珈琲と煙草と音楽な瞬間。

珈琲飲んで煙草をすって音楽を聴きながら自分らしい日々を願うブログ。

2018年GWローカル私鉄のりあるき。奥美濃の先っぽ私鉄。 


たどり着いた終点。


縦-01

郡上八幡を出ます。


横-01

まだ長良川と共に北上。


横-02

郡上八幡以降は秘境かな?
って思ってたけどそうでもなくわりと開けてました。
美濃市郡上市間はかなり山々してたのでそれ以上を想像してましたがそんなこともなく。
思えばポイントポイントは結構開けてるけど、それを結ぶ線は険しい山々を抱く秘境であるってのがわりとよく見る日本の景色です。


横-03

ここでは開けてる点も長閑な田舎だけどね。

そしてたどり着く途切れた鉄路。


縦-02

終着です。


横-05

福井を目指し、点を結ぶ線はもっとも険しい山々に阻まれ線を結ぶ事を断念。夢破れた点となった長良川鉄道越美南線終着の地、北濃駅です。


縦-04

福井を目指すべき線は、山に阻まれ途切れることとなり、今は雑草の中にか細く消えていました。


縦-05

その線は今は草花のゆりかご。
で、見ると面白い遺構が。


横-04

転車台です。
昔はSLでも走っていたのでしょう。
SLの向きを変えるのに必要な施設、今はそんなものがなくても方向が変えられるので不必要な施設・・が、途切れた線の終着点であるなにもない北濃駅のささやかな観光名所として整備されてました。


縦-06

北濃駅で折り返し時間までしばしの休息。


横-08

そんな北濃駅の時間はゆっくり流れていきました。


縦-07

ここから北は、進むのを断念するような険しい山となります。
その端っこの点に用がある人は少なく、みてると一緒に乗ってきた人はまた折り返す時間になると戻ってまたきた路を戻っているようでした。
自分と同じ、つまり同業者。
そんな同業者で一両の車両でも満載になるわけもなく。

そんなか細い乗客の再乗車を待つ空っぽの車内。


横-06

そんな鉄道がまわりの力を借りずに生き延びることなんて出来るはずもなく。
でも、力を貸してくれる人はいるようです。


横-07

線を繋げることを目指し力尽きか細く生き延びる鉄道の途切れた線の端点。
長良川鉄道終点。北濃駅でした。



スポンサーリンク



帰路は温泉雨の中。


横-09

というわけで帰路。
盲腸線の痛いところのひとつは、乗るのはいいけど帰るのに同じ経路を辿らなきゃいけないというか同じ景色を二度見ることになる点かもしれない。
いや別に二度見て良いんだけど、ブログとかに写真をあげるという行為に関しては似たような写真が連なることになると。
だって行きで目についたら写真とるし。
で、帰りも似たようなところで目についたりして結局同じような写真を撮って・・・
つまりマンネリ化著しく。


横-10

乗ってる自分はそこそこ楽しんでますけど、似たような写真見せられてもねえとか思わなくもない。
見せるけど。


横-11

帰りもやっぱり長良川と共に。
当たり前だけど。
おまけに似たような写真みて自分もそんないろいろ違うこと言えるほど想像力に優れてないし。


縦-08

あ、でもあった。
長良川鉄道と同じく長良川と共に北上する線として、東海北陸自動車道があります。
東海北陸自動車道は険しい山に線が途切れることなく、ついに岐阜と福井じゃなくて富山ですが北陸を繋げる線となったようです。
線の間は秘境ばっかで誰も使わねーよwとマスコミあたりに揶揄されたようですが、東海と北陸を結ぶ最短ルートとなり、結構な繁盛、渋滞も結構起こるようになって道路拡幅などに対策にも追われているようです。
鉄路が果たせなかった夢は道路が実らせたわけです。


横-12

そして果たせなかった夢の果てに、長良川のわきで、か細くしかしのんびりと長良川鉄道は走っています。


横-13

で、また寄り道。
下車してみました。

縦-09

みなみ子宝温泉駅。
温泉施設を併設した駅です。
露天温泉もあるよ!
長良川鉄道利用者なら200円で入浴できます。
・・ってタオルとかはないので持参か借りてください。
ハンドタオルは持ち帰りOKで100円。バスタオル200円で貸出しで計500円を見ておくのが良いかな。


横-14

旅の疲れもあって入浴後は寝てしまいました。といっても寝過ごすほど列車の本数も多くなかったので大丈夫というか目覚ましもかけてたし。

で、駅と併設してる強みですね。
信号で列車があとどれくらい来るか館内からわかるようになってます。
駐車場もありましたが行くならできれば長良川鉄道で。
か細い鉄道応援しましょうよ。


縦-10

で、写真ですけどちょっと往路と雰囲気を変えてるのがわかるでしょうか。
帰路ぐらいから生憎の雨で、普通に取るとなかなか渋い感じになってしまいます。
そこで結構設定をいじって柔らかめの雰囲気になる感じを目指すみたいな。

設定的には、露出をちょっとあげて明るく。ホワイトバランスを日陰。仕上げもモードでほのか(これはメーカでないのもあるかも。似たようなものはあると思うけど)みたいな感じにしてます。
そすると柔らかく懐かしくなんて感じに近づくと思います。


横-15

で、また長良川と共に。


縦-11

トンネルを抜けて。


縦-12

美濃市まで戻りました。
このくらいには、雨で窓は曇りガラスに。
それを無視して撮ってみるとなかなか面白い感じに。
曇りガラスフィルターだね。

ちなみにここらで思いっきり帰宅時間にぶつかって学生さんで車内は都心の朝ラッシュくらいの勢いの混雑になってます。

か細い鉄道も時には太くなることもあると。
それでも一両編成だけど。


縦-13

それで遅延もして乗り換え大丈夫かな?と少々やきもきしましたが、やきもきしても遅延が改善することもないししかたないなということで座席から曇りガラスフィルターその2。

なので遅延するほどの混雑でもう自由には撮れず。


横-16

美濃太田近くまで帰ってきました。
曇りガラスフィルターその3。

縦-14

遅延しているので乗り換時間もそんなになく。
美濃太田で大量に吐き出される乗客の一人となって最後にちらっと一枚。

長良川鉄道でした。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment