珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



北海道のたび。2011。函館札幌爆走のんびり鉄道たび後編。 

2011年3月6日から12日までから北海道に行ってきました。
ご存知のとおり11日に日本は未曽有の大災害に遭遇しています。
不本意に終わることになった旅です。
これを残し公開することは不謹慎かもしれません。しかし旅の過程そしてその終末に感じることも多々あり、そしてそれを自分の中で風化させてはいけないことのように思えたので残すことに。

途中までは、お気楽鉄道旅です。
自分のなかで一番風化させてはいけないと思ったことはその終末です。
もしこのエントリーに興味を持ってくださる方でお気楽鉄道旅なんぞ興味ない方は最終エントリーのみ目を通していただければと思います。

函館から、苫小牧まで爆走。日高本線で様似までのんびり冬?の乗り鉄旅。
ひたすら変化の乏しい、しかしそれでも美しい北海道の車窓が延々。


写真MAP
日高本線と札幌少々。



hidaka2011-2.jpg

日高ルートMAP
前回と同じ。

s2011030907_IGP6105.jpg

8番。
静内駅にて。
ここで長時間停車があったので写真を撮った。
うむ。なかなか北海道っぽい写真とれたんじゃないですかねえ。



s2011030912_IGP6106.jpg

駅には、温度計?みたいなのもありました。



s2011030953_IGP6114.jpg

静内を越えると沿線は牧場無双状態。
沿線には牧草を食べるお馬さんがかずかす。
9番


2011030956.jpg

10番
馬の親子も列車を見送ってくれました。
ともかくのどかーな車窓が延々。



s2011030901_IGP6127.jpg

11番
本桐駅にて。
小じんまりとした駅で降りた方が線路をまたいでおそらく自宅に。
関東では、あまり見れないけど地方ではよくあるスタンド・バイ・ミー


s2011030952_IGP6132.jpg

なんとも簡素な雨よけ。
これでも北海道の駅としてはましな方。
中にはこんな駅まで。
正直駅という概念が変わる。



s2011030905_IGP6135.jpg

この駅では交換があり、運転士さんもホームに降りて対向列車にあいさつです。



s2011030910_IGP6139.jpg

11番
鉄路はずっと遠くまで。



2011030904.jpg

12番
そんなわけで終点様似駅にて。
なんとも長閑な駅でした。
襟裳岬への玄関口でもあるみたいですけど。
もしかしたら行けるかもと思いのんびりとしていた駅員さんに聞いてみましたが
襟裳岬に行く時間はないようで襟裳岬は断念しました。


2011030923.jpg

だったぴろい敷地にぽつんと駅舎。
側ではいつ来るかわからないお客を待つタクシー。



2011030944.jpg

その雰囲気を分かりやすく表すとこんな感じでしょうか。
たまには命名してみましょうか。
作品名「終着駅」




スポンサーリンク



2011030931.jpg

あとは引き返すだけなので。
なにかが間違っているとか言わない。
来る事自体が目的なのでいいのです。

昼食。
かにめし。長万部産
かなやのかにめし
有名駅弁です。1050円。


スーパー北斗では、車内で頼むとできたてを買うことが出来ます。
予約制です。案内があるはずなので食べる人は客室乗務員さんを捕まえて頼んでください。



s2011030912_IGP6173.jpg

帰りの列車を見ながら食べました。
買った時よりは冷えていましたが、それでも有名駅弁だけあって美味しいです。
函館本線を行く場合ぜひとも。



s2011030906_IGP6201.jpg

そしていきなり戻る。
8番
静内にて。
帰宅時間か、駅には地元の高校生が。
ローカル線の多くのお客さんは学生さんです。




2011030932.jpg


さすがに、長閑な車窓に眠ってしましい・・・・
って、飽きないけど眠気は襲ってくるのです。
だって長閑なんだもの。
という感じで、うたた寝しつつ起きては車窓を撮ってみたいに進む旅路。
うたたねから目覚めた自分を迎えたのは綺麗な夕日に染まる海でした。




s2011030954_IGP6250.jpg


1番
苫小牧近くまで戻ってきた。
陽が落ちてからも工場は動き、煙を吐いて北海道を支えると。


s2011030934_IGP6259.jpg

そして苫小牧再び。
ちょうどよく、北斗星がやって来ました。
乗れないけど。
北斗星は、客車11両、電源車1両、機関車1両とか2両の計13両とか14両の長大編成で走ってます。
長い長い。



s2011030947_IGP6260.jpg

乗せてーとか思いました。
乗れないけど。
しかし、北斗星は長い。


s2011030907_IGP6264.jpg

しかし自分の叫びとはうらはらに北斗星は無常にも、走り去って行きました。

といいつつ乗れても乗らないけど、だって北海道まだまだだもん。



s2011030911_IGP6269.jpg

そして、次の列車を待っている間にも貨物列車が。
重厚に光の線をつくって通りすぎていきました。

自分はこのあとのスーパー北斗でさらに移動します。


2011030942.jpg


スーパー北斗に乗って来たのは、この場所。

札幌、北海道の中心。


続く

次回札幌にて。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。