珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

18きっぷ夏。2012。北を走る。 

さて今回は、JRのすべての普通快速が乗り放題という青春18きっぷを使っていろいろ行ってみようということで。
青空はどこも綺麗だなあとでも思ってみようと。

青春18きっぷは、5日分使えます。
一人で5日使ってもいいし、五人で一日使ってもいいです。
僕は、さみしいやつなので5日一人で使います。
そんなわけでそんな18きっぷでの旅の記録でございます。

こんなかんじで釧路から道東を逆時計回りで巡ってみた。


s-1_20120902105450.jpg

そこで見た素晴らしき北海道の大地と空を拙い写真で振り返る。



s-123.jpg

今回のルート。
網走から北見まで。そして北見にて。
わかりにくいですが、タイトル網”走”と”北”見をかけました。




022_20120903014419.jpg


石北本線の網走発車直後。
網走湖に夕日が沈む。

日が落ちて寒くなったので窓は閉めました。


023_20120903014433.jpg

しばらく走ると、完全に日は落ちて。
空が蒼く。

網走から北見までの間、沿線はそれなりに栄えています。
一つの都市圏ですね。
列車の数もそれなりに増えて・・・・とは言っても特急含め一時間に一本あるかなあ?程度ですが。
車窓も釧網線のものと比べれば結構都会。

ローカル線なんか乗ってると、何が都会かどうか、わけがわからなくなります。
例えば、東京の多摩あたりはよく田舎だーとか話しは聞きますが、釧網線の車窓見てきたこの日の私の意見だと、
多摩超大都会です。

特に、次回辺りに通り過ぎる、遠軽-上川なんて通り過ぎたら、
集落あれば大都会です。


都会、田舎なんていい加減なものですよね。


自分的には、ローカル線判断だと、
一時間に一本あれば都会ですね。
ここは都会なら、ここは田舎くらいで。
ここはさすがにど田舎です。
次回通り過ぎますが。

あ、この辺も都会じゃなくなってしまったな。

都会、田舎なんていい加減なものですよね。
いい加減なものはお前だとか言わない。
正解だけど。


024_20120903014447.jpg

途中の交換駅にて。
夜のローカル線って、味がある。
明かりがぽつんぽつんと。
味がある上にエコです。

その味っぷり、エコっぷり。
都会のギンギラギンの照明なんて目じゃないです。

真似しないでくださいね。
人が多い駅でやられると、事故多数になります。
味もエコもいいもんですがそれより大切な物もあると思います。


025_20120903014502.jpg

まあ、いろんな見方はありますが、ワタクシがどんな見方でしてようと道東の駅で淋しげな光を放ちながら、日々人がすれ違ったりするわけです。
おつかれさまです。


026_20120903014516.jpg

なんだかんだで、初日の旅の終わり


027_20120903014531.jpg


石北線沿いでは、一番の都市北見です。

※旭川を除く。


スポンサーリンク



032.jpg

夕食。
ラーメンを頂く。
自分がラーメン屋を探す際、このサイト、ラーメンデータベースをよく使うのですが、基本有志のクチコミサイトですので、人口があまりないところだと評価に足るレビュー数がなかったりします。
かつ地方は、駅が街の中心ではなかったりするので、鉄道利用客にはやさしくない立地のお店が多く・・・

北見はそんな都市でした。

よって、先生のナビにラーメンって聞いて出た一番上のお店に出たとこ勝負に。

行ってみる。
ラーメン屋さん100件以上は行ってますが、お店の外見で美味しそうな雰囲気しません。

むう、でも探してうろうろするのも七面倒だと入って食べてみる。

出てきたのがこんなもの。

美味しそうですね。
お味は?

・・・普通。

まずかあなかったですよ。
美味しいラーメン屋多い中あえて選ばないかなって感じです。
あまりHITしなかったのでラーメンの写真だけです。

ホテル街の側で立地的には鉄道旅にやさしい場所なんで、目に入ったら食べてみるのもいいかもしれない。

しかしラーメン屋さんは大変だなと思うわけで。
ラーメン屋さんは特に、お客が味にうるさそうですから。

こわいこわい。


028_20120903014546.jpg

で、本日の宿。
ドーミーイン北見


安心の温泉付き、割と格安ビジネスホテルチェーン。
何回かこのブログでも取り上げてます。
日本ホテル宿泊客満足度調査でも格安部門でたいてい上位に居ますね。


今回は、JALさんが運良く提携していたのでツアーとして組み込みました。


コロプラ提携があれば、間違いなく最優先で泊まるのになあ。
9616さんに提携してよーと要望送ったら体よく断られました。
ちなみに今回JALツアー絡みでコロプラは絡めていません。


029.jpg

安眠確約のシモンズベッド。
ぐっすり寝れました。

温泉も、アルカリ泉でとろとろで温泉感ばっちし。
風呂の設備は、特筆して素晴らしいことなかったですが、キレイで入りやすいものでした。



030_20120903014618.jpg

そしてマルチな携帯充電セットもありました。
こういうのはなにげに嬉しい。
いやなくても充電器持参してますので充電できるんですがね。


001_20120903102549.jpg

夜が明けて。
お部屋の景色はこんなもん。

北見市街と、道東の空。
ちなみに写っているスーパーホテルも低価格でわりと高評価です。
というか、最低価格帯で、過不足なく泊まれるを目指した的な評価なのかな?

自分は、あまりにシステマチックで味気ないのであまり好んで泊まりませんが。
よくわかんないホテルに泊まるくらいなら、泊まる喜びを放棄し節約に走るのも悪いとはいいません。

でもなあ、旅したら泊まる喜びも欲しいじゃないの。
そういう中でドーミーさんのバランスは自分好みなんです。



031_20120903014633.jpg

朝食。
安心のバイキング。
和にも洋にも対応できます。
取り立てて特筆することないですが、安心のクオリティでした。



002_20120903102603.jpg


で、朝食。
自分は少食気味なので控えめに。
ワッフルはあまり見たことなかったんので入れてみた。
特筆することありません。
ふつうに美味しからいいです。

ここあたりは特筆しておすすめできるんですけどね。

北見の宿でございました。




003_20120903102618.jpg

朝の北見をてくてく歩く。
ふと見ると、レトロな看板が。
こー言うのを見ると、地方来たなと思うわけで。


設問3
上の絵に関して。
オイルコークスの宣伝におけるレオタードの女性を掲載する理由とその広告宣伝効果を簡単に説明せよ。(30字)

回答
担当者の趣味です。広告効果はありません。(20字)


地方の看板って面白いですよね?


004_20120903102632.jpg


北見でした。

次回、石北線でど田舎に突入。

続く。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment