珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



いのちの重さ。 

むかしね、銃乱射事件あったわけよ。ニュースにしなったりして。
で、職場で「もっと、銃規制しなきゃねー」なんて話をしている人がいて「そうだねー」みたいな感じで。
そんな中、自分は「何変なこと言ってんだ」と、思っていたことなんてありまして。
さすがそれを口にするなんて、あまり空気読めない自分でもしませんでしたが。


自分は、銃で殺された人の葬式に出たことがない。知り合いがでたという話も聞いたことないし世間のうわさレベルでもない。これをなんでもいいから犯罪と広げてもない。
でも、交通事故ならば数回ある。病死は一回かな?
日本人のほとんど大多数の人がそんなモンなんだろうと予測。

感覚的に、犯罪で死ぬ人は交通事故のそれよりも圧倒的に少ないと感じるのです。
実際統計からみても、そうなるはずです。あまりに明白で調べる気も起こらないくらい。
(調べました。思ったほど差がなかった、とはいっても交通事故死は犯罪死より10倍程度)


もちろん交通事故死亡者数=犯罪による死亡者数が理想だよね☆なんて話じゃないですよ。


全体として理不尽な死を減らすトコロを目指すのが正しいんじゃないかと思うわけです。
1万人交通事故で死亡して、1000人犯罪で死亡してるなら、
1万人死亡して、500人死亡するトコロを目指すより、9000人死亡して1000人死亡するトコロを目指すべきなんだと考えるわけです。

その500人減らす努力は1000人減らす努力に当ててくれよと思うので「何変なこと言ってんだ」となるわけです。
その1万人やその他死亡者多めのところすべて減らす努力は最大限されていてこれ以上減りようもなく、かつまだ余力余っているなら500人減らす努力はすればいいとは思うけどそのようにも見えない。
もしかしたら、交通事故死500人減らす努力で銃犯罪事故死500人以上減らすことができるかもしれないけど。日本の年間銃犯罪死亡者500人いないですけれどもね。



と言いながら本当のところ・・・



スポンサーリンク



もしかしたら、その努力は犯罪の500人減らす努力に当てたほうがいい世の中になるかもしれないと思う部分があったりします。
いつ犯罪にあうやもわからない恐怖とか死亡者だけで測れない部分ももちろんあると思うので。
例えば拉致関係とか、テロとか。
このあたりは、さすがに死亡人数のみで測るのは妥当じゃないと思ってしまいます。ダブスタ気味だけど。


でもねそれを踏まえた上でも自分が交通事故より犯罪対策だよ!って言うなら以下のことを受け入れないととても言えないですよ。すなわち・・・

交通事故で死ぬ人より犯罪で死ぬ人のいのちの方が重い。
いつ交通事故に合うやもしれない恐怖より、犯罪にあう恐怖のほうが重い。


自分はコレが容易に言えない。
故に、狂牛病で肉避けフィーバーとかでそんなの横断歩道で手を上げるようにしたほうがよっぽどいいなんて力説してまうし、銃規制強化しなくてもいーじゃんとなるわけです。


でもあるいは、いのちの重さには違いをつけるべきなのかもしれない。
自分の命を救うより、どっかのお金持ちで影響力のある人を救うほうがいいことあると思うし、たぶん実際そうなんだとおもいます。
それと同じ理屈で、拉致とかテロとかで失われる命にはより高い価値を認めた方がいいじゃないかと思っている事は否定できん。
それは、いのちの重さに違いをつけたほうがいいじゃないかと思っている。と言うことと同義であると。


犯罪も、交通事故も、病死も、天災も、狂牛病も、放射能も、最近だとてんかん患者さんによる運転だとかも。
同じ事なんだとおもいます。
あるいは、これらの中には、いのちの重さを違うとすべきものがあるのかもしれません。
それらに違いが無いとするならば、違いをつけられないならば、もう数字で比較判断するしかないんじゃないかなと思うわけです。
ちなみに上記のもろもろ統計見て比較するとなかなか面白い結果になると思いますよ。おそらく多くの人が持論をひっくり返す羽目になるだろうと思います。


いのちの重さは違うのか?
いのちの重さは同じとすべきなのかどうなのか?

さて、どうなんでしょう?
自分はまだよくわかんないな。
故に、銃規制強化しなくてもいいんじゃねという持論は変わらないのでありました。
緩和しろとまでは思わないけど。

スポンサーサイト

Comment

Name - Tou.K  

Title - 重いですね

お久しぶりです。
コメントありがとうございました。
で、お返しにと来てみましたら、哲学的?でした……。

一言では表せませんが、命の重さに違いはあると思いますよ。
ただそれは、役立つとかより、いろんな意味での距離感。
なのかも。
赤の他人の死に対する悲しみより、
自分のペットの死の方が重要だとしても
個人的にそれを攻める理由はありません。
もちろん、かもめさんのおっしゃってる主旨とはずれてると思います。

また、話は全然違いますが、
見知った場所で、多くの罪のない人が、
一方的な事故に巻き込まれて、死傷する。
というような事があると、
事件、事故のほとんどはヒューマンエラーなのかなぁ、
って気もしてます。
たとえ、どんな規制をしようと手の打ちようのない事って多いですよね。


馬の話は……まあいいでしょうw。
それでは!
2012.04.23 Mon 22:22
Edit | Reply |  

Name - かもめ  

Title - 

コメどうもです。
僕も命の重さに違いあるっちゅうことは否定しませんし当然とすら思います。
親の命よりアフリカの孤児の方が大切とか言うなら自然じゃありません。
今回のエントリーは、個人の視点というより社会的にどうなのよ?って視点ですね、お分かり頂いているようで嬉しいですが。
といいつつ社会的にもいのちの重さに違いをつけることに対して否定的ではなかったりしますけど。ちゃんと理由があればですけど。

交通事故で死ぬのはいいけど、狂牛病で死ぬのは避けなければならないと言われるならい自分にはよくわかりませんけど。

例の事故地元でしたよね。
地元での大事故は思うところもあったんじゃないかなとお見受けします。
どんな規制も事故を無くすことはできないでしょうね。
無くしたいなら、故意でもそうでもなくても必ず法を守るように人を改造でもしないとですね。
僕はどんなに世の中を奇麗に整頓しようとも理不尽はなくならないと思うのです。




2012.04.24 Tue 11:35
Edit | Reply |  

Name - Tou.K  

Title - 60億超ですしね

不当に救われない人の方が多いのかも?
全世界が完全に資本主義化したら、
もっと大変なことになるでしょうね。
第三時世界大戦は、兵器による殺し合いじゃなく、
シェアの奪い合いだったりして。
その前に食料の奪い合いか……?

考えてみたら、日本って、こんな狭い国土で
資源もなくよくやってる方ですよね。
2012.04.27 Fri 01:25
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。