珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



何故、自分は「日本の政治は三流」に疑問を持ったのか?。 

さてはて、時事というか、政治論というか、マスコミ論というか、メディアリテラシー論というか、もっとよくわからないものです。このエントリーは。
この頃いろいろ疑問に感じていたことをまとめてみようかと思いまして。

あくまで、自分の考えよ。
全く正しくないかもしれないし、ちょっとは真実をついているのかもしれないし。
一部頓珍漢かもしれないし、全部頓珍漢かもしれない。
けど、見た人がどこかの部分でも、「ああ、これは今までなかった視点だ」とか思い、それについて考えてくれる事があったらいいなとこれを残す。
うそ、そういう部分もあるけど備忘録的なものかな。あとで自分で見返してあの頃馬鹿だったなーとか、ああこれ忘れてたとか、未来の自分に投げる意図があったりします。


さて、それをまとめるに当たって一つの命題を投げてみる。
これは一つの命題だけど、別に他のことでもいいと思うんだ。例えば「天下りは悪いことなのか?」とかでもいいし、「日本の未来は暗いのか?」でもいい。「誰が総理でも一緒なのか?」でもいい。
とにかく、できるだけそんなん当たり前だよーってことがいいかもしれない。
同じように思考を繰り返せば今までと違う結論がひねり出てくるかもしれない。


さて、長いぞ。めっさ長いぞ。
長いのに付き合ってくれない人は太字の部分のみ付き合ってくれてもいいかもしれない。
それがあなたが自分に問いかけたことのない質問とかならその答えは今まで是としたきたものを壊すものかもしれない。

日本の政治は三流なのか?


その問の答えってこれらに左右されると思うのですよ。

マスコミがもたらす情報をどう処理していくか?

今与えられている現在というときをどう評価するのか?


なぜこう思うのか説明する。
下のほうが、説明が短くて済むから下からね。

与えられた今というときは間違ったものなのか?

この問に「そうだ!今は最悪の選択を積み重ねてきた。」なら、どっかにその原因を探さなければなりません。
政治は格好の的になるんじゃないかな。いや、自分は本当に政治が三流であってその原因であることを否定はしないよ。
「いいこともあった。けど悪いこともたくさんあった」ならその悪い部分の処も同様。
「悪いこともあったけど、仕方ない選択がほとんどだった」なら、あまり政治このやろーとか思えない気がするし。
「いままで先代がつくってきた今は間違いなんてない」とかなら、もうあまり悪いところを探して正してやろうという発想にならないんじゃないかな?励ましならあるかもしれないけど。

極端に言うと・・・
悪いと捉えるなら、それをつくっただろうもの?を批判したくなるだろうし
良いと捉えるなら、あまり批判になりません。

良いと思うことは批判できないのです。
もしあなたが何らかの批判的な考えを持っているなら、どこかでこの問いにYESと考えている証左になるんじゃないだろうか。つまりどこか間違った今が与えられていると考えているということです。

あなたは、この質問にどう答えるだろうか?


さて上。
長い。

まず考えて欲しいのは、「日本の政治は三流」の根拠です。
何故あなたはそのように思うのか?です。
考えれば至るはずです。それはマスコミが報道したものを情報源としたものを根拠とすることに。
「政治は三流」を形作ったものはマスコミがもたらす情報からであると至るはずです。
個人のブログとかも元々はマスコミがもたらす情報が根拠であることがほとんどです。これもマスコミの情報をどう処理したかという話になります。
自分は、個人のレベルで政治というものをマスコミ以外を情報源として、総括的に判断したものは正直見たことありません。

そのことを念頭においてこの質問を投げるよ。

マスコミは、あらゆる事象を公正に自らの解釈を加えずに記事にしていくか?
そして
マスコミは、「日本の政治は三流」が好きか、「日本の政治は一流」が好きか?

我ながらこれすごい質問だなあ。とか思うけど。
これが公正じゃなく三流が好きならもう既に、日本の政治は本当に三流なのかはもう怪しい。
だって「日本の政治は三流」という考えが好きなマスコミから、公正じゃない情報を浴びせ続けられて、そこから考えて「日本の政治は一流」という結論に至るわけ無いもの。
あなたの今持っている結論を導き出した根拠は非常に偏っている可能性を持っています。もしかしたらそうかも知れません。
木の材料をいくらううまく処理したって石の城が出来るわけがありません。
もしかしたら、似たようなこと、起きてるかもしれませんよ?


なんども言うけど、自分は政治は三流を否定してないし、ましてや一流なんても言ってないよ。ただそれがもしかしたら疑問を持っていい事かもしれないと考えているだけ。


その判断がつかないなら知る必要があります。
マスコミがどんな存在であることかを。

ここがいい。

http://ansokuwww.blog50.fc2.com/blog-entry-587.html
55から本編。「やる夫で学ぶマスコミ」
55までが気に入らない人も居るだとけど飛ばして55から読んだほうがいいと言っておきます。
111まで読んで興味もったら次行きましょう。
中編
http://ansokuwww.blog50.fc2.com/blog-entry-591.html
後編
http://ansokuwww.blog50.fc2.com/blog-entry-597.html


まとめるとマスコミは以下を大事にするというか迎合します。
1.情報の受け手
2.情報源
3.そのマスコミ自体が持つ考え(記者の考えとか)
4.広告主
5.圧力団体


これが真実をついているかどうかはわかりません。しかし疑問に思うなら、例えば「マスコミは情報の受け手が望まないものを記事にすると思う?」という質問とかしてみるといいかも。
自分はNOなんですけど、案外読者が望まぬ記事でも、社会正義の為とかの理由で必要な記事は記事にしてるとかしてるかもしれないけど。


コレが正しいならそれは宿命みたいなものです。
激しくこれらに制限されています。迎合します。
何故か?
マスコミが、上に挙げた1から5のものに嫌われた場合を考えてみるといいかもしれない。
読者視聴者に嫌われたら?広告主に嫌われたら?情報提供受けられなくなったら?等
業務がしにくくなったり、衰退あるいは、破滅に近づくことが想像できるんじゃないでしょうか?
それを自ら望むでしょうか。

だからこれらに”迎合するため”の題材を取捨選択し、それに合うように切り口を変えます。
編集権というものです。
ある事象を記事にするのか。記事にするするならどの部分にフォーカスしてどこを取捨選択するのか。大きさや場所はどうするのか。は、マスコミに委ねられています。
この編集権を侵されることをマスコミ非常に嫌います。生命線そのものだからです。
気になるならこれを記事にしろということを言って成功した例を探してみてください。
失敗した例は、たくさん出ると思いますけど。


これを踏まえてもう一度投げとくよ。

マスコミの主張することは公正なのか?
そして
マスコミは、”日本の政治は三流”と主張するのを好むのか?好まないか?

さらにもう一個意地悪な問も加えてみよう。
情報の受け手である人々は、”政治は三流”と主張されるのを好むのか?嫌うのか?


さっきと同じ答えが返ってきましたか?


続けるよ。
その編集権が行使されることであることがおきそうです。
事実が如何あれ、マスコミはそれを記事にするとき、その与える印象を操作できる。
恣意的に使われるなら、そら恐ろしいことですね。
そうでないといいですねー

ここで・・

「財政は大借金で、財政破綻!」という記事をつくるとき、バブル以後も国民所得が増え続けていることにフォーカスした記事を載せると思いますか?大きく扱うと思いますか?

自分は、載せないですけど。だって大きく扱った記事を邪魔するもの。
まあ、この質問の内容にどういう解釈をするべきかは分かりませんよ。政治がよかろうが悪かろうが同じ結果かもしれないし、政治がよければ借金も増やさずに国民所得も増えたかもしれないし。
バブル崩壊の不動産価格が9割くらい落っこちる事なんて国民所得とは関係ないかもしれないし。
政治は無能だった。と見てもいいし、政治がよければ、財政は真っ黒でかつもっと国民所得が増えてたとかでもいいし、政治は財政を犠牲にして国民所得を守ったでもいいのです。
もちろん政治がしっかりしてないからバブルが起きたでもいいよ。
もうどう解釈したっていいよ。

だってその記事を見てそれをどう解釈するかは、読み手に委ねられているのだから。
このエントリーで自分が投げた質問だって同じことが言えるのよ。どういう答えを出したっていい。


しかし仮定してみる。
もしかしたらその根拠とするものは、誰かに迎合して作られてきたかもしれない。
そしてあなたは、今までその考えの根拠としてきたことにあなたの解釈を加えることができることを知った。
それは、その根拠をつくった者が意図するメッセージとはちがうものだっていい。
その仮定をした上で以下の質問を投げてみるともしかしたら今までとは違う結論が出てくるかもしれない。


日本の政治は本当に三流なのか?





スポンサーリンク



先に進む。

余談的な人の話といえるところかな。
ここは、あまり根拠ないかもしれない。いい加減きわまりないかもしれません。

人の哀しいサガみたいなお話ですが、
人って、批判的であることのほうが頭いいと思われるのです。
違うかな?頭がいいと批判的になり易いのです。
だってそうでしょう。頭いいと欠点を見抜けるから。
そして欠点を指摘する方が人に訴求力があるから。
特に頭のいい人ほど欠点というものに反応するような気がしています。
だって、それを認知できるのだから。


大体においてこのままじゃいけない!って最初に叫ぶのは頭いい人です。
マルクスしかり、レーニンしかり、東大紛争しかり。


さて、マスコミは、頭いい人の集団です。
この点は、あまり異論ないと思いますけど。
要するに欠点を見抜き、それを表現できる集団です。
自分はね。その中で多くの人達は、このままじゃいけない!という結構良心的な気持ちで記事を日々作成していると思うのです。それこそ根拠はないけど。

でもね、自分は一方でこうも思えるのです。
欠点を指摘してそれをけしからんと言う事と、今やっていること今までやってきたことでいいことを抜き出し評価すること。
どちらが、(どちらがという話でもないですけど)良い未来を作るかは、正直わからんなあと。

そう思いつつ、マスコミは特に政治に関することなどは、欠点を正してこれじゃいけないという視点ばっかりで、やっていることを評価しようという視点は、少ないんだよなあと感じています。
基本的に、問題点をスルーしてやっていることを肯定的に捉えるのは馬鹿っぽい行為だからか、頭いい人には難しいだろうなあというふう感じる次第です。


さて戻る。
質問を投げてみる。
怒涛にw
上に延々連ねて来たところを踏まえて、問いかけると面白い答えが返ってくるかもしれない。
政治は官僚に変えてもいいかもしれない。もっと別のものでもいいよ。
これはには自分の考えは差し挟まないよ。ちなみにとりあえず自分もこの中で否定的な答えが出てくる質問もけっこうあるよ。そこは、どこかしら、「今は間違っている。何かが悪い」という考えを持っている証左だなあと思ってます。



日本は、世界二位の(今は三位みたいだけど)経済大国になりました。無政府状態でこれを達成できたか?

世界二位の経済大国になることに政治の貢献はなかったのか?それとも足を引っ張っていたのか?

世界二位の経済大国になったけど人々の暮らしは全然良くならなかったか?

日本の治安がとてもよく、半世紀以上戦争もなく平和でした。その結果は政治が足を引っ張って来た上でもたらされたものなのか?それとも貢献があったからこその結果なのか?

政治が三流が本当なら、世界で有数な豊かさを実現し、平和で安全で、そして多くの人の尊敬を得られる国として歩んで来れたか?

政治は、本当に悪いところばっかで、いいことなんて一つもなかったのか?

政治にもいいことはたくさんあったけど、悪いところばかりひっぱりつつかれたあげく政治は三流というレッテルを貼ってしまってない?

むしろいいところの方が多かったのに悪いところだけ見て、まさに木を見て森を見ずになってしまってないか?

政治は三流は、まさに疑うことも許されない絶対間違いのない真理であるのか?

ねえ、あゆんで来た道はそんなに間違いだらけなの?

ところで、情報の受け手であるあなたは、政治が三流と書いた記事と、政治は一流と書いた記事どっちを評価する?ていうかどっちが好き?w

もっと言うなら、人をバカにした記事って心地よいよね?ww



ふふふ、答えは闇の中。
これらの答えにあなたはどういう答えをだしてもいい。

もちろんいいのです。
間違いなく政治は三流で疑いない。これからのために変えなければならない!
その結論でいいです。
自分は、その命題が疑ってもいいんじゃない?って言ってるだけで、結論はそれでも三流であることは十分あり得ると思うし。
それに変えなければならない!よくしなきゃならない!は、世の中をよくするパワーになると思うし。
実際問題、問題は山積みだと思うし。国難といえるかもよ?

もし、このエントリーを見たりして、ちょっとでも影響を与える事があるなら書いた甲斐もあるというもの。
だって自分は、思うもの。
コレまで来た道を是として、これから道をふさぐ岩をどけていくことと、コレまで来た道を否として、これから道をふさぐ岩をどけていくこととで、岩をどけた後に出てくる道は違うものになると。


未来の自分に向けて。
そしてちょいとのぞき見てくれた方にありがとねと言いまして最後に質問。


本当に日本の政治は三流なの?


その答えは・・・


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。