珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



九州一週冬の旅。その6。 

さて、今回は九州に行ってほぼ九州一周してきました。
全行程4泊5日。
例によって写真を大量に撮ってきたわけですが・・・
写真は一部ですが写真で巡る九州一週鉄道の旅です。



写真MAP
重たいのでリンクにしました。
これで被っている写真もクリックすれば分裂してみることが出来ます。。
(追記:IEだと地図が表示されないかもしれません。その場合リンクに飛んでね。クロームは平気でした。)




20110224WS000004.jpg

4日目は、別府から宮崎へそして北九州へ。
図では分かりにくいですが、別府スタート、宮崎を通り日南線榎原駅まで、そこからまたきた道を戻り小倉までを一日で。


20110224WS000005.jpg

別府から宮崎までのルートはこちら。


_IGP5044.jpg

1番
旅館を出て別府駅にはバスに。
バスの時刻表は旅館の人が調べてくれました。
が、所要時間が教えてもらったより時間がかかる。5分の案内が15分ぐらい。
地元の人は地元のバスは使わないもんだよなって思う一幕。
予定より早く出た甲斐もあり別府駅には、バスの時間も入れても早くつく。
なので、早めに来た普通列車で大分に。
写真は、815系普通電車

これも水戸岡デザインの車両。
これもなんか洒落ているんですよね。
あらゆる移動は旅といい新幹線も特急も通勤列車すらもっと豊かな空間になるべきと考える水戸岡鋭治氏の考えが反映された列車です。
そのあたりは、5日目のエントリーでもうちょっと詳しく書く予定。


s_IGP5050.jpg

2番。
そして大分に着いてみたのはレッドエキスプレスにちりん。
大分からの道連れはこいつ。
485系という国鉄時代の電車。
例によって塗装は水戸岡デザイン。
ド派手に、真っ赤っかでこれでもかってほど大きくぬられた列車名”RED EXPREESS”


s_IGP5051.jpg

しかし、中身は昔のままだったりするのであまり感動とかありません。
人はそこそこ乗っていましたけれどもね。
たぶん、九州新幹線全通の際はリレーつばめ787系が押し出されてこっちに来そうなのでそうなればかなりグレードが上がると思いますが。


s_IGP5062.jpg

3番
別府で買った温泉卵とおにぎりをにちりん車内で頂く。
にちりんは、あまり儲からない上に観光路線というわけでもないらしく3時間越える運転時間にも関わらず車内販売とかもなく、県庁所在地同士を結ぶ割には3両とか寂しい編成で運転されていたり。
手が入れられていません。
にちりん乗り通す場合は売店で食べ物飲み物買っておくのが身のためです。

ふと見たら、博多行きソニックの姿が。
ソニックも水戸岡デザイン。


s_IGP5072.jpg

4番
んちりんの車窓はそれなりに風光明媚。
臼杵湾を眺めなら。


s_IGP5077.jpg

海の車窓はどこでもやっぱ好き。



s_IGP5083.jpg

5番
にちりんの走る日豊本線沿線には、工業都市が点在しています。
工場も訴えかけるものがありますよね

自然と正反対にあるもの。
それもそれで美しかったりするんだよねー
なんでだろね。
人って極端なものに惹かれるって事でしょうか。


s_IGP5096.jpg

6番
日豊本線の佐伯と延岡のあいだ。
この間は、宗太郎峠越えを含む県境ごえがあってとんでもない閑散区間。
普通列車は10時間あく時間があったりします。
とはいっても、特急は結構走っているのですけれどもね。
しかしあまり高スピードを出せる線路じゃなくてあまりスピードは出ずとろとろですが。
あまりお金かけられない区間ということですね。
そういうわけで、この区間は風光明媚です。
しかし、車窓を見ていると集落が無いわけじゃなく便利になればもっと人乗るんじゃないのかな、とか要らぬおせっかいを思う。


s_IGP5116.jpg

7番

延岡からは、それなりの大きさの都市が点在し線路もよくなったのか電車のスピードも早くなります。
そして、車窓には宮崎リニア実験線が。
もうリニア実験はしていませんが。
もう役割は終えたということでしょうね。

ところで、延岡-宮崎空港までの路線近代化の物語。
一企業が鉄道路線の近代化に力を尽くしたという物語。
例によってニコ動から。今回短め3分ほど。
鉄道の発展は鉄道会社によるものだけでは無いということですね。
だから鉄道は、みんなの財産ということです。たぶん。



ちなみに8番の写真は、実はありません。



スポンサーリンク



にちりんは、宮崎の後も、日南線、宮崎空港線と走り宮崎空港まで行って終着。
宮崎空港は、とても便利な地方空港だそうで。
その空港すぐ側に駅を作ったのも上の会社が絡んでいるとのこと。
ちなみに、宮崎-宮崎空港感は、乗車券のみで特急列車に乗れるお得な区間。
訪問の際は特急に乗りましょう。
実は、次の電車まで時間があったので行きました。空港まで。
写真も取りましたが、あまり面白くないのでアップしていません。
GoogleMapの方にはあるかもしれません。



写真MAP
日南あたり。




20110224WS000006.jpg

宮崎からの旅の軌跡。
宮崎から日南線の榎原駅まで。


s_IGP5135.jpg

1番
宮崎からは、日南線快速マリーン号で。
可愛らしい一両編成。


s_IGP5151.jpg

5番
車内は思いの外混雑。
土曜日だしなあ、しょうがないか~と思いつつ2両にしろよとか思っていましたが、数駅後にほとんど降りてしまいました。
野球の試合があったようです。
その後は、一両で調度良い乗客に。

と思ったら、飫肥駅あたりで学生さんがたくさん。
また車内は混みこみに。

ローカルではよくあるのですが、少ない列車にすくなり編成数。
それゆえにその少ないキャパに乗客が集中しめっぽう混雑することがあります。
数年前只見線に乗った時も会津若松に近づくに連れ大混雑に。
発射したときには、2両編成の車両には数人しか居ませんでした。
このようにローカル線は、混んでる時とそうでない時がホント極端だったりします。


ちなみに、抜けた番号は次回辺りのエントリーで。


s_IGP5154.jpg

6番
油津駅近くにて。
鯉のぼりが列車を歓迎してくれました。

鯉のぼりって季節無いのかしら?


s_IGP5162.jpg

8番。
榎原駅。

今後の予定で南郷発の列車に乗る予定です。
しかし時間に余裕がある。
じゃあ、どこかいいとこないかなーって、目をつけたのがこの榎原駅。

最初福島高松駅って駅がいいなあって思ったのですが残念ながらそれだと南郷の列車に間に合いません。
そこで、いろいろ調べてみて、ここが雰囲気良さそうって事でここまで来てみました。

観光
そこまで時間はないし。
列車乗って駅見るのは観光みたいなものでし。
もう病気ですかね。
そんなことは気にしないと、思ったとおりすごくいい雰囲気な駅でした。


s_IGP5164.jpg

榎原駅の駅舎。


s_IGP5166.jpg

駅前には梅が咲いていました。

ここで思わぬ事が。
ここで一緒に降りた子連れの方がいたのですが、なんでもその子が始めて列車に乗ったということでその写真を記念に欲しいと頼まれました。カメラを持ってなかったみたいで。
じゃあメールしましょうか?と提案したのですが
パソコンも持っていないとのこと。

というわけで、この駅で記念写真を撮って後日その方に郵送しました。
実はこの時始めてデジカメプリントを利用しました。
家で、普通紙にやる気なく印刷したりはすることもありますけど
上のマリーン号も写真にしましたけど、写真にするとやっぱいいもんですね。
パソコンの画面で見るのとはまた別の良さがありました。
写真を形にすることと、パソコン持ってない人への配慮もなんか考えないとなーとか思います。


s_IGP5183.jpg

待っていると、宮崎行きの列車が来る。


s_IGP5189.jpg

これに乗ってこれからひたすら、北上北上です。

続く。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。