珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

江之島、かもめ視点。その2。 

なぜか最近江の島に行って写真とか撮ってきたのですが、テキトにアップしてみる。
ひねた構図は相変わらず多いですが、それは表現です。ええ表現です。
けして性格がひねているわけじゃありません。
位置情報はありますが、面倒なので全部江の島近辺で撮ったので地図はアップせず。


sIMGP8703.jpg

おそらく地元の人は行かないだろう江のスパ前のベンチにて。
何故かモノクロ。


sIMGP8716.jpg

本州側の突き出した部分にて。


sIMGP8714.jpg

天気か平日かビーチには人はあまり。
それでも支える人はしっかり支えると。

sIMGP8717.jpg

その上で来た人はそれなりに海を楽しんでいるようでした。
もっとも海の家の中の人はそれなりじゃ困るようでどうみても海の家を使わなそうな自分らに対しても営業攻勢が激しかったです。


sIMGP8718.jpg

江の島は漁港でもあります。
ノーテンキに遊んでいる人たちの影で黙々と魚と向き合っている漁師さんの姿が印象に残りました。
いや、別にノーテンキに遊ぶことを悪く言ってないですよ。
海に遊びに来た時くらいノーテンキに遊んで下さい。


sIMGP8721.jpg

錆びた鎖と浜辺。
ええ、意味などありません。

sIMGP8725.jpg

珍しいかどうか走らないけど鳶?が。
船のマストで一休みしてました。



sIMGP8726.jpg

釣りしている人が多数。


sIMGP8730.jpg

これもあまり意味なく撮った写真で。
今思うとポールの塗料が剥がれた部分にフォーカスしたら面白い絵になるかもとか思ってますけど。



スポンサーリンク



sIMGP8733.jpg

霧に富士が霞む江の島海岸。


sIMGP8735.jpg

砂に書いた名前消して波は何処に帰るのか

海に決まってます。

とかいいながら、砂に書いた想いもいつか海に帰るのねとか思ったりもしなくもない。



sIMGP8740.jpg

なぜか江ノ水来てみた。
海の生物キレイです。


sIMGP8744.jpg

海の中優雅です。

sIMGP8745.jpg

スキューバはしないけどしたがる人の気持ちはわかるかもしれない。



sIMGP8747.jpg


イルカショーも見てみた。
意味なく人々を楽しませるために飛び上がるイルカさん。



sIMGP8755.jpg

ミュージカル?にあわせてイルカが飛んだり跳ねたりするんですけど、内容全部覚えているのかなあとか気になりました。
10数分くらいでしょうけど、内容覚えてるならすごく賢いなあとか感心しました。
合図とかに反応しているのかもしれないけど。


sIMGP8756.jpg

イルカは豪快に波しぶきをあげ。
マジパネェっす。

この江ノ水浜辺のほどほど感と違い盛況でした。
ショーの人の入りから日々の売上を考えていた自分はやはりひねているかもしれない。
単価は2000円でこの入りなら平日でだいたい500万前後かなあとか。


sIMGP8758.jpg

そんな世俗的な自分をごまかすかのように飼育員さんとイルカの愛の画を乗せつつ


sIMGP8760.jpg

さらにイルカさんの愛らしい姿をもって江の島は終了です。

江ノ水初めて入ったが、なかなかオススメできるかもしれない。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment