珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

北海道のたび。2011。函館札幌爆走のんびり鉄道たび前編。 

2011年3月6日から12日までから北海道に行ってきました。
ご存知のとおり11日に日本は未曽有の大災害に遭遇しています。
不本意に終わることになった旅です。
これを残し公開することは不謹慎かもしれません。しかし旅の過程そしてその終末に感じることも多々あり、そしてそれを自分の中で風化させてはいけないことのように思えたので残すことに。

途中までは、お気楽鉄道旅です。
自分のなかで一番風化させてはいけないと思ったことはその終末です。
もしこのエントリーに興味を持ってくださる方でお気楽鉄道旅なんぞ興味ない方は最終エントリーのみ目を通していただければと思います。

函館から、苫小牧まで爆走。日高本線で様似までのんびり冬?の乗り鉄旅。
ひたすら変化の乏しい、しかしそれでも美しい北海道の車窓が延々。


hidaka2011-1.jpg

函館から札幌までのルート。
途中苫小牧で降りてちょっとの寄り道が7時間也。


写真MAP
函館から室蘭あたり。



2011030908.jpg


1番
函館駅にて。
乗るのはスーパー北斗キハ281系
関東圏ではみることはまずない、電車じゃない特急列車。
ディーゼルで走ります。ハイスピードで飛ばします。
振り子の仕組みで斜めになってカーブを曲がります。
そんなわけでえらく速く走ります。ディーゼルは普通電車より遅いもんですが。
どれくらいの速さで走るというと・・・・
新幹線以外で最も速い。(2008年時点)
かの時速160Kですっとばすはくたかさんより早かったりします。
スカイライナーに至ってはほとんどちんたら走るので勝負になりません。

パワフルなエンジンをがなりたて、雪の中をハイスピードというよりパワフルに豪快に走り抜けます。
JR北海道の顔とも言える・・・顔はもう譲ったっぽいですが。
その顔については後のエントリーで。・・列車です。


2011030928.jpg

中の席。極めて普通です。
普通に乗り心地よいです。
ちなみに轟音とか、エンジンがなりたててとか言いましたが車内はちょっと電車よりうるさいかなーって時は無いわけじゃないが基本的に至って快適で静かです。
その他は、ここらでどぞ。



s2011030952_IGP5952.jpg


函館駅を出発。
函館駅の近くは車庫やら貨物駅?があって寒い中雪の中でも休んだりしないでしっかり働く。
北海道を地道に支える。


2011030901.jpg

2番
森駅近くにて。
こっからひたすら海が見える特急の旅。
海って、ただ単に海なんだけどなんか見ていて飽きないのだよね。

むかし、それは命に関わっているからだと考えたことがある。
あと炎ね。
キャンプファイヤーの炎を延々眺めた経験を持つ人も結構いるでしょう。
それが真実かはわからないけど、そんなことを考えてかなり時間がたった今でも海を見ながらの列車のたびは好き。



s2011030925_IGP5979.jpg

まだ2番。
なんか海と原野が永遠に続くかのような幻想を抱いてしまいそうな景色。
あの岬を越えても同じ景色。そんな風に。
スーパー北斗は3時間も経てば目的地に着いてしまうと分かっていてもそのように感じてしまうのです。
そんなことを思うのも自分にとっては幸せなひととき。


2011030902.jpg

4番
あっという間に、スーパー北斗は、長万部を越えて室蘭本線に。
対向の普通列車が力強く駆け抜けて行きました。
北海道の鉄道はやっぱり力強い。普通列車までも。


s2011030901_IGP6011.jpg

そして、海が見えたり見えなくなったりを繰り返しキハ281系は爆走。
唸るエンジン音、軽快に流れていく景色海原野集落。



2011030918.jpg

そしてここでも貨物とよくすれ違う。
長くて重そうな貨物列車。



2011030905.jpg

5番
室蘭あたり。
ここらからは、工場が立ち並ぶ工業都市も多い太平洋沿岸の室蘭本線。



2011030911.jpg

そして、永遠に続かと思われた北海道の原野と海と集落と工場を眺める旅はわずか2時間ほどで終わった。
6番苫小牧駅にて。




スポンサーリンク



今回は写真がとかく多い。
写真MAP
日高が綺麗に並ぶ様似から札幌まで。



2011030953.jpg

苫小牧駅で降りてみた。
北海道を代表する都市ですがその駅はなんとも普通というか普通に都市都市している駅でした。
面白くない。

といいつつ、地方に出ると列車が少ないからか、列車に乗る前に改札があってそれより前には基本的にはホームに入れません。
ただいまより10:50分発特急の改札を始めますとか聞くと地方きたなとか感じます。
それも旅する景色。
関東の駅は基本的にいつでもホームに入れるので。


s2011030905_IGP6039.jpg

苫小牧駅の様子。
苫小牧はめっさ工業都市。
長い煙突が煙を吐き、その脇をディーゼル機関車が貨物満載の貨車を引き連れて重厚に走る。


s2011030929_IGP6042.jpg

次乗るのは、日高本線。
やはりというかローカルの象徴。キハ40の単行。


2011030939.jpg

それが高い煙突の下走るのは、個人的にはなんともミスマッチ。
それも北海道の景色。

さて、7時間の寄り道の始まり。
日高本線は出発します。



hidaka2011-2.jpg


ここで日高本線MAP
綺麗に写真が並びました。


s2011030911_IGP6057.jpg


苫小牧を出てしばらくするとキハ40は原野の真ん中に放り出されます。
キハ40にしては、めいっぱい飛ばしながらその原野を駆け抜けてゆく。
だだっぴろい原野に巨大な工場がぽつん。その脇をちっちゃな気動車が走る。

苫小牧近くの景色
1番です。




s2011030901_IGP6062.jpg

2番あたり。
浜田浦駅にて。
原野にぽつんとある駅。工場は点在するもその工場に通うのに使われているようにはとても。
その地域に走りながら、その地域の足となれない姿をみる。
多くのローカル線もそんな感じ。
もったいない。


s2011030905_IGP6065.jpg

3番あたり。
雪はあまり残っていなかったのですが、大きな川はこっちこっちに。
北海道の自然の力強さを感じる。



2011030947.jpg

4番
このあたりはひたすらに海と並走。
輝く海を見ながら、ひたすら南下。


s2011030907_IGP6074.jpg


5番
ここらの車窓はひたすら海と原野とそして空。
殆どの人は飽きてしまうんだろうなあって思いつつ。
自分はあまり飽きない。


魅せられてしまったから。

たぶん。


s2011030905_IGP6078.jpg


車内の窓が映しだすその輝く海は、絵画のようでした。
6番

s2011030910_IGP6084.jpg

7番
それでも原野と海と空。
そして鉄路。
さすがに飽きてきた


s2011030906_IGP6086.jpg

これも7番
日高線沿線は、お馬の名産地。
新冠をすぎたあたりから沿線には原野の代わりに牧場が登場してくる。



2011030948.jpg

8番
沿線最大の町。都市とは言えない規模なので町。
たくさんの牧場のある町です。
今でも多くサラブレットを生産しています。


後編に続く。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment