珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



北海道のたび。2011。津軽のさきっちょ私鉄。後編。 

2011年3月6日から12日までから北海道に行ってきました。
ご存知のとおり11日に日本は未曽有の大災害に遭遇しています。
不本意に終わることになった旅です。
これを残し公開することは不謹慎かもしれません。しかし旅の過程そしてその終末に感じることも多々あり、そしてそれを自分の中で風化させてはいけないことのように思えたので残すことに。

途中までは、お気楽鉄道旅です。
自分のなかで一番風化させてはいけないと思ったことはその終末です。
もしこのエントリーに興味を持ってくださる方でお気楽鉄道旅なんぞ興味ない方は最終エントリーのみ目を通していただければと思います。

一向に北海道上陸しません。
まだ津軽編。

tugaru1.jpg

前回と一緒なルートマップ。
そして写真MAP
当ブログ内より写真多めです。
これも前回と同様。


s2011030710_IGP5571.jpg

8番。
津軽中里から帰路に。
途中で寄り道。
昔の駅舎を利用した喫茶店。
その名も駅舎ってまんますな。

s2011030723_IGP5568.jpg

興味あったので来てみた。
昔ながらの電話機。


s2011030742_IGP5569.jpg

営業時代ののかけら。


s2011030753_IGP5570.jpg

中は中々味がある感じ。
とはいえ、すべてが古いものを使っているわけでもないようですが。
ピンポイントでもいいのかもな。
いえいえひとりごと。



s2011030729DSCF2531.jpg

馬肉の料理。
このあたりは馬肉が名産のようで。
ブライアンごめんなさいと食べてみた。

うむ。普通でした。
桜は刺身の方が美味しいかも。
好みの問題でしょうが。

雰囲気の良いお店でした。
立地が立地だけにあまりお客さん入ってなさそうだったけど。




スポンサーリンク



s2011030744_IGP5581.jpg

まだ8番。
ストーブ列車を待つ。
津軽鉄道の名物列車です。
そして機関車客車ディーゼル車となんともカオスな編成でここ以外見れないんじゃないかしら。
写真は面白く無いのでブログにはあげないけど。
ちなみに乗るには300円の特別料金が必要だったりします。


s2011030739_IGP5622.jpg

車内。年代物の客車のなか。
国鉄製みたい。


s2011030719_IGP5626.jpg

車掌室のフォントがなんとも優しい。
昔のフォントは優しいと自分は感じるのだが、まあそれは感性の問題なのでいいとして。
でも未来の人はこんなのをみて、懐かしがってくれるのだろうか?とか思う。
これみたにさ。
そういう未来が来ないなら何かを継承してないということになるんだよね。

まあデザインは巡るからわかんないけど。


s2011030748_IGP5582.jpg

何故ストーブ列車と呼ばれるのか?

ストーブがあるからです。って当たり前の話だが。
年代物の石炭ストーブ。


s2011030715_IGP5598.jpg

そのストーブでするめ。


s2011030719_IGP5608.jpg

ストーブかするめか、古い客車かそれとも他の魔力か、そのまわりには、自然と和気あいあいとした空気が流れ観光客・地元の人・津軽鉄道の談笑がこぼれます。


s2011030718_IGP5564.jpg

けどね。これは努力でもあるのよ。
津軽鉄道には普通列車にもアテンダントさんが乗務しひとりひとりのお客さんに話しかけたりしていた。
特に地元の方には、等身大の親しみやすさで。
関東じゃ考えられない景色。


s2011030707_IGP5536.jpg

アテンダントさんは、乗客に話しかけるときに膝を曲げる。
だから地元の人に愛されるし、ストーブの回りには暖かかな雰囲気が漂いそこに人の笑顔が溢れるのです。

たぶん。


s2011030735_IGP5633.jpg


ストーブ列車でした。
五所川原駅につくとそこは、ようやく津軽にも訪れはじめている春の足あとを打ち消さんばかりの冬の悪あがきが。

次回、果てに往く。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。