珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

2010~2011年:18きっぷ旅。その9。 

今年も懲りずにというか、またしても18きっぷでいろいろさまよってます。
さらに今年はk-x君もお供にがんがん写真も撮りながら。
18きっぷ期間も終わり旅から帰り、写真を採り込んで数えたら2000枚越えていてさらにびびった。
数が数なのでその中からいくつかチョイスしながら旅を振り返る。
その8。
6日から出雲と故郷に行ってました。

出雲から安芸への道中。
備後落合から。

_IGP2526.jpg

乗ってきた木次線。
中国の山ん中の駅は雪。

_IGP2527.jpg
乗り換えるのは、芸備線。
新見方面と、三次方面の列車。
芸備線は、木次線とどっこいの閑散路線。
揃いもそろって、数時間に一本くらいの単行のディーゼル車が細々と走る。
乗るのは新見方面。

ちなみに写真によって雰囲気が違うのは、撮るたびにカメラの設定をいじっていろいろな写真を撮っているため。



_IGP2537.jpg

芸備線の単行列車は、写真のような車窓を見せながらまったり走る。
芸備線はある意味木次線よりやばいかもしれない。車窓が。
延々こんな車窓が続きます。町がない。
いやホントに町がない。
木次線は、結構町っぽいところがあったのだがー
かつ木次線ほどハイライトもなく・・・・
延々こんな感じ。


_IGP2547.jpg

後ろから後方を見る。

_IGP2558.jpg

川沿いに走ったりしますが、ハイライトっちゅうほどハイライトでもなく・・・
あんまり単調な景色だったので少々寝てしまったほど。


_IGP2578.jpg

で、あった言う間に新見についたのですねー
で、新見の伯備線ホーム。
こっからは、電車。末期色まっ黄色。
この伯備線、特急が一時間に一本走る山陽と山陰を結ぶ幹線なのですが、それでも普通電車は1時間から2時間に一本というところ。
米子方面の普通に至っては、4時間あくところもあって芸備線とあまり変わらんでもなかった
電車逃したら遅刻確定なんてもんじゃない。




スポンサーリンク



で、新見からは電車で山陽を目指す。
元々福塩線でいい列車がなかったため伯備線にしたという経緯もあってかあまり車窓は期待していなかったんですが、伯備線の車窓はなかなかでした。
車窓には高梁川の雄大な流れが。

_IGP2584.jpg

こんなんとか。

_IGP2592.jpg

こんなんとか。

_IGP2601.jpg

わりとあっという間に、倉敷に。
倉敷から西を眺める。
倉敷からは、ぐっと都会な山陽本線で福山まで移動。
列車の本数は激増。ああ、感動的。
時間的にもあっという間に福山まで。
福山からはバスに。


DSCF2247.jpg

なんだけど、バス待ちの間にラーメン屋入ってみた。
TAKUMIだって。

DSCF2242.jpg

とんこつ系頼んでみた。
お味は・・・・
平凡。
平凡に美味しい。
福山でラーメン好きで適度に時間があったら入ってみるのもいいかもね。



_IGP2604.jpg

で、無事にバスに乗りゆられて。
バスは、しまなみライナー
尾道の町をを橋の上から。
よくわかりませんね。


続く。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment