珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

群馬いなかたび。その1 

18きっぷ群馬ワンデーパスを使用して、緑と青空を見てきました。
写真で振り返る。

極めて乗り鉄旅です。もう車窓と益の写真くらいしかありません。
その筋以外の人に訴求力はないよな気もしますが、その中でも訴求力あるかなあ?と思う写真をチョイスしてみる。



sIMGP8769.jpg

今回は群馬の方に向かってみました。
湘南新宿ラインのグリーン車から。
きっぷとスマホと流れる郊外の車窓。
18きっぷは、普通列車のグリーン車なら併用可能です。途中での乗り換えもアリ。
長距離をこなそうと思えば、普通に熱海-高崎間をグリーン車で乗り通せたりします。
急いでないなら、なかなかオススメな組み合わせかも。


sIMGP8774.jpg

夏らしい雲が見えてきた。


sIMGP8780.jpg

車窓を見ていたら結構あっという間に高崎についたりします。
時間は結構すぎていますけど。
で、なんか懐かしい色の電車に乗ってみた。


sIMGP8781.jpg

電車に乗って、気づくと窓のサッシに落書きが。
「記念日」描かれたのは昭和だそうで。
古い電車の落書きを探して、その時やその思いに思考を走らせてみるのが結構楽しみ。



sIMGP8789.jpg

さて何処へ向かうか。
青空と緑は、記憶の中のケシキを連想させてくれるかも?
お弁当は、高崎で買ったとりめし。


sIMGP8791.jpg

まだお弁当食べない。
すすむほど、呆れるほどに青と緑が増えてくる。


sIMGP8792.jpg

どれだけお弁当で引っ張るんだって感じですが、お弁当あったほうが旅の絵になるからいいのです。
お腹へって食べてー食べてー思いながら撮りました。
その窓の外を学生さんが盛り上がりながら電車を降りていく。
あれはきっと昔の自分なんだとかテキトーなこと言ってミスリードを試みる。
そーそー旅すると昔の自分に会えるんだぜ!とか更にテキトーなことも言ってみる。


sIMGP8795.jpg

はい、今まで写真にWBや、モード変更で事実と違う演出していました。赤みがけしたり、色彩を抑えるとなかなか懐かしい画になるかも。
普通に撮るとこんな感じ。
呆れるほど、青で緑でそして美しい・・・気がする。
たぶん、ここだけじゃなくて都会からでも2時間も使えば何処でも見れる景色。
そんな景色でも美しいと思えるのです。
もしかしたら、そんな景色が人の記憶と繋がりその人を潤してくれる。
そんな気もするのです。
だとしたら、時々でもそれをしないのはもったいないじゃないか。
で、お弁当まだ引っ張ります。

sIMGP8796.jpg

あけました。
とりべん。美味しかったです。



sIMGP8799.jpg

とりべんと空。



sIMGP8800.jpg

8月の雲はとても綺麗でした。
雲は天才です。やっぱり。




スポンサーリンク



sIMGP8806.jpg

からっと澄み渡る空!
原色の緑!
8月だあ。


sIMGP8814.jpg

窓の取っ手からは、走り続けたその年月の長さが感じられました。


sIMGP8826.jpg

はい。ここで、行き先を明かす。
吾妻線の大前駅でした。
なんにもない、一日に5本しか列車が来ない忘れ去られたような駅です。
降りた人は数人で、その半分は自分と同じようにただ乗りに来ただけの人で電車の写真とったりしてました。
沿線には、草津を始めとした温泉が目白押しだったり、上野から特急が直通したりしてなかなかの観光路線だったりしますが。
自分は時間の都合で草津断念でしたが。
「くさつェ・・・」とか思わないまでもなかったですが。



sIMGP8829.jpg

花を撮ってみた。ピント合わせは失敗っぽいが。
ふと目を向ければ花が人知れず咲いているのですが、他の人はあまり花には興味ないようで湘南色の電車を撮って早々に電車の中に引き上げていたりとちょっともったいないなあとか思ったり。


sIMGP8831.jpg

寂れた駅の側の寂れた踏切の寂れたレール?



sIMGP8832.jpg

花ですよ。
思えばここまでちゃんと電車の顔を撮した写真がありません。
いや、わざとしているんですけどねえ。


sIMGP8835.jpg


そして、最後もやっぱり花。
誰も車を停めることもない駐車場の脇に可愛らしい花が咲いていました。

え、電車の写真ここでも見とけばいいと思います。


続く。
温泉にも入らず高崎方面に戻るんですけどねえ。
草津の立ち寄り湯は行きたかったなあ。うん、後日の宿題で。
スポンサーサイト

写真 国内旅行 鉄道旅 群馬

Comment

Add your comment