珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

日帰弾丸東北春ツアー。前編。 

東北に行って来たのです。
友人に行きたいさそわれおともdeマイルとか使って東北にいきなり行こうと誘われて。それも日帰りで。
そんなわけで日帰り東北秋田岩手の弾丸ツアーでございます。
羽田秋田往復2万円でした。強行軍もいいとこですが、まあつきそいですし。

今回のテキストはandroidでevernoteで音声入力をした後にPCからブログに移しました。
キーボードでは、修正する程度。うそ、少し加えてもいる。
どのみち見えない所ですけどね。
結構ラクそうなので今後もそのスタイルでブログを書くのもいいかな?って思っています。



s-2-01_201405112126100cb.jpg

そんなわけで羽田空港から東北に向けて出発します。
いい加減飛行機慣れました。


s-2-02_20140511212611c94.jpg

やはり飛行機は速い。あっという間に、視界一面に空が広がります。
空を撮るならやっぱり広角レンズが便利ですね。広々とした写真が撮れました。
今回広角が結構活躍。やはり風景写真には強いです。広角。


s-1-01_201405112126140e5.jpg

というわけであっという間に秋田に。
あきたびじょんだそうですよ。
秋田美人と秋田ビジョンをかけてるなんて言われなくてもわかります。
地方アピールにダジャレ系多すぎだと思います。

秋田には空港はありますが そんなにたくさん人はいないなかったようです。
東北は歴史がら新幹線とか鉄道使う人が多いみたいです。

ほら、みちのくひとり旅とかのイメージ。津軽海峡冬景色とか。上野の東北線ホームには心なしか物悲しさが漂う的な。
飛行機でひっととびで津軽海峡冬景色なんて味がないですよね。やはり夜行列車です。東北のイメージは。
羽田から一時間で秋田に行ってみちのくひとり旅の気持ちを味わうなんてせわしいにもほどがあるじゃないですか。
寂しくなる心の準備をする時間をよこせって話です。

あけぼのはなくなりましたが。


s-2-03_2014051121261509b.jpg


というわけで今回は、レンタカーを使ってドライビング。
友達が作ったプランでとりあえずは角館をめざします。
空が青いですね。なかなかいい天気になりました。


s-2-04_20140511212616ce9.jpg

東北分まだ桜の季節 なかなかに見事な桜が出迎えてくれます。

見事とか言ってますが、その時は知りませんでした。
角館の桜の本気を。


s-2-05_2014051121265589f.jpg


東北の道は空いてる。
結構な距離だったのですが、あっというまに桜がたくさん。
角館に着いたようです。


s-1-02_20140511212656623.jpg

とりあえず角館駅の方に。
いいタイミングなことに、秋田新幹線の新車E6系がちょうど過ぎたところに。
これからの秋田の顔とも言えるんじゃないでしょうか?
そんな新幹線をとりあえず撮ってみた。


s-2-06_201405112126595c8.jpg


そんなわけで桜が満開。角館でございます。



スポンサーリンク




s-1-03_20140511212659b95.jpg

駅前にや 結構見事な桜が。
最初はこんなんで喜んだりして無知って恐ろしいとか今思う。
もっとも日本人の桜好きは異常。日本中桜だらけです。梅じゃいけないんですかね?


s-1-04_201405112127030a1.jpg

角館に武家家通りがありまして、その通りには桜がかなり咲き乱れ。
その通りには観光客がたくさんたくさんいました。
角館にとっては一番のかきいれどきみたいですよ。


s-2-07_20140511212739bc4.jpg

武家の苔。こういうのっていいですよね?
こういう細かいところって結構嘘がないと思ってます。
苔を美しいと思うのは日本人だけなんですかね?
海外では転石苔を生ぜずは、どちらかと言えば悪い意味のようですし。


s-2-08_20140511212741410.jpg

さくらさくら。



s-2-09_20140511212742041.jpg

団子にさくら。

春ですなあ。


s-2-10_201405112127443c9.jpg

これでもかと桜がたくさん。
さくらばっかりですが、これでも角館の桜の本気度から言えば撮りたりないかもしれません。


s-1-05_201405112129046ca.jpg


河川敷は桜街道に。
ここがホントに桜だらけ。


s-2-11_20140511212746ad8.jpg

桜の名所なんて、今では過当競争も甚だしいジャンルですが、ここは素晴らしいかも。
というよりこんなに桜の多い場所は人生初かも。



s-2-12_20140511212905403.jpg

はなといえばさくら。
昔は梅だったようですが。

チューリップじゃいけないんですかね?
いけないんじゃないかな?って花を見てると思います。


s-2-13_2014051121290766d.jpg

チューリップじゃ、河の景色になじまない。
ガーベラでもダメ。
桜じゃなきゃ。

菜の花はちょっと許す。


s-2-14_201405112129083b6.jpg


河川敷に寝っ転がって、空を見ると桜の屋根なんか見えて、そんなことを思いました。



s-1-06_20140511212909192.jpg

広場では民謡?のコンサート?なんかあったりして。
あまり聴いてないですけど。
どこまでもそれっぽい日本の観光地っぽく。
たぶん、その地の人の努力があるのかなあなんて思います。


s-1-07_20140511212947a47.jpg

角館樺細工伝承館とやらに入る。
樺細工って桜の樹脂を使った工芸品のようですよ。
かばといってるのにカバ(動物じゃないよ)を使わずに桜だそうです。


s-2-15_20140511212949db5.jpg

豊富な桜を用いた工芸品がいろいろと。
買うこともできますが、買いませんでした。
置く場所無いもの。



s-2-16_20140511212950fa7.jpg

なんだかんだで駅前に戻りました。
で、駅前のホテル付属レストランで昼食。比内地鶏の親子丼です。これがおいしかった。

実はきりたんぽ鍋も候補に上がっていたのですが、寄ったお店が時間になっても開いてないとかやる気が感じられなかったので、駅前のこちらにしました。
地方行くとあるよね。やたらやる気が無いお店。
きっと複雑な事情があるんだと思いますけど。


s-2-17_20140511212951d6d.jpg

鳥もそうですが 卵が凄く良かったです。
お値段は1500円と昼食にはちょっとお高いですが、味の方は本物です。
角館行くならオススメです。



s-2-18_20140511212952d4f.jpg


角館でした。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment