珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



街~運命の交差点~ 

ゲームの思い出話。今回は・・

プレイステーション

街〜運命の交差点〜

サウンドノベルというタイプのゲームです。
物語を読み進めながら選択肢を選んでいくとそれで物語が変化するというものです。
自分は結構好きなジャンルですが、この街はその中でも特に人気があるゲームです。
このゲームの面白いところは複数の主人公がいてその主人公たちは直接は関係ないけどその行動が思わぬ形で他の主人公の物語に影響します。
誰かが電話をかけるという選択肢を取ると間違い電話という形で他の主人公にかかり、意味不明な会話となりおそらくは精神錯乱状態にある他の主人公はその電話のせいで自殺?みたいな事になったりとか。
複雑に絡まった条件をほどいていく感じでそれぞれの物語を進めていくわけです。

この物語がまた多種多様で、スリリングな話もあり、とてもおかしな組織に絡まれる話があったり、ヤクザな話があったり、ラブコメディ?みたいなものもありナンセンスなものもありと。
話の性質も違って笑いあり、人情モノあり、なんか切ないのも、怖いものとか色んな意味でごった煮です。
そんな話が絡まり合ってとても独特な雰囲気をもってます。

このゲーム実写です。実際に俳優さんが演技して撮影したようです。
登場人物がシルエットでヒットしたかまいたちの夜を流れをくむゲームですが、この実写がひっかかり敬遠する方もいるようですがもったいない。
ゲームが終わることにはその人達が大好き、あるいは大嫌いになっているようなゲームです。
そして隠しシナリオの余韻は多くの人に味わってほしいものだと思います。
人ってすれ違うんですよね。

またこれも隠しですがいわゆる画に書いたようなオタクのシナリオもありますが、これがサブカルチャー満載で悪ノリの極地です。
思えばここは時代を先取りしてたと思わなくもないです。
そんなゲーム続編っぽいものを見かけたらまた手にとって見たいと思います。

で、続編っぽいもの出ているんですよね。428。
これはちょっと色が違って、一つの大きな事件に関わる人達からの視点を重ねることによってその事件のものh語りを語ったものです。とてもスリリングで話が二転三転しこれもまたとてもおもしろいゲームです。
スポンサーサイト


スポンサーリンク



Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。