珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク



「生涯投資家」読書感想文。 


最近売れてるらしい村上世彰さんの「生涯投資家」を読みました。

生涯投資家 (文春e-book)
文藝春秋 (2017-06-21)
売り上げランキング: 2


村上さんといえば村上ファンド。
自分も投資を初めたくらいの時に一世を風靡した記憶の・・
守銭奴のおじさんくらいに感じてましたが、これを読んでほぼその感じはひっくり返りました。



スポンサーリンク




一読した印象だと、村上さんは・・・

コーポレート・ガバナンスを徹底させるという理念を掲げ人の首を掴んでは、「これこそが正しい」と一生懸命一切の妥協を嫌いそれに邁進するという・・・
一言でいえばとても面倒なやつでした。

言い換えると志と熱意の塊。

そんな理念などどうでもいい人からは正しさをかざし突撃してくるようなやつなんてウザいことこの上ないだろうし、目立ったものをセンセーショナルに喧伝する商売をするマスメディアにいいように玩具にされかなりねじ曲がった姿で多くの人に刻まれたというのがより真実に近い気がします。
まあ、当人の言い分を信じるならですけど。でもまあおおよそ信じられる気がします。本の中のその姿には一貫性を感じたので。

もちろん当時はファンドを運営していたわけで利益を望む出資者の要望と志の狭間に随分思い悩まれた様子が書かれてます。
家族にも重い負担をかけることにもなりと、改革者が背負う重荷に苦しみながらなんとか進もうとする物語でした。

そうです。一言で言うと改革者でした。

しかし人脈がスゴイなあと思うところで多くの大物社長が理解を示し、そういった方々の協力も受けつつも進んでいいきます。志を分かる人はわかるということでしょうか。
結局目指した多くの場合において改革は十分にはならず。最後力尽きて市場を去ることになったようです。

ただ楔は打ったと言えそうです。

現在において多くの企業が株主の方にも向き進んで株主の監視も受け入れ、溜め込んでいた無駄な資産を配当や投資で世の中に戻すという動きはより強くなってきているように思えます。
もしかしたら、そのお金が世の中を巡り多くの人を幸せにするかも?なんて思えてくるようになりました。

もう一線を引かれたようですがおそらくきっとその志を受取り動き出す方はいるような気がします。

そんな本でした。



あとあとあと。
利益を求めることの可否を考えることになりました。
村上さんの手法は、資産が無駄になっている会社を見つけ、意見を出すことでその無駄をなくし本業を盛り上げていくその過程で、還元と向上した企業価値から利益を狙おうというものです。
そう考えると利益を求めることは他の誰かを不幸にすることであるとは限らず、無駄な資金を巡らせ皆を幸せにする利益を求めることもあるんだなあと思うわけです。
利益と幸せの関係は一考する価値がありそうです。

そして自分は投資家です。
読んでてこれは、投資家のバイブルとなるかもしれない(この本を挙げて参考になったとよく言われるようになるという意味です)と感じました。
手法という意味ではそう触れてないですが、その強烈な志が伝わってくるんですよね。
世の中のために利益を得るという投資家の形が示されてます。

世の中のためになることをして豊かになるという投資家の道があるとするらななんとも素敵なことだろうっておもうわけです。
そんなかたちが朧げに見えてくる気がします。
自分にとってはそのような本でした。

雑文になりましたが、読書感想文としてはこんな感じで。
特に投資家さんにはとても刺激的な書籍となりましょう。
よければ読んでみてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。