珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



北海道のたび。2011。日本の東の果て。 

2011年3月6日から12日までから北海道に行ってきました。
ご存知のとおり11日に日本は未曽有の大災害に遭遇しています。
不本意に終わることになった旅です。
これを残し公開することは不謹慎かもしれません。しかし旅の過程そしてその終末に感じることも多々あり、そしてそれを自分の中で風化させてはいけないことのように思えたので残すことに。

途中までは、お気楽鉄道旅です。
自分のなかで一番風化させてはいけないと思ったことはその終末です。
もしこのエントリーに興味を持ってくださる方でお気楽鉄道旅なんぞ興味ない方は最終エントリーのみ目を通していただければと思います。

写真MAP
ほとんど納沙布の写真。
s納沙布

根室納沙布ルートマップ。


2011031101.jpg

1番
根室駅からは、納沙布岬行きのバスが出ています。
この時期は路線バスのみですが、列車と接続しているようですのであまり困らないかと。
根室の街並みは、海が見える。
街全体が高台にあるみたい。



2011031107.jpg

3番当たり。
納沙布岬はそれなりに遠い。
バスで30分くらい。
途中は、だいたい原野。
とはいえ、宗谷岬当たりよりは集落も多く明らかに人々の生活があるようでした。




2011031155.jpg

4番
納沙布岬に着きました。
やはりオフシーズンか、ほとんど人はなく・・・
数名バスが降りた人が居る以外は閑散としたもんです。
ほとんどのお店も閉まっていて一軒だけ空いていた待合室件お土産屋に荷物を置いて散策。



s2011031151_IGP6616.jpg


立派なモニュメント。
あの先に北方領土が。
納沙布の特徴ですが、各所にモニュメント、資料館などがあってあることを主張している。

北方領土を返せ。


納沙布は、ただ東の果てというわけじゃなくて、歴史的・政治的色合いを濃く主張する土地でした。


2011031110.jpg

広場の近くには、展望台も。


s2011031155DSCF2808.jpg


下から見上げてみる。
入ってみるかと入ってみようとしたところ・・・
高い。800円くらいだったかな。調べても正確な値段がわからず。

高いなあとか思って登るのはやめました。


スポンサーリンク



s2011031155_IGP6617.jpg

この日ラッキーな事に流氷が見えました。
流氷は数年に一度しか見れないみたいです。
そしてその先には、、国後島が。


s2011031132_IGP6619.jpg

手前が日本。海と流氷を挟んで国後島。
たぶん日本の領土。


s2011031103_IGP6620.jpg

カメラを望遠にレンズに帰ると、国後はとても近くに見えました。



s2011031125_IGP6621.jpg

結構大きな島みたいです。



s2011031133_IGP6622.jpg


近くに見えるけど遠い遠い遠い島です。
なんか感傷的な気分でしばらく眺めていました。


s2011031123_IGP6628.jpg

広場には、返せと刻まれる。
なかなか難しい問題をはらむと思いますが、とりあえず返せの署名に名前を書いておきました。



s2011031153_IGP6630.jpg

方向を変えれば、歯舞諸島も見えました。
こちらは、山とかじゃなくて平べったい島です。
たぶん何もないんだろうな。



s2011031135_IGP6633.jpg


そんな、人の感情も染み付いたような土地ですが、それでも陽に輝く海はとても綺麗に見えました。



s2011031154_IGP6627.jpg

下をみればかもめ?が。
そんな土地でもかもめは普通に暮らす。
そして人も。


2011031135.jpg


最後に納沙布のそら。
綺麗な綺麗な青空でした。




続く。
最終エントリー
東の果てで出会ったのは大きな大きな出来事。
そして自分に訪れた小さな悲劇と小さな決意の話。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。