珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



18きっぷ夏。2012。日本最長距離鈍行に乗る。 

さて今回は、JRのすべての普通快速が乗り放題という青春18きっぷを使っていろいろ行ってみようということで。
青空はどこも綺麗だなあとでも思ってみようと。

青春18きっぷは、5日分使えます。
一人で5日使ってもいいし、五人で一日使ってもいいです。
僕は、さみしいやつなので5日一人で使います。
そんなわけでそんな18きっぷでの旅の記録でございます。

こんなかんじで釧路から道東を逆時計回りで巡ってみた。


s-1_20120902105450.jpg


そこで見た素晴らしき北海道の大地と空を拙い写真で振り返る。



s-111.jpg


今回のルート。

旭川から、滝川まで行きそこから日本最長距離鈍行”2429D”に乗って新得まで。



s-001_20120905210510.jpg

旭川駅にて。

この列車は宗谷本線です。
今回の旅にはまあたく関係ございません。

でも擦り切れた行き先表示板。
少ないお客さんを運び続けてどれくらい運んだんだろうね?とか想像が働きます。



s-002_20120905204647.jpg

旭川からは、函館本線。
北海道の一番の幹線って言ってよさそう。
でもご覧の景色。

というより、日本の大幹線って大抵都市の中を走るというより、都市と都市の間を結ぶってことですからね。
函館本線に限らず、都市と都市の間はこんなもん。

関東の人は、沿線都会路線ばっか乗ってますので勘違いしがちですが、沿線にどんだけ人が居てそれがどれだけ運ばれているかとかじゃなくて、遠くの都市にどれだけ人を運んでいるかがその役割のバロメーターですからね。

遠い場所にどんだけスムーズに行けるか、運べるか。
これって豊かさのバロメーターになりうると思います。

鉄道も道路も。
ちゃんと整備してるから北海道の海の幸山の幸食べれるんですよ。
ちゃんとしてないと食べれないんですからね。


s-003_20120905204702.jpg

オサムナイ。
北海道っぽいなまえだこと。
なんとかナイって地名多いですね。幌も多いですが。

ウタシナイ
ホロカナイ
シュマリナイ


ええっと、アイヌ語で「ナイ(内)」「ベツ(別)」は「川」のようですね。
ちなみに「ホロ(幌)」は「大きい」という意味だそうで。
要するにおさむ川です。


自分的に最も北海道っぽいなあって感じる地名は・・・
オトイネップですかね。
語感がとてもノスタルジックで好きだったりします。
調べたら「オ・トイネ・プ」(河口・土で汚れている・もの)だそうです。


この納内、まわりの景色も北海道ぽかったです。


s-004_20120905204717.jpg

札幌-旭川は、特急街道。
特にこのあたりは普通より特急のほうが多いです。

って普通より特急のほうが多いところは結構あるんですがね。
こことか。

要するに、近くを移動するより、遠くに移動する人のほうが多いところって事です。
沿線田舎だからって馬鹿にしちゃいけませんよ。しっかり仕事してるんだから。

で、爆走するスーパー宗谷とすれ違う。


s-005_20120905204731.jpg


滝川駅に着きました。


s-006_20120905204746.jpg

お目当ての鈍行さんの来るホーム。

日本一・・・正確には異論もあるようで、山陽辺りの列車とか、山手線一日中ぐるぐるしてんのとか、山陽はともかく山の手一日中ぐるぐるとか苦行にも程があるので、これが日本一です。
ええ。

日本一の列車に乗る人がわりと多く待機。


s-007_20120905204801.jpg


トンボもそんなホームで待機。

※トンボは列車には乗れません。


s-008_20120905204816.jpg

しばし待っていると、列車来ました。
懐かしいタラコ色の気動車です。


s-009_20120905204832.jpg

列車は、かなりの混雑で。
ドアが開くとあっという間に席が埋まり、網棚は荷物でいっぱいに。

自分は富良野あたりで降りるだろーと思ってましたが、甘い考えでした。
滅法多くの人が、釧路までの300K乗り通します。

さすが日本一。

加えて、富良野まで一両編成ときたもんでして。
時期を選ばないと立ちっぱなし(9時間!)もありえそうです。
もっともこの日はツアーが入って団体さんもいらっしゃったようですので、普段はもっと少ないかも。


しかしうまいもので、そんな一両、富良野からは二両でだいたい立ち客が居ない程度で通しましたので、JRさんのお客混雑予想は神業レベルとも思えますので混雑時期は増結入りちょうどいい塩梅になっているのかも。

自分も相席。
お相手も釧路まで。
旅慣れた感じでした。
北海道来るのも何度もで、鉄道は乗り通し、今は聞いたこともない通っぽい場所を巡っているようです。
秘境駅にもよく訪れていらっしゃるようで、話題に出た有名ドコロの秘境駅のきなみ訪問済みでした。
白滝シリーズとか、驫木とか。

すげ。



s-010_20120905204846.jpg


そんなツアーな人やコアな人に狙われるタラコにこれから乗る。

自分はコア組です。
ええ、コアです。


s-011_20120905204902.jpg


そんな2429Dに乗って。



s-012_20120905204916.jpg


出発です。

この写真既に次の駅ですがね。


スポンサーリンク



s-013_20120905204931.jpg

沿線は米どころ。
北海道は、コメ生産量上位を毎年争っている様な感じですので、沿線の多く広大な田園が広がります。



s-014_20120905204946.jpg


田園やら、山やら越えて。
列車は走ると。


s-015_20120905205001.jpg

トンネルから光を求め


s-016_20120905205016.jpg


あっという間に・・・でもないけど、ゆっくりのんびりそしてきっちり予定通りに富良野につくわけです。

富良野再び。


富良野駅では長時間停車。
この列車で、売店あるところで長時間停車は、この富良野か、帯広ぐらいです。あと始発の滝川。
結構買い物事情は渋いですので、買い物は計画的に。


s-018_20120905205032.jpg


本日は、駅弁買えました。
駅弁を乗せて車窓を望む。



s-020_20120905205047.jpg

豚トロ丼を頂き、青々とした空を望み。


もちろん窓も開けて・・・大きく開けると卵が飛ぶかもしれないので控えめに。


風を感じながら土地の幸なんか。
例えば北海道の夏の旅ってこんな感じ。



s-021_20120905205103.jpg


ダム湖なんか望みつつ。



s-022_20120905205119.jpg


映画ぽっぽやとかで使われた幌舞駅こと幾寅駅なんかもかすめ。

セットがまだ残っているそうで。

この映画見てないんですけど、見ようかな。


映画を見て、この幾寅駅に降りて見るなんてベタですが、面白そうじゃないですか。



s-024.jpg


そしてやっぱり、連なる田園風景。

代わり映えしない?

いやいや。見れば結構違うのです。
私はまだ認めないぞ。
それは多様性に満ち、見る人を変化を持って楽しませてくれる面白いものなのです。
とここでは主張させていただく。



s-023_20120905205135.jpg

落合駅。
ここでは長く停車。

交換ってこともあるようですが、石勝線の爆走特急を先に行かせるみたいです。
そのおかげか、札幌からの特急と共に走る、新得-釧路間で後続の特急に抜かされたのは帯広で一回だけでした。
もっとばんばん抜かれると思ってましたが。

そういう意味で言うと、この列車遅くないです。
特急一本分遅いという感じで。



s-025_20120905205206.jpg

この落合駅、なかなか雰囲気が良かったです。
この鈍行に乗るようなことがあった場合、いやマジで乗って見ることはオススメしたいのであるのだが、まあないとは思うが・・・降りてみることオススメ。



s-026_20120905205222.jpg


そして狩勝峠を。
広大な十勝の景色を見下ろせる場所。

調子乗って、コンデジで動画もとってみました。

上げようか思案中。
あげたらここにリンク張るけど。


元々は、旧線があって、スイチバックも絡めながらより時間もかかった時の車窓を指して日本三大車窓の一つだったそうです。

今はそれも昔。
列車は早くなった代わりにその車窓は失われたようです。
それでも広大な景色が迎えてくれる根室本線のハイライトです。



沿線を走る国道38号線で旧線の景色に近いものが見られるようです。
展望台もあるようです。
ドライブもいいかもしれませんね。


s-027_20120905205237.jpg


そんな景色も通り過ぎたら新得駅。
半分ぐらいですかね。

鈍行の旅はまだまだ。


続く。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。