珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

株式ばなし。 

この時分は株主へのお知らせが多くなる季節です。
気が向いたので、少し晒してみる。
だいたい出す数値は、ブログ書いている時点の情報です。
配当率とか上下します。当たり前の話ですが。


RY-DSC_0067.jpg

まず、ビックカメラだ。3048
ここは、配当優待絡めて相当美味しい銘柄です。
この記事書いている現在、1株を長期保有すると、配当+優待でおよそ15%のリターンだ。7年も持てば全額回収できる計算。まあ株数と優待は比例しないので多く持つとリターン率は減るのだがそれにしても高いリターン率。
かつ優待が割引券でなく商品券扱い。行ける場所に店舗がある人は極めてオススメできる銘柄。
あまりに美味しいので家族で株主になりました。

難をいえば、財務状態はあまりよろしくないので値上がりとか期待薄だし、優待配当が恒久的に貰えるかはちょっとわからないところはある。
でもオススメ。5万もあれば入れるし。


RY-DSCF3855.jpg

ホリプロ。9667
芸能関連って水物ってイメージあるじゃん?
まあ、純利はマイナスはあるみたいだけど経常利は健全。ていうか何よりも高い自己資本比率で、実は堅い企業。
そしてそれに裏付けされた高い配当率。約5%。
優待は、主催の公演が50%引きとか。
在籍している芸能人さんにオシがいるなら思わぬお得感が得られるかもね。



RY-DSCF3856.jpg

2つまとめて。
ソーダニッカ。8158
武田薬品。4502
ソーダニッカなんなのよ?って話ですが自分もよくわかっていませんw
化学製品や合成樹脂とかのメーカーですね。典型的なB TO B企業ですわ。
安定した業績とそれなりに高い配当率3.5%で優待がクオカード3000円と扱いやすいのがいいところ。
合わせて4.3%くらいのリターン。

武田薬品は、クスリこさえている会社です。
優待ないつまんない企業ですが、業績も財務状態もとことんつまんないです。
業績安定、好成績、財務カチンコチン。
優待とか株主サービスなんて要らなくね?という傲慢な姿勢が感じてならない・・・とか言えない。
業績、財務体質に裏付けされた高配当率約5.7%。
株式投資に別に面白みを求めない人ならオススメできる超優良銘柄です。同様のつまんない銘柄には任天堂とかあります。事業は面白いのに。株としてはつまんないけど優良な銘柄。
あ、任天堂は買うなら慎重にね。注目を集める企業で底堅く利益取る企業だけど、外的要因に左右されやすく値段の上下も激しいので。注目されるがゆえに。なにせ高いし、ホント、単元下げるべきですよ任天堂。



RY-DSCF3857.jpg

最後面白い企業。
バンダイナムコ。7832
なんか、不況になったら吹っ飛ぶような事業内容っぽいですが、実際最近アカだしたりしたりもあったりも基本わりと安定した業績。というより財務強い。
そんで配当優待でそこそこ高い還元率4%超。

なぜかイタトマの商品券が優待・・・子会社みたいです。
もっとも優待選べます。

二児の母になった身内は、商売っけ丸出しのバンダイを憎んでいるみたいです。
トミカは許せるとのこと。で、みてみた。タカラトミー7867。そんなに悪くない企業だと思ったけど還元率がねえ。
んで、トミカチョロQもらってもねえ。な企業でした。



というわけなんですが、一緒にきた事業報告書も流し読み。
そろいもそろって黒でした。いいことです。
というよりそのような企業をチョイスしたつもりなのでそうなってないと哀しいですが。
もっとも、優待とかに負けて業績財務の怪しい会社も買ったりもしますが。

例えば文教堂9978とか。

なんで、自分が買う銘柄の参考指標とか。
だいたいこれらに条件に多く合致するものをチョイスしています。

・配当+優待でだいたい4%超の還元率。
・優待は、実際に使えるもので。割引券減点。カタログギフトとか現物は評価。ブログで自慢できるのでw
・業績、クロ基調。
・自己資本比率30%以上60%以上なら安心
・一株辺りの利益と配当を比べて、配当が多すぎない。(多いところは無理して配当出しているということになるので)

そんなかんじでしょうか。
でも自分が使うサービス、好きな会社とかは反して買っちゃうことも。
まあ、その場合額が小さくすることを考えますけど。
その例が上の文教堂ですね。



スポンサーリンク



ついでに。
ある種自分の考え。
株式買う時もう自分はあまり値段気にしません。上げ下げもあまり。
買った時点での還元率は気にしますけど。
なんでかというと、買ったらもうあまり売りたくないのです。
ロバキヨも言う「ずっと持ち続けられる資産こそ優良資産である」と。
第一売りどき気にしていちいち価格チェックし続けるのはメンドウです。

自分が望ましいとおもうのは、買って永遠に持ち続け配当優待をもらい続けることです。
配当優待をもらい続けることができるなら、その銘柄があげようがさげようがです。
極端な話、武田薬品を現在時価で買って、一株あたりの配当が変わらなければ・・・(もちろん物価とかの影響は考慮しないといけないですが)

武田薬品を今5000万円分買えば、およそ年250万円配当収入をもらい続ける事が期待できるわけです。
例えば不動産とかとどっちがマシか?とかは微妙なところだし、それが1億で売れるとして年250万で満足するか?とかはあるでしょうけど。
ただその条件が続き、年250万で生きていくのならそれはまさしくロバキヨの言う「ラット抜け」です。
そしてそうなったときに、その資産を売却する必要はありません。それにいくらの値がつこうが。


そして実際に武田薬品をこのように買ったら、数十年はこのままいける可能性凄く高いと思います。
かつ昨今の情勢考える限り武田はもっと強くなる見込みも高いと予想します。
ビックカメラだと怪しいところですが。
年金に期待するよりいい選択じゃないか?と思うわけです。実際。
という自分は、5000万円武田株を買うことは、現実的な話じゃなかったりしますが。


以上は極端な話としてとりあえず自分は、優待も楽しみつつ社会勉強もしつつ、お小遣い程度の配当をもらい続けること、そしてそれを順々増やしていくことを画策しているのでありました。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment