珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



九州一週冬の旅。その2。 

さて、今回は九州に行ってほぼ九州一周してきました。
全行程4泊5日。
例によって写真を大量に撮ってきたわけですが・・・
写真は一部ですが写真で巡る九州一週鉄道の旅です。

今回は初日福岡から鹿児島に。そして薩摩半島を巡る。


より大きな地図で 九州旅行2011。二日目。 を表示

例によって、二日目の写真MAP。
同じ場所が被っていますのでMAP下のリンク先に行って左側の写真をクリックすれば被った写真も見ることが出来ます。
このブログにアップした写真より多く写真をアップしてます。
指定すればグーグルアース形式でも見れるようですね。
アース形式が見やすいかも。
(追記:IEだと地図が表示されないかもしれません。その場合リンクに飛んでね。クロームは平気でした。)

2011022220110222.jpg

福岡から鹿児島までのルート。
見事に福岡から鹿児島までの縦断ルート


s_IGP4256.jpg

乗るのは、リレーつばめ787系
JR九州の生み出した革命的名車です。
今のJR九州を象徴する列車かもしれません。


s_IGP4257.jpg

乗ってみたのは、そのリレーつばめのDXグリーンシート。
関東地区在住には信じられないほどの豪華なお席。
これのグリーン席台は福岡-新八代で2600円也。

今回は、コロプラ乗り放題きっぷの全九州版3日間を使用しましたが、これは期間内JR九州特急の自由席含め乗り放題というものですが(25000円也)、これに指定席料金追加のみでグリーンにも乗れるという親切仕様。
このあたりもJR東日本とかでは、ありえない仕様。
基本的に、JR九州はユーザーに優しい。

何故か?
九州は、競争が激しいお土地柄。
JR九州も高速バスや自家用車と激しい競争をしています。

競争ってやっぱ必要ね。とか思う一幕。



sDSCF2335.jpg


そのDXグリーンの座り心地は・・・?
へへへ、こんなに倒れるんですよ。このシート。
で、座り心地はというと。

うん、そ~でもないw
席はいいのですが、ホールド性がイマイチで頭がしっくりこなかったです。
それで、リクライニングを調節してはう~んとかやってました。
でも、席自体はやっぱりすごく良い。
あと、贅沢感が半端ない。

グリーン車って座り心地はもちろん重要だけど、贅沢している感もより重要だと思うのですよね。
その点では、このDXグリーン席は素晴らしいと思います。

そのたこの787系の内装に関してはここあたりを参考に。
このDXグリーン席が何故あるのかも分かったりします。

ちなみに今まで乗った中で一番の座り心地はスペーシアな気がする。
あと、やっぱりグランクラスは気になるなー。


s_IGP4297.jpg


787系リレーつばめでは、新八代まで。
新八代からは、新幹線つばめで。
来月には、福岡まで全通しますな。
何故か、最速は「みずほ」準速達が「さくら」九州内は「つばめ」となっております。
まあ、沿線自治体とかとの調整がむずかしいとは思うけど、「つばめ」が最速のほうがしっくり来るんだけどな。

で、コロプラ乗り放題きっぷも継続販売ですが値上げされてました。
この時期に来てよかったかも。
とかいいつつも、九州来るなら夏がよい。のは間違いなさそうですが。


sDSCF2345.jpg


つばめ800系の中はこんな感じ。
なんかオシャレです。
座り心地もいい感じ。
詳しくはまたこっちでも。
九州の特急はいい感じです。



s_IGP4293.jpg


新幹線はあっという間にトンネルを駆け抜け東シナ海を掠め見して高速走行。
あっという間に鹿児島中央駅に着くのでした。


スポンサーリンク



20110222WS000002.jpg

鹿児島からは、指宿枕崎線に乗ってみました。
通ったルート。


s_IGP4304.jpg

乗った列車は、菜の花DX。
特別料金なしで乗れる快速列車です。



s_IGP4307.jpg

鹿児島中央駅にて。
なんとも大胆な表示案内。
JR九州を利用して感じたのですが”徹底的な分かりやすさ”がありました。
駅の案内とか車内とかもとかく直感的に分かりやすく表現されているところを随所に感じました。
そして徹底的にそれらが統一感をもたされているように感じます。
おそらく、JR九州は”サービス業者”としての自覚があるんだろうなあ。
それはいいこと。


s_IGP4340.jpg

菜の花DXは、鹿児島湾を眺めながらのんびり走るのです。
そして指宿まで行きそこから鈍行に乗り換え。


s_IGP4353.jpg

そして鈍行で一駅の山川駅にて。
ここから先は列車が激減します。
指宿から乗り換えた列車もここまで。というより鹿児島方面からの列車待ちという事みたいですが。
約一時間次の列車待ちです。
なので時刻表の上では別の列車になっています。


s_IGP4365.jpg

山川駅には、花壇が据えられていてました。



s_IGP4382.jpg

駅の錆びた鉄骨が寂しく暖かいと思うのは自分だけですかね?


s_IGP4399.jpg

一時間ほど写真を撮りながら待っていると、鹿児島からの列車が来て幾らかの乗客を乗せてまた鹿児島方面に帰って行きました。
山から枕崎方面の列車もそろそろ発車です。


s_IGP4409.jpg

そして山川駅から2つ目。
西大山駅で降りてみました。
日本最南端の・・・
鉄道の・・・
駅ですw

いろいろ条件が着きます。
最南端の駅なら沖縄のモノレールだしね。
日本最南端なら沖ノ鳥島だし。

でも、結構有名な駅みたいです。
だから来たんですけど。



s_IGP4412.jpg


そして列車は自分を残して枕崎方面に走り去って行きました。
降りたのは自分だけ。

とはいえ、ある意味観光スポットになっているのか多少駅を見に来た人たちが居ました。
数人とちょっとお話ししました。
鹿児島からこちらの方に就職活動に来たついでに寄ったという大学生。
奈良からは、JR西さんの社員さんもチャレンジ新幹線のキャンペーンというのがあってその為に来たのだって。

なかなか面白い一時でした。
さすがにその人達は、次の列車まで一時間半も待つワケもなくしばらくしたら車で走り去って行きましたが。


s_IGP4420.jpg

ひとりになって、じゃあ写真でも取ってみようかと。
駅の近くには黄色いポストが。
幸せの黄色いポストだそうです。


sDSCF2346.jpg

さてここでお弁当。
鹿児島駅で買った黒豚カツ弁当。


s_IGP4424.jpg

それを西大山駅の景色を見ながらいただく。
曇っていることが悔やまれます。
晴れているなら薩摩富士も見れる風光明媚スポットなんですけれどもね。


s_IGP4430.jpg

駅でひたすらぼーっと待つ。
雨が降っていたのでさすがにかばんとか濡れてしんどかったです。


s_IGP4445.jpg

しばらくするとやっと、枕崎駅行きの列車が来ました。


s_IGP4471.jpg

また、国鉄時代のからのおんぼろ列車に乗り込む。
おんぼろ列車の窓には落書きが。
ひでかずLOVE♡

だって。


s_IGP4485.jpg

そして着いたのは枕崎。
終着駅です。


s_IGP4480.jpg

終着駅は何もない駅。
ホームと花以外は。
街は結構都会なのにー。

sDSCF2349.jpg

と思ったら、昔は立派な駅舎があったようです。
移転の関係でそれは取り壊されたそうです。
その後は非常に簡素な駅になったみたい。


s_IGP4491.jpg

列車が折り返す時間まで駅の周りをうろうろ。
駅の近くには菜の花が咲いていました。


s_IGP4545.jpg

折り返した列車の中で。
「H1.10.19 HIDEKI L♡VE」
このオンボロ列車は、22年間も少ない乗客と一緒に人の想いも運び続けてきたのね。
この想いは叶ったのだろうか?と人事ながら思う。


s_IGP4554.jpg


雨とランプで輝くレールを見ながら鹿児島に戻る。
鹿児島についたのはもう日も完全に落ちた頃でした。

続く。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。