珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

沖縄に行ったのである。その4。 

沖縄というとめんそーれ沖縄!とか言ってしまいたいが、いや行った自分がようこそとかおかしいだろとか思いもするが沖縄旅行記ならめんそーれ沖縄なんじゃないのかな?
と思いつつそんなタイトルをつけるのはなんか生理的に嫌なのでありました。

あ、沖縄行きました。結構季節外れの沖縄旅行を写真で振り返る。
今回は自分には珍しく旅と言うより観光チックなものに。

ドライビングやっほー
水族館行くぞ水族館。

RY-ブログ横3-01

この日はレンタカーを使うことに。
借りた車。マーチ。
えと、自家用車と同じです。何の面白みもありません。
おまけにナビがお馬鹿でした。使えません。ほんとにもう。

当初友人は、オープンカーに乗りたかったようで、売り切れでキャンセル待ちしてたのですが、それでも気が済まなかったらしく自分にもキャンセル待ちを要望。
自分もキャンセル待ちしたのですが結果はあいにく。

てなわけでマーチ。
きぼうの車種ある人は、早めに予約したほうがいいですよ。
オープンカーとかすぐ売り切れるみたいです。


RY-ブログ横3-02

この日雨が降る。
自分は車に殆ど野望が無かったりしますが(それでも排気量高い車乗るとその走りはいいなあとか思わないわけでもないですが)、それでもちゃんと走るのでやっぱりやすいのでいいです。
あ、でも軽は、高速走るのが怖いので軽じゃなきゃいいくらいでしょうか。

ちなみに電車の席は野望があるかもです。
グリーン車好きです。新幹線とか高くて躊躇してしまいますが、湘南新宿ラインのグリーンとかライナーとか割と隙あらば乗ります。
こことか見て喜んだりしてます。

というわけで、雨。
オープンカーじゃなくてよかったです。友人には悪いが。


RY-ブログ横3-03

雨は踏んだりやんだり。
沖縄唯一の高速道路の沖縄自動車道にて。
時折ものすごい勢いで降ったりしました。
友人は安全運転でした。
お陰で自分はこのようなくだらぬ写真が撮れたわけです。


RY-ブログ横3-04

いやね、ホントは後方に海とか霞んで見えたわけよ。
写真圧縮すると時折表現が破綻する。
小難しいもんです。

サービスエリアの脇にわたげ。


RY-ブログ横3-05

高速は内陸部であまり風光明媚でもないけど、そのあとの国道58号がかなり風光明媚。
時間に余裕あるなら、高速使わないで58号使うのがお勧め。

この日は雨でしたが。


RY-ブログ横3-06


で着いたのは、海洋博公園だって!
とーくに見えるのは伊江島だそうで。

ちなみに駐車場が、「わ」ナンバーだらけ。
あっちもこっちもわナンバー。
レンタカーみたいです。
沖縄レンタカー大国でした。
必ずしもオンシーズンとも思えないのにレンタカーだらけ。本番はどうなっちゃうんだろうと思いました。

調べてみた。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-26945-storytopic-4.html
2006年で2万台だって。今はもっと増えているかも。


RY-ブログ横3-07



ここにきたのは、これに用があるからだ。

花のヤドカリ。

RY-ブログ縦3-1



じゃなくて、美ら海水族館。

ハイ、基本ですねー。


では行きますよー


ちょっと身構えてくらさいねー。



スポンサーリンク















































RY-ブログ横3-08


どーん。

RY-ブログ横3-10


ばーん。

と、水族館ってこんな場所。
ウニ痛そうです。

毒もあるみたいよ。
あんなに美味しいのに。
いや、美味しいからか。


RY-ブログ横3-09


生き物さんもたくさん撮ったんだけど、どちらかと言えばこのような写真のほうが好きかもしれない。



RY-ブログ横3-11


こんな写真とかね。

今のところ美ら海水族館の魅力は全然伝わらない気がしてます。
うんまあ、じゃあ・・・


RY-ブログ横3-12

こんなんどうでしょう?

この水槽、一時は世界一の大きさだったようですが、ドバイさんに抜かれたようです。

ドバイ恐るべし。
でも美ら海水族館も十分恐るべし。

水槽デカイのいいもんでしたよ。
沖縄行ったらやはり抑えておくのが鉄板なんでしょうね。



RY-ブログ横3-13


そして、場所によっては下から水槽を見上げることもできるのです。
空を泳ぐお魚さんは、なんか

りゅうぐうじょう~って感じでした。



RY-ブログ横3-14

光が差し込んでありきたりな表現ですが・・・

綺麗でした。



RY-ブログ縦3-2


美ら海水族館でございました。


RY-ブログ横3-15

最後にハイビスカスと、霞む伊江島を捕らえて、もともと伊江島はよくわかんない写真でしたがさらに圧縮して破綻する伊江島。

マジで意味不明な写真ですが、それに撮った場所が判ることで想像力を喚起しているのであると訳の分からぬことをいいまして続く。

イルカさんを撮ったりした。






スポンサーサイト

Comment

Add your comment