珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

18きっぷ瀬戸内巡り。その四。 

久々に18きっぷを手に瀬戸内あたりを鈍行でぶらぶらしてきました。
夏の瀬戸内は風光明媚でありました。
写真でそんな景色を振り返る。

写真編集で地名とキーワードを加える作業に疲れたのでもういいやと出力します。
だれも気にしないことをこだわってもしかたねえ。

人生諦めと妥協も肝心です。

下灘駅をでて。
この辺から写真編集が半端なものが出てきます。


s-15-01_20151115205918804.jpg

海沿いに進む。
昔に作られてバイパスも出来て放置気味の線路はあまり乗り心地がよくない。
それがいいと思う人は少数か。


s-15-02_201511152059201f4.jpg

伊予長浜駅に到着。
港町って感じの駅。
長時間停車。

s-15-1-1.jpg

駅構内には踏切があって(昔からの駅にはそれなりにある)線路を間近に撮れました。


s-15-1-2.jpg

気動車の下から見上げるように撮ってみたり。
そんな駅は自分にとっては面白い空間であり時間となります。

s-15-03_20151115205925177.jpg

川沿いを登るように内陸部へ。
車内にはほとんど人は乗ってない。
数時間に一本なんですけどね。
景色の良い中、鉄路も列車もくたびれている。
ローカル線って大抵こんな感じ。


s-15-04_20151115210108efe.jpg

すくない対向列車とすれ違い。
当たり前のように一両編成でした。


s-15-05_20151115210109124.jpg

綺麗な田園と空の下。
ひた走り。

s-15-06_2015111521011080a.jpg

ついたのは伊予大洲駅。
自分はここで下車。

s-15-1-3.jpg

降りた列車は少ない乗客を乗せて宇和島方面へ。


s-15-07_201511152103056ef.jpg

駅前に出てみた。
何もない。
特急も停まる駅なんですけどね。
地方に出ると駅前という概念が変わるはずです。
自分はなにもないのになれた。

街はそれなりに大きいみたい。
よするに街の主役は駅じゃない。
昔は主役だったんだろうけど。


s-15-1-4.jpg


予讃線旧線でした。

こっから松山方面に折り返す。
バイパス通ってね。




スポンサーリンク



s-15-08.jpg

その予讃線のバイパス。内子線。
予讃線の旧線がかわいいくらいの森のなか。
一時は全国屈指の赤字路線だったようです。
バイパスにするつもりだったので廃止はまぬがれてその後バイパスはつながり今はバイパスになって、特急もとばすルートに。それでも赤字みたいですけど。
なぜ後になってできたか。
景色がこんなんだからです。
トンネルも多いし。(旧線はほとんどない)


s-15-09_20151115210445c50.jpg

その特急とのすれ違い。
山間のどう見ても秘境っぽい場所で待ってると特急が爆走していきました。


s-15-10_2015111521044693c.jpg

山々を越えると伊予市に。
海が見えてきたね。


s-15-11_20151115210440f3e.jpg

伊予市駅。
ここで降りてみる。

s-15-12.jpg

来たのは郡中港駅。
伊予鉄道線に乗ってみます。


s-15-13.jpg


昔は東京の井の頭線で走っていた列車が走っています。


s-15-1-5.jpg

この伊予鉄道。
なんだかあたたかい。
電車の中で子供が前方にかぶり付くはよくありますが、なんというか人を感じる鉄道でした。
大都会の人がたくさん乗っているくせに人など感じない鉄道とは違って。
そこにいる人は少ないけど人を感じる鉄道。


s-15-1-6.jpg

それは車掌さんがいることも結構理由にあるかもしれない。
伊予鉄道では車掌が列車に乗り合い切符を発行していたりと乗客に接点があるんです。
駅は無人ですので、切符は車掌が確認し渡したりします。

車掌が車掌らしくしている列車はとても少なくなりました。
大都会ではアナウンスしているだけ(もちろん他に業務があるのは知ってます)とか、もしくはそもそもいなかったり。
現代においては電車はのって誰かと接するなんてものではなく乗って人混みに紛れて人を感じず降りるだけのものであることが大半となりました。

ここではそれとはまだ違う形があります。

それがなんだかあたたかい。


s-15-14.jpg

自分が降りる時、車掌さんは、カメラを構える自分に微笑みかけ、その後前を向いて確認し列車は進んでいきました。


s-15-1-7.jpg


伊予鉄道でした。


s-15-15.jpg

松山から今治方面へ。
本日はもう帰る。
だいたい瀬戸内海のどっかに自分の田舎の家があったりするので。


s-15-16.jpg

海を見ながら。


s-15-17.jpg

夕日が綺麗でした。
この帰りに夕暮れ時の海に出くわすといいですね。
なんだかいい余韻になります。

s-15-18.jpg


再び今治駅に。
本日はここまで。
瀬戸内乗り鉄巡り松山方面でした。

続きは帰路。
わざわざのんびり四国経由。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment