珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

岐阜名古屋ぶらり旅。その1。 

岐阜とか名古屋の方に行ってた。結構前に。
実は、Adobe Premiere Elements&Adobe Photoshop Elementsを買ったので動画でつくろうかと無謀な試みをして挫折したのでやっぱ静止画で。
しかしLightroomさんをこき使ってちょっと画像には手を加えてみた。
Lightroom便利すぎ。

というわけで、写真で振り返る岐阜名古屋。


旅は次の画像から始まる。


RY-岐阜名古屋横-01

いや、ここにきたときは既に始まっていたんですが、東海道線がこの駅で止まりやがったので降りてみた。

さてお気づきだろうか。
写真にテキストが加えられているのを。
まず画像内の「珈琲と煙草と音楽な瞬間。」ブログ名入れて見ました。
Lightroomの機能の「透かし」の機能ですね。
これで、この写真はこのブログのもんですよと主張できるようになりました。
そして下のテキスト。

デジカメ写真には”EXIF”と言ってその写真のいろんな情報を詰め込めるのですがそれこそいろいろ・・・
撮った日時、撮影機種、位置情報、キーワード、コメント、著作権情報、フラッシュISOなどの撮影情報えとせとら。
それを画像に組み込んで見ました。
このブログで扱う写真には・・・
撮影地(県名、市町村、撮影場所)/設定したキーワード/撮影機種/撮影日時
としてます。
もしかしたらキーワードは、外すこともあるかもしれない。だって自分の嗜好が凄く出る部分だし恥ずかしくなる可能性がありますんで。

そしてこれらの処理を一気にLightroomでしたわけです。
まあ、そこに至るまでは結構苦労しましたが。
もしかしたら後日やり方とかをエントリーにするかもしれん。

という訳で国府津です。


RY-岐阜名古屋横-02

はっきりいって写真に何もコメントしなくてもいい勢いです。
こんなん待ち時間の間に撮ってました。


RY-岐阜名古屋縦-1

そして西へ向かってこんなところで乗り換え。


RY-岐阜名古屋横-03

川をわたり。


RY-岐阜名古屋横-04

湖を越え。


RY-岐阜名古屋横-05

着いたのは大府駅でございます。
え?写真にその記載がない?

うん。だって入れてないもの。
写真にそういうの入れるのは実はかなりの労力を使う作業だったりします。
入れてしまうと後が楽ですが。
そういうわけで、テキストが無いところは、つまりは”入れてない”です。
さらにちなみに、今回GPSロガー君を出先で失くしてしまったので位置情報もうろ覚えで手入力しました。
間違っているかもしれません。
まあ、スルーしてください。


RY-岐阜名古屋横-06

今回ホントに細かい計画を立ててませんでした。
この大府で降りたのも直前に、こっから出てる武豊線にのってみよ。とか不意に思いついたから。
で、そんな武豊線の車窓は田園だった。


RY-岐阜名古屋横-07

で、あっという間に終着駅。
タケユタカ線じゃなくてタケトヨ線です。
中途半端な田舎を高性能ディーゼル車が飛ばすプチローカル線でした。
なんか期待されているようで電気を通す計画があるようです。



RY-岐阜名古屋横-08

せっかく来たので写真撮った。

といいながら、なかなかまったりのんびりできる路線でしたよ。





スポンサーリンク



RY-岐阜名古屋横-11

そして、武豊からさらに西の方へ(正確には北ですが)降りてみた。どこでしょう?
って岐阜県って書いてますね。はい岐阜駅前です。
ここに宿をとった。


RY-岐阜名古屋横-09

コンフォートホテル。
普通にビジネスホテルです。
直前まで岐阜に宿を取るかどうかも決めかねてました。
さらに西に行こうか?とかいっそ高山方面行くか!とか。
でも更に進むと宿取れなくなったりして困ることになりかねないのでここにした。


RY-岐阜名古屋横-10

通常、宿とって温泉入ってラーメン食べるが宿題なんですが、旅っぽい温泉は終わっていたりしてなかったのでした。
で、岐阜駅内のコナミスポーツクラブに温泉があるぞということで来た。
普通に都市型温泉でした。ありがとうございます。
といいつつ、普通に良かったです。都市型温泉施設は設備良かったりするので旅情感こそ犠牲になりますがそこに目をつむれば満足行くことが多いです。

で、ラーメンだ。
うん食べた。岐阜駅ビルの中にあったラーメン屋。
写真ない。いやある。
うんとね。写真をスルーしていた事に今気づいた。
らうめん つけめん 一徹って店だ。
普通に美味しかったです。
でも下調べとかまったくしないで駅ビルの中てくてく歩いて見つけたお店に入っただけだったんですけどね。
とはいえ、最近はラーメン店の外側だけみて美味しそうだな?と思って入ったら大抵外すことは無くなって来ました。
まあ、ラーメン屋自体おいしい所が多いのでそれほど自慢できることじゃないかもしれませんけど。
ラーメン業界過当競争かわいそうです。


RY-岐阜名古屋横-12


次の日。
大垣に来てみた。
樽見鉄道に乗ってみる。
これも前日。ホテルで行こうと決めました。
長良川鉄道と迷ったのよ。
それで、往復どれくらい?とか温泉絡めて・・・とか検討した結果こっち。
長良川鉄道は、往復に時間がかかりそうだったのよ。
樽見鉄道には温泉付きフリーきっぷがある。


RY-岐阜名古屋横-13

樽見鉄道は、典型的な地方ローカル鉄道。
まったりと町や、のどかな田園を駆け抜けあんまり急がずそれでも一生懸命に走る。
そんな列車から前方を眺めて。


RY-岐阜名古屋横-14

この樽見鉄道。大垣から本巣とかいうところを抜けて樽見っちゅうところまで行くんですが、その本巣から先に行く列車が少ない。
本巣まで行ってもかなり待つことになるのでじゃあどっかで降りようということで、駅に止まる度にここで降りようか?降りまいか?考えながら乗ってました。
で、あ、ここ雰囲気良さそうと飛び降りて列車を見送ってみた。
この駅で降りることもその場で決めた。

うん、ここいい雰囲気だった。


RY-岐阜名古屋横-15

とりあえず、かばんをおいてみてまわりをきょろきょろ。
誰もいません。


RY-岐阜名古屋横-17

そんな駅は糸貫駅。
って余裕で写真にかいてますけど。


RY-岐阜名古屋横-18

自分を置いていった列車は本巣で折り返してきたので草陰から撮ってみる。


RY-岐阜名古屋横-16

列車が過ぎていって、やっぱり誰もいなくなったので踏切で線路を撮ってみる。


RY-岐阜名古屋縦-2

そしたら、また本巣方面行きが来たのでまた見送ってみる。
ってかなりおかしな人に見えたかも知れません。
特にここ有名スポットとかでもないし。その筋の人にも。


RY-岐阜名古屋縦-3

しかし、そんなローカル線のありふれた駅に流れる空気は自分にはなんかいいものに感じられるのです。
日本中に今もすっころがっていてありふれていて目を向ける人も少ない。けどなんかいいものが。
とかテキトウなことを言いつつ、前のエントリーで上げた写真を再び。


RY-岐阜名古屋横-19

そんなものを見つけてみる。そしてできればそのエッセンスは、伝播するんだって言ってみるのが自分は好きなんです。


続く。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment