珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



18きっぷ夏。2012。房総を巡る。後編。 

さて今回は、JRのすべての普通快速が乗り放題という青春18きっぷを使っていろいろ行ってみようということで。
青空はどこも綺麗だなあとでも思ってみようと。

青春18きっぷは、5日分使えます。
一人で5日使ってもいいし、五人で一日使ってもいいです。
僕は、さみしいやつなので5日一人で使います。
そんなわけでそんな18きっぷでの旅の記録でございます。
北海道にも行きました。
ちなみに北海道は単独カテ

房総私鉄を日帰りで巡ったり夕暮れ時の犬吠埼に行ってみたり。
房総を北に向かう。



s-034.jpg

小湊いすみを乗り継ぎ五井から大原まで、そのあと大原からJRで銚子を目指します。
途中、大網にて。


s-035.jpg

成東まで来ました。

大原で買った冷凍みかんと共に。

いつのまにか、房総のJRの顔だった、スカ色113系は引退していました。

関東圏の人でそれなりお年を召された方には馴染みも深いだろう113系ですが、JR東日本では消え去ったようです。
小うるさいモーター音とせせこましいボックスシートがなくなると思えば中々に寂しいものです。
今はうるさくもない、乗り心地もたぶんよりよい、209系さんが中心のようですね。
これも関東圏では京浜東北とかで馴染み深い人も多いのではないでしょうか。


諸行無常であります。
それでも千葉は姥捨て山なんですね^^


もっとも似たような115系は、もうしばらく居そうですが。
違いがわからない?

うん、知らないで良いです。あなたは正常です。



s-037.jpg


そんで銚子につきました。
銚子駅の銚子電鉄のシンボルの風車・・・の残骸を捉えて。

つくってみたものののちに壊れて治すお金もない・・そんなやっぱり貧乏ローカル私鉄の銚子電鉄に乗って犬吠埼まで行ってみます。

銚子電鉄は、その筋の人では、話題に出ることも多く・・・
車両を検査する費用を出すために濡れ煎餅買ってくださいとお願いしたとか、だいたい貧乏にまつわるお話だったり。

日々の運行すら困る程度の清貧鉄道という感じかも。

もっともそこまで追い込まれたのもお金の不祥事があったとかないとかありまして清貧は実際違うかもしれませんけど。
ともかく千葉の端っこの貧乏ローカル私鉄が銚子電鉄です。


ちなみに風車の在りし日の姿



s-038.jpg

そんな小さな鉄道会社に車両を買う資金余力などなかったりするので車両はもらいもの。
昔丸の内や銀座を走っていた地下鉄とか、高尾に登山客を運んでた車両とか。
これは、高尾にいってた方。

2両編成で十分なのでかたっぽの顔は改造してます。



s-039.jpg

くすんだ顔の汚れは落とされることもなく。
それが味っちゃあ味ですけど。
でもまともに綺麗にするだけの余力もないというのが現実なんだろうと。

そんな汚れをおとしピカピカで走る日は来るのでしょうか。



s-040.jpg


そんな千葉の先っちょのわずか6.4Kの貧乏ローカル私鉄が銚子電鉄に乗ってみる。
6.4Kは小さいですが、実は味のある景色風景がたくさん見れてなかなか侮り難かったりします。


s-043.jpg


終点から一個前、犬吠で降りました。


s-044.jpg


この日、すでに日はくれていて、休日なんですが観光の時間は過ぎ去り駅は物寂しい空気で満ち溢れてました。

銚子電鉄では、一日乗車券があったりして、オマケでこの犬吠駅売店で濡れ煎餅がもらえたりするんですが、売店終わってました。
きっぷを見ると”売店は17時まで”とか書いてありました。

・・・・こんにゃろ。


ホントはもっと早い時間に来るつもりだったのですが、いすみの急行に乗るために時間をずらしたわけでして。
あと、あれもあるなあと考えてこの時間に。
売店が17時までとは想定外でした。


スポンサーリンク



s-045.jpg

そのアレ。

犬吠埼で夕暮れを撮ろう~って、犬吠埼は東向きでした。
ちょうど日が沈む時間に犬吠埼を訪れようと。

しかし間違っても太陽は東に沈んだりしません。
この色づく犬吠埼の空の、僕の真後ろでそりゃあキレイな夕日が沈んで行きましたよ。

し、知ってたに決まっているじゃないですか。
こ、この外しネタをまで想定して来たんですからね。


実際来てみれば、売店終わりだし、日の落ちた犬吠埼にには人はまばらで。
このあと、外川駅とか仲ノ町の車庫に寄ってみようかなとか思ってたら超日が落ちて真っ暗だしと結論言えば日があるうちに行くべきですとは申し上げておく。


s-046.jpg

しかし日暮れ時の犬吠埼はそれはそれでいいもんでしたが。

並は荒々しく、人はまばらで淋しげで。

波がざっぱーん。


s-048.jpg


無言でこんな景色を眺め、しばし物思いにふけてました。
海というか水は人を物思いにでも誘うように思えます。
以前、猪苗代湖に訪れた時、普段思いもしないような事を思ったりしたもんです。
地図で見ればあんなちっぽけなその湖が現実にはとてもとても大きくて。
人は小さいなあなんてことを思ったように記憶してます。


なんなんでしょうね?
そこで思った事なんてすぐ忘れんのに、でもそこの感傷が残っているようにも。
必要なことなのでしょうか?

必要ならたまには意味なく海にでも湖にでも行ってみるといいかもしれない。



s-049.jpg


ふと思いたち切り立った崖から海を見下ろしてみる。


s-050.jpg

そしてそこで見つけた光の道。
人のつくりだした明かりは海の上にすら道を作っていました。
人は小さくてもそれくらいのことはできるようです。


s-051.jpg


犬吠埼でした。



s-053.jpg


犬吠駅に戻るとあたりは既に真っ暗に。


s-055.jpg

真っ暗なんで外川も車庫ももういいやと、銚子駅に戻りました。
濡れ煎餅ももらえなかったし、銚子での成果は実は散々だったかも。



s-056.jpg


まあ、いいです。また来ます。
今度はもっと早い時間にでも。

房総私鉄&犬吠埼巡りでした。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。