)は何とかしてもらわなければ安心して鉄道も利用できません。

でも、すっきりとした対応、解決をしてくれるのは望み薄い気がしてならないです。
事故で亡くなった方、怪我をされた方、深い心の傷を背負った方、そしてご遺族の無念、憤りは察するにあまりあります。運転士さんも。
そして、自分が関係者になったら同じものを感じるのでしょうね。
なんとか、不幸な事故に巻き込まれた方々が多少ともなり浮かばれるような対応、原因究明、そして今後の対応防止策がされるように望みます。

ふう。

あと一つ、マスコミいや、マスゴミ。
ここにきて好き放題叩くのが、すごく感じ悪い。
オーバーラン2Mまで記事にして叩くような真似はどういう了見かと。
そういった事が、他の運転士さんに余計なプレッシャーを与えるのでは無いのかと。
そして片方の記事では、JRが運転士を追いつめたと叩く。



救えねえ。


なんか、いろいろな面で、腹立つを通り越して、悲しいです。

とりあえず、σ(^^;の出来ること。

電車が遅れてきても文句言いません。
仮にそれで、仕事に遅刻してまずいことなっても怒ったりしません(笑

それが、結局は身にかかる不幸を避ける術だと信じることにします(^^;
スポンサーサイト


スポンサーリンク



Comment

Add your comment