珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

北海道のたび。2011。津軽のさきっちょ私鉄。前編。 

2011年3月6日から12日までから北海道に行ってきました。
ご存知のとおり11日に日本は未曽有の大災害に遭遇しています。
不本意に終わることになった旅です。
これを残し公開することは不謹慎かもしれません。しかし旅の過程そしてその終末に感じることも多々あり、そしてそれを自分の中で風化させてはいけないことのように思えたので残すことに。

途中までは、お気楽鉄道旅です。
自分のなかで一番風化させてはいけないと思ったことはその終末です。
もしこのエントリーに興味を持ってくださる方でお気楽鉄道旅なんぞ興味ない方は最終エントリーのみ目を通していただければと思います。



tugaru1.jpg

弘前からのルート。
弘前から五能線で五所川原まで。五所川原から津軽中里まで津軽鉄道で往復。
少し寄り道。
そして写真MAP
当ブログ内より写真多めです。


s2011030730_IGP5482.jpg

1番弘前駅にて。
ローカル線でおなじみキハ40に乗り込む。


s2011030712_IGP5491.jpg

2番藤崎駅にて。
地元の人が手を振ってくれました。
どうしてでしょう?
地方に来ると圧倒的に手を振ってくれるひとが多いのです。
人は都会のほうが多いのに。
なんでだろうね?
それを形にするのはある意味テーマとなってます。


s2011030755_IGP5496.jpg

3番
川部から車窓から五所川原までの間
車窓には岩木山が鎮座。
りんご畑と共に。


s2011030733_IGP5502.jpg

4番
五所川原にて。
めっぽう人が降ります。
しかし津軽鉄道に乗り換える人はわずか。
片田舎のさきっぽ盲腸線の苦戦がわかる一幕。


s2011030755_IGP5635.jpg

津軽鉄道のきっぷを買いに津軽鉄道の切符売り場へ。
駄菓子やさんがあって、地元の女子高生が談笑。
そして小学校の教室にあるようなストーブ。
そのひとつひとつが時の流れを緩やかにします。

といいつつ、列車の時間まで余り無いので急いでいたりしましたが。


s2011030757_IGP5506.jpg

五所川原駅はたちねぶたの名産地。名産地っていう言い方はどうかと思うけど。
うん、立佞武多の館?
そんなの見ている暇ないですから。

俺の旅はいろいろと間違ってます。たぶん。


s2011030746_IGP5505.jpg

五所川原の木製ベンチには彫り物が。
ほっとするひととき、と言いながら列車の出る寸前でダッシュ!でしたが。
走りながらパッと撮った一枚。
でもね、そうなんだよね。

s2011030725_IGP5512.jpg

一応間に合った車内にて。
手作り感満載の飾り物があったりして・・・
合格列車だそうです。
うんうんそーだよね。


s2011030739_IGP5511.jpg

自分が乗り込んですぐに列車は発車。
車内には地元ゆかりの太宰治の著書を始め軽く図書館。
そーだよなあ。


s2011030721_IGP5526.jpg

6番
金木駅にて。
金木駅は、津軽鉄道の主要駅。
地元の人、観光客の多くはここで下車。
下車するお客さんと津軽鉄道アテンダントさんが話す。
笑い声が聞こえてきそうな光景。
ほらね。


s2011030731_IGP5533.jpg

9番。
地元の人が笑顔で降りた列車を笑顔で振り返る。
ふんふん。そーだそーだ。


s2011030724_IGP5607.jpg

7番
嘉瀬駅にて。
この列車は、香取慎吾がデザインして地元の小学生と一緒に塗り立てたものだそうで。
しばらくは走っていましたが、もう走れなくなり駅の片隅で後輩列車の走りを見守る。

そうそう。一連のものを見ていて・・・
津軽鉄道ってなんて、大雑把で洗練されてなくってオシャレじゃなくって・・・
暖かいのだろう。
そして等身大の姿で地元の人々そして時には遠くの人までに愛されている
やはりというか赤字経営のようですが、地域の人の足になり続け愛され続けて欲しいなあ。





スポンサーリンク



s2011030722DSCF2525.jpg

11番
終点津軽中里駅にて。


s2011030726DSCF2526.jpg

日本最北端の私鉄の駅だそうです。
ちょっと前まではふるさと銀河線なるものもありましたが、今はもう無くなってます。
あれば今回行程に加えたいくらいでしたので残念。。
それはさておき、ここが私鉄最果ての地です。


s2011030737_IGP5544.jpg

最果てのレールから列車と駅を望む。


s2011030732_IGP5540.jpg

津軽中里駅では、地元の方が多くもないお客さんを相手にお店を開いていました。
地元の方がお話になる津軽弁は、半分くらいわかりませんでしたが。
歓迎してくれてるのは伝わってきました。


s2011030739_IGP5552.jpg

おにぎりを頂きました。
なんて素朴なおにぎり。


s2011030715DSCF2528.jpg

お汁物も。
これはおまけで貰いました。
素朴で暖かい味でした。


s2011030708_IGP5551.jpg

津軽中里駅。
その構内にはなんとも素朴でゆったりとした空気が流れる。


s2011030738_IGP5557.jpg

津軽中里駅。
自分にとっては何も縁のない土地です。


s2011030730_IGP5548.jpg


しかしそこには、確かにふるさとがありました。
縁もゆかりもない人にもふるさとをみせるのです。
寒くて便利でもないこの土地で。
素朴さとか暖かさは、そういう土地だからこそ培われるのかもしれません。
そんなことを思う。


続く。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment