珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

本田健ちゃんの講演会に参加するのこと。 

まあ、行ってきたんだ。講演会。

こちらにまとめた。
http://shiawasemoney.blog50.fc2.com/blog-entry-29.html

http://shiawasemoney.blog50.fc2.com/blog-entry-30.html

読んだ人は内容はだいたいわかってくれるのかな?とおもいつつ。
本読んだりしてない人は、何言っちゃってるの?的な部分が多いかも。
自分らしさ!?何甘いこと言っちゃってるの的な。
そんな人はかもめ知りません。そこにメッセージ飛ばしません。

今回は、MacBookさんにEvernote入れて、それが大活躍。
マックで入力したのが、簡単にメインデスクトップPCでも使用できる。わざわざネットに上げたり、USBメモリーとか使う必要ない。
クラウドさまさまなんだけど、クラウドって昔からあったよね?
ヤフーメールもクラウドって言えそうだしって話題がそれた。


しかし今回も人が多めでした。
平日というのに、小さくもないホールは満載であると。
少し他の人とお話もできて、応援のコメントも頂けたり。
もしかしたら、そこには世間より暖かな世界があったのかもしれないと思わないまでもない。


しかし、今回は疲れましたよ。
別に身体使ったわけじゃなかったけどさ。



スポンサーリンク





疲れた理由は、講演内容。

リンク先の1は、物騒な話じゃないか。
希望の話とは中々受け入れられない話だと思うよ。
これは、意図的に頭の中で変換してなんとか希望の話にする類の話ですよ。
やりますけどね。
楽観は意志だ。

しかしだ。
2の話

「新しい可能性の中で」は、正直参ったのでした。

それを読み取り一言で言ったら、超格差社会と言えるじゃないか。という感想を持つ。
そしてそれらの違うグループは、違えて交わることがないときた。
自分は、格差が広がり固定されると解釈したよ。

自分は嫌なんです。
すべての人が豊かになること、全ての人が成功することはできない。でもすべての人は、その人が望めば幸せになれる。
そうでないと嫌なんです。やだね。


超格差社会は、多くの富が一部の人に集まり、多くの人は更に貧しくなるということです。
今の世の中をみれば、確かにいろいろなところでそのような傾向を垣間見れるのは事実。
豊かさと富と幸せは必ずしもリンクしない。しないけどさあ・・・

補足しておくけど、お金あれば幸せになれるもんじゃないと思ってます。
皆に疑われて疑って財産にしがみつくお金持ちより、貧乏でも仲間に恵まれる長屋のおっちゃんとどっちが幸せかと考えればいい。長屋のおっちゃんもうほとんど居ないだろうけど。
もちろん、反対もある。皆に信用され皆を愛しお金が集まる人もいるし、貧乏な上に人のせいにし人から何かを奪おうとばかり考えるような人もいる。
貧しいといえるブータンの人々は幸せだと思って暮らしていたり、相当に豊かなはずの日本ではあまり自らを幸せと思っている人が少なかったりね。
その関係は限りなく相対的で、お金は端的には手段あるいはエネルギー。その先に何を見ることこそなんだと思うのです。
でもさ、貧困が幸せを遠ざける側面を持つことは否定しきれないわけで。


自分の中で、富とは?豊かさとは?幸せとは?とぐるぐるになってしまっわけです。
自分がよければ他人は不幸でもいいというか、他人の不幸の連鎖の上に築かれる豊かさの世界をさして希望の世界とどうしても思えなくてさ。
不幸とは誰も言ってないけどね。自分以外は。

だから質問しようと思いましたさ。

「お金がなくても、豊かではなくても幸せな人が多くなる世界が来るとお考えなんですか?自分は、健さんがどのように言われても受け入れないつもりでいますが、その人が望んでも豊かになれない、幸せになれない人が多く出てくるような世界になるとお考えなんですか?」と。

さされなかったけどね。
どうやらこの問は自分で出すべきものらしい。
できうる限り全ての人に幸せの可能性がある世界以外は拒絶を試みるけど。


それが悪いコトとも断じる事は出来ないからね。
お金が無くとも、より簡単に自分らしく幸せになりやすい世の中になるならそれこそ歓迎だなと。
健さんの話が現実のものになるとするなら、富が超絶集まる人も、富がほとんどなくなる人も共に望めば幸せになる世の中になることを期待してみましょうか。

自分の未来は選択できるという。
ならば自分のいる世界も選択できるだろう。
幸せの連鎖の上に幸せが作られる世界なら、もう俺は金持ちでも貧乏でもいいよ。ホントにもう。



そんな戯言を。
旅日記の合間に。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment