珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



北海道のたび。2011。根室を目指す。 

2011年3月6日から12日までから北海道に行ってきました。
ご存知のとおり11日に日本は未曽有の大災害に遭遇しています。
不本意に終わることになった旅です。
これを残し公開することは不謹慎かもしれません。しかし旅の過程そしてその終末に感じることも多々あり、そしてそれを自分の中で風化させてはいけないことのように思えたので残すことに。

途中までは、お気楽鉄道旅です。
自分のなかで一番風化させてはいけないと思ったことはその終末です。
もしこのエントリーに興味を持ってくださる方でお気楽鉄道旅なんぞ興味ない方は最終エントリーのみ目を通していただければと思います。


写真MAP
札幌から根室までの写真がまとめて。


s根室まで

根室までのルートマップ。


s2011031115_IGP6555.jpg


1番
釧路からは、快速ノサップ号に乗り込む。
かわいいかわいい、一両編成。
釧路から先に行く人はぐっと減るみたい。

特急でもないし車内販売もない。車掌さんに「途中で駅弁買えるような駅あります?」と聞いても無いようだし、ノサップ号が出るまであまり時間ないようだしで、急ぎ釧路駅で駅弁を買う。


2011031123.jpg

駅弁を買って乗り込むとすぐに発車。
釧路駅のまわり。
広々とした街並み。


2011031113.jpg

2番
しかしちょっと走ると車窓は、ひたすら原野に。
釧路までよりより人の手が入ってなさそうな景色が続く。


s2011031107_IGP6560.jpg

3番飛ばして4番
またしても車窓は海。
しかしなんか面白い。
鉄道旅は、特急より鈍行の方が味が出るのかも。
今回は、快速だけど。

普通のほうがでも旅が楽しいのは事実。
長閑な駅にも止まってくれるし、対向や追い越しで列車の写真も撮れたりするので、ダイヤや時間が許すなら鈍行のほうがおすすめかも知れない。


s2011031109_IGP6566.jpg

5番
厚岸湖のあたり。
湖が凍ってました。
北の自然はなかなか厳しい。


s2011031149_IGP6569.jpg

湖面はかっちんこっちんに。
すげーとか、見ていたり写真を撮っていると、急に列車は減速。
・・・!?
とか思っていると、運転手さんが話しかけてくれました。



s2011031130_IGP6570.jpg


前面を見るとかっちんこっちんに凍った湖面の上を何かが。


2011031134.jpg

運転手さん「鹿ですよー」
鹿の家族?でした。
北海道の自然は厳しくもほのぼの。


s2011031137_IGP6574.jpg

そしてその中を走る列車の運転手さんも気さくだったりします。
運転しながらおばさんに話しかけられても、嫌がらず対応されていたり。
いや、運転中の運転手さんに話しかけちゃいけないんですけどね。
だめですよ。
でも、そんな風景を見ながら時間がゆっくりすすむような錯覚を感じました。
ゆるやかにすすむローカルの景色。


s2011031129_IGP6577.jpg


6番
この列車、運転席も丸見え、仕切りこそあるけど、壁はなく思い切り景色が見えます。


s2011031102_IGP6583.jpg

7番
ひらすらに、大地と空。


s2011031116_IGP6587.jpg

7番
茶内駅にて。
なんか北海道っぽい景色だなー
自分の北海道のイメージはこんな感じ。


s2011031119_IGP6589.jpg


7番
まっすぐ鉄路は遠く遠くまで。
北海道の景色。




スポンサーリンク



2011031152.jpg

このあたりで買った駅弁を。
かきべん。
わーい。


2011031117.jpg

中身。
かきがたくさん。
わーい。


s2011031140_IGP6599.jpg

8番飛ばして9番
流れる景色を見ながらかきべん。
広大な大地を見ながらかきべん。

このかきべんは、HIT。美味しかったです。
有名駅弁とかじゃないみたいですけど、ごはんにも牡蠣の風味が染みこんでてよかったー。
釧路駅で買えるはず。


2011031156.jpg

まだ9番
沿線には牧場が。
この辺は、原野原野、林業、牧場、原野、町みたいな感じで。


2011031137.jpg

10番
厚床駅にて。
駅前には原野が。
これでも根室本線有力駅。


s2011031155_IGP6603.jpg

11番
列車はそろそろ終着に。
それでもやっぱり景色は原野。
広大な。


s2011031100_IGP6604.jpg

このあたりでは、崖が見えたりして。
日本の果ての景色は明らかに日本ぽくない景色で果てそのもの。
驫木駅とはまた違う果ての形。


s2011031109_IGP6607.jpg

12番
落石駅にて。
さっきと似たような写真っぽい。
しかし、いい感じの写真だからいいのです。
北海道の景色。


s2011031142_IGP6609.jpg

これも同じく。
正面の林が邪魔とか言わない。



2011031128.jpg

13番
東根室駅
実は、日本最東端の駅。無人駅。
残念ながら快速ノサップは通過。
この日時間があったら来てみようとも考えていましたが、諸事の事情によりそれどころじゃなくなりましたが。


s2011031130_IGP6614.jpg

そんなわけで、日本最東端の有人駅。


s2011031138_IGP6615.jpg


快速ノサップで2時間ほど。


2011031102.jpg



着いたのは、日本最東端の町”根室”でございます。


続く。

納沙布岬を見に行く。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。