珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



2010~2011年:18きっぷ旅。その5。 

今年も懲りずにというか、またしても18きっぷでいろいろさまよってます。
さらに今年はk-x君もお供にがんがん写真も撮りながら。
18きっぷ期間も終わり旅から帰り、写真を採り込んで数えたら2000枚越えていてさらにびびった。
数が数なのでその中からいくつかチョイスしながら旅を振り返る。
その5。
6日から出雲と故郷に行ってました。


_IGP2015.jpg

6日に地元で用事を済ませ帰って調べたところ、すぐにでれば大阪まで行けることがわかる。
ならば出ちゃえ~と30分程度で準備を済ます。
おにゅうのMacBookを含めた荷物をまとめ行き先を出雲市と定めルートも細かく決めずちゃっちゃと出る。

さすがに大阪まででると25時を回ってしまいます。
それなら京都がいいかなあ。
地元の駅で携帯でお目当てのホテルの番号を調べ電話で予約。
無事予約がとれたので6日の目的地は京都に設定。

道中写真もいろいろ撮ってましたが、東海道は車窓も夜だったりして風光明媚でもなく、接続も良く駅での滞在も短いのでめぼしい写真はとれず。
なので京都で撮った京都タワーで勘弁してくださな。


_IGP2018.jpg

これまたブレ気味でごめんなさいな写真ですが、懲りずに泊まるドーミーイン京都
プレミアムだって!

_IGP2021.jpg

プレミアムだけあって内装もなんかこじゃれています。


_IGP2023.jpg


部屋もめっぽうおしゃれ。


_IGP2027.jpg

水回りもシック~
ちょっと松本に比べワンランク高めですね。
値段もちょい高め。
9500だったかな。
もっとも、事前にプランを選んで予約すると5000前後から泊まれます。
そうなると割安感が相当ありますね。
貧乏でもちょい贅沢したい人はかなりおすすめドーミーは。
お風呂もいい感じでした。写真は撮れませんでしたが。
しかし京都のプレミアムな所以はまだある。


DSCF2220.jpg

あさごはん。
バイキングなんだけど、京都っぽい品揃え。
京漬けとかお茶とか。

DSCF2225.jpg

こんなん選んでみました。
自分は朝は控えめなんですが自分の割には色々取ってみました。
お茶とかおしることかお豆腐とかが京都っぽくてよかったです。
これえ一応カテゴリ的には格安ビジネスホテルの部類だと思いますのでお得感がありますねえ。

当然ネットワークも使えますのでMacBookを活用。ルートを選定したり時刻表みたり、ホテル取りに活躍してくれました。
それで山陰線をひたすら進むことに決め眠ることに。
おやすみなさいってこった。




スポンサーリンク



_IGP2039.jpg

翌朝山陰線に乗り込んで車窓を眺める。
保津峡あたり。
下は保津峡トロッコ列車。その昔山陰線でした。
新しい立派な線路を作ったのですが、風光明媚な線路を捨てるのはもったいないと観光列車としてトロッコ列車が走っています。
その昔乗りました


_IGP2049.jpg

この日は珍しく山陰線沿いは雪景色。
白く染まった車窓を撮りながら進む。

_IGP2062.jpg

雪に染まるとなんだか美しく見える。そんなものかと思いますがこれはうれしい誤算。
しかしながら雪の影響でダイヤが乱れる。
京都発の鈍行(快速だっったけど)が終点の福知山に着いたのは予定よりかなり遅れてでした。
のはいいのですが、ここで乗り換える予定だった電車は既に行ってしまったとの事。
このあたりになると普通電車は1~2時間に一本という感じだからかなり予定を変える必要が出てくる。
アクシデントすなあ。
列車でその列車に乗る人は「駅の改札に行ってね(はあと)」みたいな案内がされていて何らかの救済策が取られるのかな?と思って行ったらなんの事はない。改めて接続する普通列車は10分前に行ったことと次の電車をお待ちくださいと言われただけでした。
「雪のせいで困っているのはこっちなんだよww18乞食の為に普通列車の接続待ちなんてするわけねーじゃんwwwwかつ救済策も取らねーからwwwお前ら貧乏人は何も無い福知山駅で数時間時間を潰すんだなwww」
と解釈もできることを駅員さんが困った顔で懇切丁寧に説明を受けたでござる。

結構な人溜まりも出来て人によっては駅員さんに超強く意見を言うような方も出て改札前は騒然とした雰囲気に。
もちろん10分待てないJR西日本はけしからんと思いましたが、その辺もブログネタになるしまあいっかということで。
「山陰で珍しく綺麗な雪景色見れたし、その列車逃しても待てば次の列車あるんでしょ?それに珍しい物見せてもらったし。いいんじゃないかな。それよりホームで写真撮ってよ。」
と改札をさってホームに上ってパシャパシャ写真を撮る。


_IGP2115.jpg

しかし、その成果はたいしたことなく撮れたのは上のようなものがたくさん。
雪のホームの撮影はまだコツが掴めていない。

もうちょっと撮ろうかという自分を呼び止める声が。
その前の列車で一緒になった人が自分を呼び止める。
その人は、車窓やらを撮りまくっていて途中駅でのホームを撮った際にちょっと話すことがあって「18切符ですか~同じですね~出雲市までですか~」みたいな話をしていたのですが・・・

その人は、自分にJR西がお客さんからのクレームに耐えかねたかのために救済策を投じたことを知らせてくれたのです。

なんと、JR西日本が救済策として18切符で特急に乗れるという!
やるなJR西。駅長さんがいろいろ掛けあってくれたと聞いた。

その自分を呼び止めた男の人とその同行の女性の方、そして一番強く改札で意見を主張されていた男の方。あと自分。
聞けば、目的地も出雲市でさらに聞くと泊まるホテルも一緒という^^^^
じゃあ一緒に行かないか?ということで4人同行で進む18切符@山陰本線が成立しましたとさ。


続く
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。