珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

北海道のたび。2011。北のおおぞら。 

2011年3月6日から12日までから北海道に行ってきました。
ご存知のとおり11日に日本は未曽有の大災害に遭遇しています。
不本意に終わることになった旅です。
これを残し公開することは不謹慎かもしれません。しかし旅の過程そしてその終末に感じることも多々あり、そしてそれを自分の中で風化させてはいけないことのように思えたので残すことに。

途中までは、お気楽鉄道旅です。
自分のなかで一番風化させてはいけないと思ったことはその終末です。
もしこのエントリーに興味を持ってくださる方でお気楽鉄道旅なんぞ興味ない方は最終エントリーのみ目を通していただければと思います。


写真MAP
札幌から根室までの写真。
このエントリーは、釧路までだけど。


s3釧路まで


ルートMAP。
今回極めて横長。


2011031125.jpg

1番
この日は、朝ホテルをチェックアウトして東に向かう。
実はまだ行き先決めてない。釧路まで良く途中で考える。
乗るのはこの列車じゃないけど。
キハ40の6両編成とかいたので。

ローカル線用兵器だと思っていたキハ40がこれだけ長いとは意表を付かれた。
さすが札幌。


2011031140.jpg

乗るのは、これ。
キハ283スーパーおおぞら。
JR北海道の誇る、看板気動車特急です。
まさに北海道の顔とも言える、パワフルで質実剛健な列車。


2011031151.jpg

FURIKOの文字が誇らしげに。
FURIKOって何かと言うと振り子。左右に傾いてカーブを早く曲がれる。
なので速いのです。数回前のエントリーでも説明したけど。


s2011031142_IGP6498.jpg

では、出発~♪
2番
北広島当たり。広島でも北海道。
札幌を出て千歳くらいまではわりと市街地多めの景色。


s2011031106_IGP6500.jpg

3番
しかし、南千歳を過ぎるとこんなもの。
宗谷本線沿いに負けず劣らずの無人地帯を突っ走るはスーパーおおぞら。

ここは石勝線という路線なんですが、無人地帯を往く。
それも無人地帯路線のくせにわりと近年できた路線。
それでもここは黒字。
何故黒字かというと、これが道東と札幌を結ぶ幹線ルートのバイパスとして機能していたから。
ど田舎でも都市間輸送が機能するなら十分ローカル線でも生き残れる珍しい成功例。


それほど関連ないかもだけど、なぜ無人地帯に鉄道路線ができてしまったかを説明した動画。
大人の事情がかなり入っています。


8分ほど。
新しくつくっても、田舎の地方輸送は存続が難しいのよね。


s2011031136_IGP6507.jpg

4番
珍しく、無人地帯の鉄道線として成功したと言える石勝線の上には今日も、パワフルな気動車特急が豪快にすっとばすのでありした。



s2011031158_IGP6513.jpg

5番すっ飛ばして6番。
このあたりはひたすらこんな景色です。
地元の人が多いわけがありません。
というわけで、新夕張-新得の間は普通列車がなく特急のみだったりします。
この区間は18きっぷのみでも特急に乗れたりしますが、北海道を18切符で行くのは苦行なのでオススメはしません。


s2011031104_IGP6517.jpg

7番
狩勝峠あたり。
ここは、かつて日本三大車窓の一つとして大パノラマが見られたのですが、残念ながらその路線は新しくて速い路線に切り替えられ今はもうありません。
それでも、広大で気持ちいい車窓は見れますが。


s2011031125_IGP6519.jpg


あの先に広大な北海道平野を見下ろすことができたんだよねえ。


2011031150.jpg

ま、今でも広さをおもいっきり感じられますからいいっちゃあいいんですけど。


s2011031124_IGP6523.jpg


たまには、動画撮ってみました。
結構長めに。
コンパクトで動画、一眼で写真撮りながら。
結構奇異なかんじだったかもしれません。おいら。






s2011031152_IGP6527.jpg


8番
広大な大地を見ながらの旅は、帯広の市街に入る。
道東を代表する都市。
貨物列車がたくさん。

帯広市は特に大規模農家が多いらしく、農家一戸あたりの平均耕地面積は、24㌶に及ぶそうで。
ちなみに全国平均は、1.57㌶。10倍以上です。


スポンサーリンク



2011031121.jpg

そんな帯広の市街は、めっぽうな都市。


s2011031123_IGP6530.jpg

駅前も立派に整備。
これより先は、帯広ほどの都市はありません。
人口自体は釧路市のほうが多いみたいですが。


s2011031100_IGP6531.jpg

9番
そして車窓は広大な原野に戻る。
その中を爆走。


2011031131.jpg


このあたりで車内見学をしてみました。
写真は、グリーン席。国内の特急でもトップクラスの豪華さを誇るグリーン席です。
詳しくは、こちらで。
乗りたかったんですが、さすがに料金的に断念。


s2011031137_IGP6537.jpg

実は、このキハ283系。
先頭車に行くと、展望できたりします。
写真は後方から捉えた入れ違いをして過ぎ去る特急を。
ひろびろとした感じで。
10番


2011031130.jpg

お腹へったんで、車内販売で買ってみた。
バナナ饅頭
沿線の池田町の銘菓だそうで。

2011031127.jpg

中はバナナな感じ。
甘さ控えめで美味しかったです。バナナの風味もあってあっという間に全て食べてしまいました。


2011031144.jpg

後方展望はいけたから、前面も行けるかな?といって見ましたがご覧のとおり通行止め。
残念。
景色を見たいなら後方の方が良さそうです。


s2011031130_IGP6539.jpg

もう12番
厚内駅を通過。
もう特急停車駅以外は、全てが秘境駅然とした感じで、駅の周りにも何もありません。


s2011031129_IGP6544.jpg


厚内を過ぎたあたりから、海沿いを往く。
海と原野に挟まれながら特急は、時速130Kですっ飛ばしながら釧路に急ぎます。
13番


s2011031111_IGP6545.jpg

海の反対はこんな感じ。
この原野は、何にも使われていないのかしら?


2011031103.jpg

14番
車窓には、工場の煙突が。
釧路が近づいてきました。
札幌から350K程の距離を4時間弱であっという間に駆け抜けてしまいました。


2011031119.jpg


釧路駅にて。
札幌から来た列車は、増結してすぐに札幌まで折り返すようでした。
まったくもっとお疲れ様です。


さてこのあとですが、車内で色々検討した結果、根室まで行っちゃおうと。
根室に行って納沙布見ても釧路まで帰れそうだったので。
釧網本線を北上し温泉に入るという選択肢も考えてみましたが、東の果てを見ようかなと。
よってさらに、今度は普通列車(快速だけど)でさらに東へ東へ。

この選択が、まあ文字通りこの旅を揺るがすことになろうとは。
このときの自分はまったくそんなのかけらも思ってなかったんだけどね。

この度もそろそろ終焉に向かいます。
続く。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment