珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

Lightroom(ライトルーム)を買うのこと。 

ライトルームを買ったのである。

ライトルームって何よ?って知識のない人にはとても説明が面倒なソフト。デジカメ関連のソフトなんだけどね。
まあ説明しますとねデジカメは普通は撮した映像を、デジタル加工してJPEGという形式で記録します。
例えば、鮮やかめにしたり、明るめにしたり、モノクロにしたりとか、いろいろ。
デジカメは、デジカメが見たとおりに写真にしないのです。デジカメが見たものをちょっくら修正して写真にするのですね。ついでに要らなくなった部分は消してしまって軽くもなるんですけど。

そうやって加工して出来た最終的な絵が写真として記録されるんです。
例えば、デジカメなんかには”風景モード”とかあったりしますが、あれはカメラに写し撮った画像をこう加工してねという意味だったりします。メーカーが風景をキレイに見せるのは絵をこうすればいいでしょ?と予め用意された修正を画像に加えて、あんな風景写真になるわけです。


そんな中でデジカメでも一眼とか高等なものは、画像ファイル形式にRAWファイル形式という、加工する前の状態で写真を記録できるものがあります。
要するに写し撮った素の映像です。デジカメが見たまんまの写真にします。
見たまんま記録したから、あとは持ち主がいじくってくれや。ということです。
いじりやすように記憶した情報みんな残してやるからそれを使って料理しなって感じです。

JPEGの画像が、プリントした”写真”なら、RAWの画像は”ネガ”にあたると考えればそう間違いじゃありません。
メリットはというと、加工するまえの状態なので、後で加工を試行錯誤してやり直したりできるのがメリットです。
一つのネガから、いろんな写真を生み出せるのです。画質を落とさず。
こんな絵にできるのか~と楽しんだり、一番よく見える絵を追求できたり出来ます。撮したあとで。
そんなところでしょうか。メーカーごとに違うRAWがあるとかここでは深く掘り下げません。


しかしRAWファイルはネガなので現像しなければいけません。
現像室にあたるものが必要です。
それに当たるソフトの一つが、このライトルームというわけです。
RAWを記録できるデジカメを買えばその現像室はついているものですが、やっつけな現像室をつけてくるメーカーさんのものでは満足ならぬって人のためにアドビさんが用意した現像室という事になりましょう。

というわけで、このソフトのメインの機能は、RAWというネガから様々な形にJPEGという写真を生み出す事となります。JPEGから作るのも出来なくもないですが、それならフォトショップ等の画像編集ソフトの方が本職となりそうです。
というわけでこのソフトは、一眼等使ってRAW形式で写真を撮るけど、カメラ付属のソフトでは満足できない人以外あまり買う意味が無いかもしれません。
写真撮ったあとにさらに写真を画質を落とさずいじくりたい。そんな人じゃなきゃ宝の持ち腐れになりそうです。

あと、写真の管理機能も優秀だったりします。写真も探しやすく、写真情報の修正もラクで結構サクサク動きます。
そのあたりの目的なら・・・と、言いたいところですが無料のピカサ辺りでもかなり使いやすいと思うのでやっぱり一眼ユーザー向けかもしれない。


そんなソフトがライトルームなのである。


何故買ったかというとAdobeらしくない安売りを発見したので。

特別提供版ということで、なんかソフトを持ってなきゃいかんということで、この際だからPhotoshop® Elements 9 & Adobe® Premiere® Elements 9セットも同時購入。まだ来てないけど。

ライトルームは、その他製品がなくても無事インストールできました。
セットが来たらAdobeにそのシリアルナンバーを申請しなくてはいけないみたいなので来たらやる。

20110910312011091031.jpg

メインのライブラリ画面です。
なかなかにインターフェースがiTunesです。
スマートコレクションとか言ってまるまるスマートプレイリストだし、各種フィルタもかけられます。
フォルダ参照もできて写真探すの便利です。
基本は写真を探して選んで、どう処理するのよ?って選んでなんかするって形ですね。
主に現像って事になると思います。



s-1_20121004034514.jpg

写真を一枚選択するとか、フィルタや、コントロール+Aとか、シフト+クリック、コントロール+クリックとかで複数選択してライブラリ右上で何をするかを選ぶわけです。
当然複数選べば複数を一括処理する事ができます。

写真の見栄えを調節しファイル出力する”現像”の他、スライドショーを作成しPDFやビデオファイルで出力できる”スライドショー”、写真にいろいろな感じでプリントとかファイル出力できる”プリント”、写真ライブラリをそのままHPにできる”WEB”なるものもあります。
現状”現像”以外はオマケ程度かもしれません。専門のソフトほどはいろいろできないでしょう。


s-2_20121004035029.jpg


おそらく一番多くするだろう現像処理の画面です。
画面表示方法も複数選べ、これは処理前の写真と処理後の写真を両方半分で比較するものです。

こうやって選んだ写真を「どう現像するのよ?」ってところを右のパネルを操作して納得の行く絵が出てきたら現像といいますか、ファイル出力して写真の出来上がりというわけです。
もちろんその設定は保存されて現像設定をした後に、プリントしたりスライドショー作ったりするのもできます。
そして気が向けばいつでも初期化して撮った時の状態に戻すこともできます。
擬似的に写真をコピーしたようにも扱えます。同じ写真を明るい感じと暗い感じ両方用意したりね。


また左側には、Adobeさんとかが用意してくれた自動のデコレーションもあったりします。
プラグインタイプなので有志の方が作ったものを拾ってくればそれも入れたりあるいは、自分で作った現像設定も記録したり出力もできたりします。

基本はこちらをいじってればいいんじゃないかと。で、それだけで納得行かないなら右でこまかい修正をすると。
現像の際、このソフトは元のファイルを変更したりしません。
安心していじくり倒せるわけです。

また現像で写真のゴミ取りとかトリミングとかの軽い画像処理ならこなせます。
このあたりの本職はやはりPhotoshopあたりになりそうですけど。


2011081831s本絵

というわけで、この写真をいろいろいじってみました。
この写真はRAWファイルというネガから何も修正をせずそのまま写真にしたものです。
つまりカメラが見たそのままの景色ですね。
ちなみに先ごろ岐阜に行ったときに乗った樽見鉄道の糸貫駅で撮った写真です。


さてこの写真がどのように現像できるのでしょうか?


スポンサーリンク



2011081831swow-f_Vignette_Lt-02.jpg

ここでみつけたプリセットで作りました。無料。
swow-f_Vignette_Lt-02というプリセットで作成。
簡単にちょっとほわっとした絵になりました。


2011081831sポジプリント調

デフォルトで入っていたポジプリント調で。
メリハリのある絵に。夏っぽくなったのではないでしょうか。


2011081831sカラークリエイティブ昔風2

Adobe謹製カラークリエイティブ昔風2で。
なんかむかーしな感じになったかもしれません。
撮ったのつい最近でもそんなのお構いなしです。


2011081831sいろいろ2

プリセットは組み合わせても使えるようです。
いろいろやったらこんな絵に。
なんか淋しげになってしまいました。



2011081831.jpg

もっと調子に乗っていろいろプリセットかけてるとなんか世界は滅亡的な絵に。
世界は滅亡して欲しいわけじゃないですが。
嫌がらせしたい場合はこんな写真をハガキにして送ってみるのもいいかもしれません。


2011081831sいろいろ

これもいろいろプリセットかけました。
なんか写真というより絵画みたいになりました。
いいんじゃないでしょうか、昔美術でいい成績取れなかった人は鬱憤を晴らせます。


というわけで、ライトルームはこんな感じなことが出来るソフトです。
まあたぶん、いろいろ手を加えた現像はあまりしないとは思いますが(だって面倒なんだもん)、これぞという写真が出てきたときは現像で試行錯誤してさらにいい感じな写真を目指すかもしれません。
時々はこのブログにあがってくるかもしれません。


関連:GeoSetterとかLightroomを使ってEXIF情報テキスト付きの写真をかなり自動的に出力する方法。






スポンサーサイト

Comment

Add your comment