珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



2010年異国のたび。その2。 

異国なんかに行ってきたのです。
そんなわけで今回は、上海とか蘇州の旅行記。


DSCF1163.jpg
泊まったホテル。
上海逸和龍柏飯店
4つ星ホテルです。
小市民な日本人感覚?だと中国だと財布抜かれたりな気もして、ホテルに貴重品預けていいのかしらん?とか思ってましたが、3つ星以上なら大丈夫とか聞いて安心した4つ星ホテルです。
でかいです。
貴重品おいてました。大丈夫でした、貴重品。


DSCF1148.jpg
中はまあ・・・きれいかな?


DSCF1150.jpg
部屋は至ってビジネスホテル。
こまいところを見ると、お風呂に傷があったり廊下もなんか小奇麗じゃないとかあまり泊まる喜びがない4つ星でした。
というよりこれが中国の4つ星と理解したのですが、同行の友人は「そんなことないよ~」とか言っていたのを加えておく。他の4つ星はもっといいみたい。


DSCF1161.jpg
異国の地で見つけた和。
タイガー魔法瓶。非上場。



DSCF1158.jpg
格安ツアーなので、朝ごはんのみ。
バイキング。


DSCF1159.jpg
なんか中国っぽくない朝ごはん。
選べる料理もあまり中華っぽいのは少なめ。
でも、いいんです。だって自分結構中華苦手なので。その理由はあるトラウマから。後に触れる。
ちなみにコップの中身はりんごジュース。

今回は宿だけで終わりそう。
もう写真はあまりないんですけど、補足をいくつか。




スポンサーリンク




最初来たときは深夜でした。
で、喉が乾いたんだけど売店とかやっていなくてコンビニもとかも遠いみたいで終わっていると思われるレストランで聞いたら一応缶コーラを売ってくれる。
一缶20元(300円以上)。中国では飲み物は安いので(日本の半額程度)ぼってます。
中国では、ぼれるときはとにかくぼるようです。・・・そうじゃないの日本くらいかな?
1Fの売店では、やたら勧誘されてすぐ半額になってみたいに、とかくも商魂たくましい。
あと、値札なかったりついていても飾りみたい。
基本値下げできます。日本人感覚では元々安いのであまり値切るのも面倒とかしれませんが。

あと、昔よりましになったみたいですがこれはいいたい。

水がダメ。 久しぶりに強調使った^^

水が泥臭いです。
水道水は飲んじゃあかんよーと言われていたのも納得。
とても口に含む気にもなれなかったです。
さすがに暑いしシャワーは使いましたが。
ちなみに昔は黄色っぽい色してたみたいです。
そんな水道事情を反映してか、ホテルではミネラルウォーターが支給されていましたが。

ところで、中国でのホテルは、飯店とか酒店とかいろいろな名前があるようですが、何個かみて
飯店=観光ホテル
酒店=ビジネスホテル
みたいなんじゃない?とか友人に振りましたが今調べてみたら賓館とかいう名前も含めて規則性はないみたい。
なんか字画とかそういうので決めてるみたい。
なんだつまんない。

DSCF1154.jpg

中国のコカコーラ。ホンマモンかニセモノかわかりませんが。

DSCF1632_20100906212100.jpg

ホテルの1Fの売店で押し付けられた扇子。
120元が一瞬にして60元になる。日本じゃありえない商売ですな。
だったら最初から60げんにしなさい。でもそれでも原価からするとぼってるはず。
でもいいの。日本円で1000円程度だし。この扇子なら1000円でもいいよほんとにもう。
ちなみに、この扇子は人にあげました。

まとめ
・中国では、お客をバリバリボリます。ぼられるのが嫌いな人は、お買い物は交渉してください。
・上海のお水事情はよくありません。水道水はのむべからず。シャワーは匂いに耐えてください。お風呂は日本人には楽しめなさそう。
・泊まる喜びを得たい人は、5つ星で。格安ツアーはさけて。
・安全極まりない日本にいると中国は犯罪大国っぽく見えてしまうかもしれませんが、上海ではそーでもない。気をつけてはいましたが、スリとか置き引きとかその気配も感じず。


次回からいよいよ上海の景色を交えて。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。