珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



岐阜名古屋ぶらり旅。その3。 

岐阜とか名古屋の方に行ってた。結構前に。
実は、Adobe Premiere Elements&Adobe Photoshop Elementsを買ったので動画でつくろうかと無謀な試みをして挫折したのでやっぱ静止画で。
しかしLightroomさんをこき使ってちょっと画像には手を加えてみた。
Lightroom便利すぎ。

というわけで、写真で振り返る岐阜名古屋。

3日目は、その筋人専用・・・でもないかもしれない。


RY-岐阜名古屋横-31

名古屋から来ました。
金城ふ頭駅。
名古屋から行けるあおなみ線の終点です。


RY-岐阜名古屋縦-9

ここに何がある?
って写真に書いてますが。

リニア鉄道館
日本が誇る高速鉄道の博物館です。

最近出来た人気スポットです。
その筋じゃなくても。



スポンサーリンク



RY-岐阜名古屋横-32

これが中のよーす。
これがまあ混んでるのよ。
混み混みで見学スポットでは行列当たり前。
運転シュミレータとか抽選とかな勢い。
客層は、その筋の人はそうでもなくて子連れが多かったです。
流し見なら2時間くらいでしょうけど、混んでたり行列だったりでしっかり見ると丸一日かかるかもしれません。


RY-岐阜名古屋横-33

これの内容が子供だましかというとそうでもなくて、高速鉄道がどうやって走るかとか、どうやって安全を確保するかとか、そのバックグラウンドまでしっかり機材使って事細かく丁寧に学べます。

リニアが浮上する仕組みとか機材で実演できてマジ腑に落ちるみたいな。
近頃見なくなった技術立国日本!技術は素晴らしい!なんて洗脳されかねない勢い。
ここでおそらくJR東海信者がしこたま作られていくのでしょう。って感じ。


RY-岐阜名古屋横-34

懐古な人も満足できます。
新幹線0系がでででんと。


RY-岐阜名古屋横-35

中にも入れます。
懐かしい席が。
歳がバレますが、昔この席をばったんばったんさせながら、はしゃいでいたものです。
もしかしたら今もやるかもしれませんけど。進歩してない人なので。
もうばったんばったんできる新幹線無くてほっとするところです。露呈したらやじゃないですか。


RY-岐阜名古屋横-36

でっかな、鉄道模型ジオラマもあったりします。
ホントにこいつはごっつくて日本最大とか(級?)町の細部まで作り込んでいて壮観なものです。

ここまで褒め称えましたが・・・お気づきだろうか。
いえ、気づかないほうがいいと思いますが。


RY-岐阜名古屋横-37

この博物館、JR東海一色です。

東海道新幹線と中央(東海道?)リニアでだいたい8割か9割。
新幹線リニア以外があまりないのは、看板通りだしまあそれはいいとして、新幹線に山陽東北上越長野新幹線なんてものはないし、その他も全部ない。

東海道新幹線と中央(東海道?)リニアがだいたい8割か9割ならその他の(JR東海の)鉄道がその他ですw
3%くらいは、国鉄かもしれません。
私鉄はおろかその他JRもありません。世界の鉄道は100%東海です。そんな世界があなたを迎えてくれます。


RY-岐阜名古屋横-38

新幹線にJR東日本もJR西日本もないし、北海道、四国、九州なんて鉄道すらなかったんだ!
私鉄(ry

と風光明媚なジオラマの写真をあげて言ってみる。

いや直通しているJR西日本さんくらいには、多少配慮しましょうよ、ねえ東海さん。
大宮の鉄博には他の会社のことも少し言ってましたよ。

その配慮しない独善ぶり正直さがまったくもってテンプレっぽい東海さんらしさが出ていて笑ってしまいましたよ。



RY-岐阜名古屋横-39

ジオラマは、東京から大阪まで、そしてもっとも力を入れているのは名古屋。日本の中心は名古屋!
と主張します。
でも名鉄はかけらもいません。名鉄いじめかわいそうです。


RY-岐阜名古屋横-40

とか思いつつも、新幹線スゲー、日本の技術スゲーといささかJR東海信者になったかもしれません。
帰りは新幹線に乗りたくなって乗って見ました。

この日静岡県辺りは大雨で新幹線遅れてました。
珍しく豊橋で立ち往生するのぞみを横目に。
のぞみがなんとか走りだすと、その3分後には、猛スピードでのぞみがまた豊橋駅を通過していく。
凄まじいまでの運行管理でやっぱり新幹線スゲーは、そのとおりだと思いましたけど。
自分の乗っていたこだまは犠牲になってましたけど。何本抜かれたか忘れた。
そのこだまもすぐ猛スピードで各駅停車してました。やっぱりすごいものです。

そんなところで岐阜名古屋編は終わっていくのでありました。

おわり。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。