珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



房総ドライビング。再び。後編。 

最近、ピントの病気になってピンぼけ写真を連発していたFinePixF200EXRは引退いただき、新たに LUMIX DMC-LX5を買ったんです。
で、せっかくなんで房総の方に行ってみたのです。
南房総の見せる田園風景は、見てるだけでなんか幸せな気分になれたりするかもしれない。
写真は、Lightroomでそのまま出したり現像をいじったり

その後編。

s-3-20.jpg

いすみ鉄道線には、自分的にすごくいいところがありまして。

その筋の人には、かなり有名なんじゃないかと。

自分が来てみると、ごついカメラを抱えた人が数人。



s-3-19.jpg

狙いは、こいつのようです。
いすみ鉄道キハ52形

元々JR西日本の大糸線で活躍していましたが、西日本で引退後、いすみ鉄道に引き取られました。
険しい山の中雪に囲まれ走ってましたが、今では田園の中を急行として土日のみのんびり走るという感じで大切に使われているわけでありまして。



s-3-18.jpg

そんなわけで、このその筋には有名な場所で、そんな懐かしさ漂う列車を撮ってやろうと幾らかの人が集まるわけです。

先着に、踏切前を占拠されお前が写るぢゃないかーと、懸命に構図を練り直すその他をよそに自分は人が居るならいたでその方が味があるじゃないのとこんな感じに。

キハ52形が去るとほとんどの人は、用が済んだとばかりに何処かに。



s-3-17.jpg

そんなわけでほとんど人が去って、日常を取り戻したこの場所は第二五之町踏切です。

その筋でも有名になったのはだいたいこの御方のせいだと思ってます。
自分はいい写真だなあと思うわけですけど、まねようにもなかなかうまくいかないもんですよね。
結構難しいもんだなあと感じるところですが。



s-2-06_20120716131644.jpg

癪なのでライトルームでいじりまくる。


s-2-05_20120716131700.jpg

古びた木の踏切では、当たり前ですが木の匂いがしました。
その匂い想像できるでしょうか?


s-2-08_20120716131714.jpg


第二五之町踏切でした。



s-3-16.jpg

この頃暑さに「もう耐えられねー」と温泉に行こうと温泉に向かう。
その途中で駅があったのでなんとなく。
東総元駅。


s-2-04_20120716131745.jpg


駅には何故かおみくじが。


s-2-03_20120716131759.jpg


そして駅ノート。
いすみ鉄道はとても儲からない鉄道ですけど、人々に愛されなんとか今日も走っています。



スポンサーリンク




s-3-15.jpg

で、温泉。
ごりやくの湯。
また来ました
ホントは別のところ行こっかなーと思ったんですが調べても、近隣に適当なものがなくて。
このあたり日帰り客になかなか厳しい。
他の人もそうなのか、温泉は多くのお客で大繁盛でありました。



s-3-14.jpg

もう帰ろっと思って帰路につく。
小湊鐵道ぞいだったので、なんとなく上総大久保駅で。
ホームに入ってみると、立派な機材で列車を狙う人が居たので、入っちゃいけないねと反対側に。
あんまり機材が豪勢だったのでプロですか?と聞いたらそうじゃないと。
ハイアマチュアってやつでしょうけど、そんな人を結構見かけます。特にこの日休日でしたので。
人知れず多くの良作ができているのかなあって思います。
ある意味埋もれさすのがもったいないような。
そんな多くの良作が陽の目見るならいいなと。



s-3-13.jpg

列車が去るのを見届け帰路に戻る。


s-3-12.jpg

その途中で田園風景。
こんな田園風景をみて美しいと思わない日本人なんて居るのだろうかと思うのです。

田園って畑の中でも最も美しいと思うのです。
茶畑とかも中々ですが。
でも田んぼを最も美しいと思うなら。それが美しいと感じるなら。
たぶんあると思うんです。お米の遺伝子が自分の中に。
ある意味それも日本の心だと思うわけです。



s-3-10.jpg

で、月崎駅に。
駅があるごと吸い寄せられていてます。



s-3-11.jpg

月崎駅は燕のパラダイスに。
ツバメの巣適当に数えても5~6個ありました。
燕は案外警戒心がなく、結構近くによれました。


s-3-09.jpg


その中には随分子沢山の燕さんもいるようで。


s-3-08.jpg

続いて飯給駅に。
このあたりの駅それぞれ、驚くほど田舎です。
ヤバイまじヤバイ。
乗る人いるわきゃあないってなもので。
そんな中よく経営をもたせているなあと感じるわけです。

そんなことを思うのか思わないのか、ホームでは長閑な風景の中のんびり話す人なんかが。
小湊鐵道の夏の景色。


s-3-06.jpg

そんな飯給駅ですが、おもろい設備が。

これトイレです。
青空トイレ。だったぴろく。


s-2-01_20120716132029.jpg

「このトイレを作ったのは誰だあっ!!」と海原さんがお怒りになるレベルだと思います。
まあそれは、市原市の観光担当みたいですけど、極めて需要があるか著るしく疑問なところで、長閑な風景に浮きまくってます。
でもこういうなんかずれてそうな努力も好きです。面白いし。世界一広いそうですし。

不幸か幸いか、女子トイレでしたので中に入ってトイレを写すような変態さんにはなりませんでしたが。
外からちょろっと撮っただけです。
女子トイレを撮すのはちょろっとでも変態さんな気がしますが気にしません。



s-2-02_20120716132044.jpg


蛇足的に線路脇の標識を撮ってみる。


s-3-07.jpg


飯給駅でした。



s-3-05.jpg


帰路の中車を走らせていると、田園がばばばんと広がってましたので撮ってみる。
千葉県田園多いなあと調べてみると生産高9位くらいで。
北の方一色に染まるもんですが、関東もずいぶん頑張ってます。



s-3-04.jpg

そんな頑張る千葉の田園の脇を列車が駆けていく。
房総ではそんな景色がたくさんあります。


s-3-03.jpg

暗くなってくるとなぜか流したくなる。
実は環境的に劣化しているというかより難しくなるはずで、普通に失敗すると。
そんな腕でも房総の田園風景ぐらいは、撮れるんだよとよくわからないことを言ってみる。


s-3-02.jpg


以上房総ドライビング再びでした。

帰りのアクアライン上から。渋滞で動きが止まった時をみて。
休日のアクアラインマジヤバすぎです。夕方川崎方面限定ですが。
渋滞は、木更津JCTからなので木更津金田インターチェンジから乗るのが賢いかも。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。